DApps(ダップス)とは?一般的なアプリとの違いや提供者/利用者にとってのメリット・デメリットを解説

DApps(ダップス)とは?一般的なアプリとの違いや提供者/利用者にとってのメリット・デメリットを解説

目次

Web3が広く注目されるようになってまだ長くはない中、中央集権型の仕組みと分散型の仕組み、それぞれのメリット・デメリットが各所で議論されるようになってきています。

特に、ブロックチェーンや暗号資産を扱う人にとっては、「DApps」はおなじみの言葉かもしれませんが、一般の人にとっては、まだまだ聞きなれない言葉でしょう。

DAppsとは「分散型アプリケーション」のことで、中央管理者不在で動くアプリのことを指します。本記事では、DAppsの特徴や一般的なアプリとの違い、DAppsとして設計することのメリット・デメリットについて、それぞれ解説します。

DAppsとは?

DApps(ダップス)とは「Decentralized Applications」の略称で、ブロックチェーン技術を活用した「分散型アプリケーション」を指す言葉です。後述する「スマートコントラクト」と呼ばれる機能によって分散的な運用を実現しており、これまで数々なDAppsが開発・リリースされています。

有名なDAppsの一つが「Uniswap」や「0x」などの「DEX」と呼ばれる分散型暗号資産取引所です。一般的に暗号資産取引所と言うと、CoincheckやbitFlyerのような会社が運営するものをイメージされる方が多いと思いますが、DEXではそのような特定の管理者が存在しません。秘密鍵を取引所に預けず、自分たちで管理をすることになるので、万が一DEXがハッキング等をされても秘密鍵に基づいた暗号資産の流出は回避できます。

このように、特定の管理者に依存しない形で運用されるアプリケーションサービスのことを、総じて「DApps」と表現します。

DAppsの前提となるブロックチェーンの仕組み

DAppsを考えるにあたっては、まずはブロックチェーンの仕組みを理解する必要があります。

ブロックチェーンの根本にある思想は「トラストレス」にあります。トラストレスと聞くと「信用が必要ない」などとイメージされる方が多いのですが、そうではなく、「第三者による信頼に依存する必要がない」ことを指します。つまり、先ほどの暗号資産取引所のケースで考えると、取引所運営会社という第三者による管理(信頼)がなくとも、DAppsは運用できるし、取引所としての機能を維持することができるようになっているということです。

では、具体的にどのような仕組みになっているかというと、一つのブロック状にまとめられた取引等のデータが、鎖(チェーン)のように延々とつながる仕組みで構成されています。

メインの目的は「分散型台帳」と邦訳されるとおり、記録技術として存在します。一つのブロック内には、取引データとなる複数のトランザクションデータのほか、ブロックの生成日時やプロトコルバージョン、ブロックの内容を代表するハッシュ値(専門的にマークルルートと言います)、1つ前のブロックと繋がるためのハッシュ値といったメタ情報が入っています。

各ブロックに入っている一つひとつのトランザクションは「公開鍵暗号」と呼ばれる安全性の高い暗号方式によってセキュア化されており、物理的に離れた様々な場所にあるネットワーク参加者(ノード)が繋がりあって管理されています。従来は中央管理者の責務であった「データの正しさの検証」を、一定のルール(コンセンサス・ルール)を基にした参加ノード間の“合意”によって、Peer-to-Peer的に実現しているのです。

このように、基盤となるブロックチェーンが分散をベースにした思想で設計されているので、その上に構築されるDAppsもまた、分散型の運用形態で構築されているということです。

DAppsの要となるスマートコントラクトとは

DAppsを考える上で、イーサリアムに搭載されているスマートコントラクト機能への理解は不可欠です。ここではスマートコントラクトについて解説します。

スマートコントラクトの仕組み

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で処理を自動的に実行するためのアルゴリズム機能です。イーサリアムの提唱者であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏が2013年に発表したホワイトペーパー「Ethereum: A Next Generation Smart Contract & Decentralized Application Platform」を通じて提示をしたもので、「所定の条件が満たされた場合に、特定のプロセス・処理が自動実行される」機能となっています。

スマートコントラクトの仕組みは、よく自動販売機に例えられます。

自動販売機は「価格の設定→コイン投入・商品選択→商品獲得」という仕組みで動くのですが、スマートコントラクトも「執行条件と契約内容の設定→イベントの発生→契約の執行・所有権の移転」という一連のフローで処理が進んでいきます。

たとえ複雑な契約内容であったとしても、一つひとつ分解して定量的に条件として表現することができるのであれば、スマートコントラクト機能を使うことで手続きを自動化することができます。

ちなみに、金融領域で展開されているDAppsを、個別に「DeFi」(Decentralized Finance、読み方:ディーファイ)と表現します。DeFiについては、以下の記事「DeFi(分散型金融)とは?Web3時代の金融サービスのあり方のメリット・デメリットを解説​」も併せてご確認ください。

DAppsとDAOの関係

このスマートコントラクトを実装して自立分散的に運用できるように設計されているのが「DApps」であり、その運用組織形態を「DAO」と表現します。

DAO(Decentralized Autonomous Organization:分散型自律組織、読み方:ダオ)とは、特定の管理者が存在しないまま事業やプロジェクトが推進される組織のことです。

DAOという概念そのものは、2013年に暗号資産EOSの開発において天才プログラマーと名を馳せたダニエル・ラリマー氏によって提案された定義です。当初はDAOが指す組織を会社として捉え「DAC(Decentralized Autonomous Corporation)」と名づけられていました。

その後、先述したヴィタリック氏によって洗練されていき、イーサリアム上で展開されているDAOの定義をアップデートしていきました。イーサリアムの公式ページでは、DAOを「中央集権的なリーダーシップが不在のメンバー所有のコミュニティ」「インターネットの見知らぬ人と協力する安全な方法」「特定の目的に資金を委ねるのに安全な場所」と表現しています。

このように、インターネットが使える環境であれば誰もが参加でき、その組織ごとに使用されるトークンを持っていれば発言権や意思決定にも参加できる組織形態がDAOであり、そこで運用・提供されるサービスがDAppsということになります。

※DAOの詳細については、以下の記事「DAO(分散型自律組織)とは?Web3時代に必須となるプロジェクト型組織運営のあり方を解説」も併せてご参照ください。

DAppsのメリット(サービス提供者編)

ここからは、DAppsが持つメリットについてご紹介します。まずは、サービス提供者にとってのメリット3つです。

①耐改ざん性に優れている

一般的なデータベースでは、悪意のある第三者がユーザー権限のIDとパスワードを見破った場合、容易に情報を改ざんできてしまいます。しかし、ブロックチェーンの場合は、過去のデータをさかのぼって改ざんすることが実質的に不可能です。

先述のとおり、ブロックチェーンでは取引者を確認する際に「デジタル署名」の仕組みが採用されています。そのため、暗号化されたデータを改変しようと思ったら、改変したいタイミングの情報から後のブロックの情報も、すべて改ざんしなくてはなりません。

このように、広範囲に渡って改ざんするのは現実的に大変難しいため、ブロックチェーンを基盤とするDAppsも耐改ざん性に優れていると言われています。

②システムダウンに強い

従来の中央集権型アプリケーションの場合、メインサーバーが何らかの理由でシステムダウンしてしまった場合、すべてのシステムが止まってしまう恐れがあります。システムダウンが一時的なものであればまだしも、復旧できないようなケースだとそのダメージははかり知れません。

しかしDAppsは、アプリの開発者がメインサーバーでデータをコントロールしているわけではなく、Peer-to-Peer方式で参加している多数のノード(パソコン)がデータを分散管理しています。そのため、一部がシステムダウンしたとしても、サーバー機能全体への影響は最小限にとどまります。

③コストメリットがある

従来の中央集権型アプリケーションの場合、サービスを運用するためのサーバーなどのITリソースを調達する必要があります。もちろん、クラウドコンピューティングによって自社にサーバーを置く必要はほとんど無くなってはいますが、サーバーの管理や契約など、自社で運用を担保する必要があります。

一方でDAppsの場合、先述のとおり個々のノード(パソコン)を繋いでサーバーとして機能させているため、サーバーの管理や保守を実質的に外部化させることになります。結果、中央集権型アプリケーションとの比較で、低コストかつ耐久性のあるシステムが実現します。

DAppsのメリット(サービス利用者編)

続いてはサービス利用サイドにとってのメリットを解説します。

①プライバシーが重視される

近年、GAFA(Google、Amazon、Facebook、Appleの4社の総称)と呼ばれるテックジャイアントによるデータ利用の優位性が極端になってきたことから、欧州ではGDPR(General Data Protect Regstration) と呼ばれる法律が批准され、デジタル空間における個人のプライバシーへん配慮が規制レベルで明確になりました。

このような背景の中、DAppsにおいては中央管理者が存在しないので、ユーザーは自分の個人情報をどこかに預けることなく、サービスを利用することができます。よって、昨今多発している「ハッキングによる個人情報の流出」といった事態が、少なくともDAppsへのハッキングによっては起こり得ないと言えます。

②コストメリットがある

ここまでお伝えしてきたとおり、DAppsは特定の管理主体が存在しない形で運用できるので、当然ながら「運用担当者」という概念もありません。厳密には、それぞれのDAppsはオープンソースとして句会されていることから、エンジニアなどのメンターを司る方が担当者のように見えるかもしれませんが、基本的にはコントリビューションによって成り立っている部分が大きいと言えます。

よって、人件費をもっての運用が最小限で止まるので、そのぶんユーザーにとっての利用コストも安くなります。

③資産の管理主体が自分にある

先ほど「個人情報を第三者に預ける必要がない」とお伝えしましたが、個人情報も含め、基本的にはデータは個人が管理主体になるという考え方が、Web3の思想のベースにあります。

よって、DAppsで流通させるデジタル上の資産についても、基本的には個人が管理主体になります。昨今ではNFTが注目されていますが、作成した作品やアプリ、ゲームのキャラクターといったデジタル資産は、ブロックチェーン上で管理され流ことになるので、秘密鍵を持っている自分自身がしっかりと管理することが求められます。

逆にお伝えすると、第三者の都合によって資産が無くなったり所有権が勝手に移動したりすることが技術的にないので(現実世界でもそれをやると大問題にはなるわけですが)ユーザーにとっては安全・安心につながると言えます。

④詐欺にあいにくい

取引を行う場合、DAppsではあらかじめ設定したスマートコントラクトのアルゴリズムによって手続きが自動的に実行されます。

これまでは、信用できる相手でないとできなかった処理や取引(例えば、事前に商品を送ってその後に代金を受け取る等)も、信任なしで処理を実行できるようになります。よって、ユーザーにとっては詐欺にあいにくいというメリットもあります。

DAppsのデメリット(サービス提供者編)

続いては、DAppsを利用する際のデメリット・留意点についてです。まずはサービス提供者の視点で解説します。

①有事の際の対応に時間がかかる

DAppsはDAOの組織形態で運用されているため、どんなケースであってもトップダウンではなく、ボトムアップ型の合意形成プロセスを経る必要があります。

よって、どんなにシンプルで簡易的な修正や対応であったとしても、相応に時間がかかってしまいます。

それは、何か緊急事態が発生した際にも同様です。例えば「バグが見つかってセキュリティホールが発生しているため、急遽サービスを停止したい」という状況に陥った場合、中央集権型アプリケーションの場合はトップダウンですぐにサービスを停止してメンテナンスすることができるのでしょうが、DAppsの場合は緊急時であっても合意形成のプロセスに変わりはないので、対応に時間がかかってしまうことになります。

②一度確定(デプロイ)した内容の変更が大変

スマートコントラクトの性質から、内容を一度確定(デプロイ)すると、簡単に変更することができません。そのため、ブロックチェーン上で何かを確定させる場合は、特に入念な事前テスト等が求められます。

また、プログラム確定後に、悪意のある参加者の想定外の行動に悩まされることもあるでしょう。それをある程度防ぐには、事前に悪意のある参加者を排除する方法や、クレームの対応方法など、考えられる限りのケースを想定しておく必要があります。

DAppsのデメリット(サービス利用者編)

最後に、サービス利用者にとってのデメリット・留意点もチェックしましょう。

①有事であってもサポートを受けられない

繰り返しになりますが、DAppsには特定の運営会社というものが存在しないので、困ったときのカスタマーサポート機能も、基本的には存在しません。つまり、何か対応が必要な事態が発生した場合は、すべて自己責任で処理する必要があるのです。

たとえば誤って秘密鍵を紛失した場合、再発行は基本的にはDAppsサイドでは想定されていません。管理主体が自分になるということは、紛失リスクや盗難リスクも含め、すべてが自己責任になるということです。

②処理が遅くなる可能性がある

今はまだDAppsの知名度は低いものの、これから利用者が多くなると、システム的な負荷が大きくなり、様々な処理が遅くなる可能性があります。

ブロックチェーンを使ったサービスは、仲介者が存在しないが故の「スピード感」が魅力のひとつです。データ処理能力や決済スピードが落ちれば、利用者にとっての不便につながることが予想されます。

③使い勝手にはまだ十分に期待できない

DAppsの使い勝手は、これからの改善の余地が大いにあります。そもそも、ブロックチェーンの技術自体が発展途上であり、またブロックチェーンそのものがプロトコルレイヤーにまつわる技術の話なので、ユーザー体験の部分はまだまだこれからだと言えます。

たとえばDEX(分散型暗号資産取引所)と、Coinbaseのような中央集権型の暗号資産取引所の取引画面を見比べてみると、圧倒的に後者の方が使いやすいと感じるはずです。

※この辺りの話については、Coinbase担当者へのインタビュー「Coinbaseが捉える「日本市場の魅力」とは?グローバル目線で捉えたWeb3時代の安全・安心を考える」が参考になります。

まずは何かひとつ、知名度のあるDAppsを活用してみよう

DAppsは、現段階では一部の人以外にとってはまだ馴染みの薄い存在でしょう。しかしDAppsのUI/UXが今後改善を重ねていき、一般層に広まっていけば、その利便性から急激にユーザーが増えることが考えられます。

様々なメリットのあるDAppsの魅力は、実際に使ってみないとなかなか理解できません。なんでも良いので、まずは何かひとつ、知名度のあるDAppsを活用してみてはいかがでしょうか。

文:xDX編集部 画像:Getty images

関連記事

  • 麹や旨味など、日本古来からの「食の智慧」に盛り上がる欧米市場を探る 〜Food-Tech Webinar Fall 2022レポート

    麹や旨味など、日本古来からの「食の智慧」に盛り上がる欧米市場を探る 〜Food-Tech Webinar Fall 2022レポート

  • 社会性にセキュリティを組み込むことで、デジタルな人格(ソウル)は復元できる 〜G.GのSBT解説 #4

    社会性にセキュリティを組み込むことで、デジタルな人格(ソウル)は復元できる 〜G.GのSBT解説 #4

  • 効率化だけが論点ではない。AIによる「特許DX」に向けた専門家ディスカッション 〜超DXサミットレポート

    効率化だけが論点ではない。AIによる「特許DX」に向けた専門家ディスカッション 〜超DXサミットレポート

  • ステーブルコインはDXに向けた一丁目一番地か?金融の未来に向けた官民ディスカッション 〜超DXサミットレポート

    ステーブルコインはDXに向けた一丁目一番地か?金融の未来に向けた官民ディスカッション 〜超DXサミットレポート

  • Soulboundトークンはデジタル時代の「社会的包摂の基盤」になるかもしれない 〜G.GのSBT解説 #3

    Soulboundトークンはデジタル時代の「社会的包摂の基盤」になるかもしれない 〜G.GのSBT解説 #3

  • 東京ガールズコレクションのメタバース戦略とは?「バーチャルTGC」が目指す次世代ファッションショーを探る

    東京ガールズコレクションのメタバース戦略とは?「バーチャルTGC」が目指す次世代ファッションショーを探る

News

  • ㍿Borderlessが、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」において、募集による投資申込みの受付を開始することを発表

  • ㍿情報基盤開発が、従業員の心身の健康管理に関するサービスを提供する㍿メンタルヘルステクノロジーズと業務提携契約を締結

  • NTT印刷㍿が、新たに「まるごと電子化日報業務効率化パッケージ」をサービスラインアップに追加し、提供を開始

  • ㍿カヤックが、㍿リビングハウスの一部株式を取得し、資本業務提携を締結

  • サグリ㍿が、これまで目視で行われていた農地パトロール調査を、衛星データとドローンを活用することで、農業委員会が効率的な調査を行うことを実現

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中