【メディアパートナーイベント紹介】Fintech Japan 2022

【メディアパートナーイベント紹介】Fintech Japan 2022

目次

2022年7月19日、一般社団法人Fintech協会主催のフィンテックイベント「FINTECH JAPAN 2022」が開催されます。

2014年から毎年開催されてきたFINTECH JAPANですが、今回は「Deep Fintech」をメインテーマに、Fintech業界の最前線で活躍する起業家や有識者、イノベーションのための制度改革に取り組む当局関係者などが登壇。昨今で議論が活発になっているWeb3領域への展開も念頭に、複数のセッションが展開される予定です。

xDXでは昨年開催に引き続き、今回もメディアパートナーとしてセッションの様子をレポートする予定です。

※FINTECH JAPAN 2021レポートはこちら
▶︎メルペイ、Paidy、Kyash。各代表と考える、スタートアップが語るべき資金調達後のストーリー

7月11日時点で発表されているタイムテーブルは以下のとおり。xDXとしては、パネル2の「デジタルマネーとWeb3」について、ぜひ詳しくレポートしたいと考えています。※変更になる可能性があります

また、今回もイベントの最後にスタートアップ・ピッチバトルが開催されます。

一次審査を通過したスタートアップのうち、ピッチバトル登壇で選ばれるのは6社だけ。事業の革新性や独自性、ユーザが享受するベネフィット、競合優位性、アイデアの実現可能性、現在の開発状況、目指している世界観という評価項目をもとに、経験豊富な審査員がレビューをして、栄えあるグランプリを選定していきます。

これまでFintech領域のスタートアップシーンを盛り上げてきたピッチ大会として、今回も期待値の高い審査員の座組みとなっています。

イベント概要は以下のとおり。開催は完全オンラインとなっています。

Web3時代のFintech動向をチェックされたい方は、ぜひ参加してみてください。

関連記事

  • メタバースプラットフォームの雄「cluster」が目指すクリエイターファーストな世界

    メタバースプラットフォームの雄「cluster」が目指すクリエイターファーストな世界

  • 「Why NFT?」を明確にせよ。doublejump.tokyo COOが語る、世界が熱狂するプロダクト開発のポイント

    「Why NFT?」を明確にせよ。doublejump.tokyo COOが語る、世界が熱狂するプロダクト開発のポイント

  • 次世代の経営者が実践するニュービジネスの立ち上げ方 〜SHARE SUMMIT 2022 セッションレポート〜

    次世代の経営者が実践するニュービジネスの立ち上げ方 〜SHARE SUMMIT 2022 セッションレポート〜

  • コインチェックが取引所以外の事業を展開する理由。Web3エコシステムの創出に向けて

    コインチェックが取引所以外の事業を展開する理由。Web3エコシステムの創出に向けて

  • Web3を日本に根付かせる条件とは? 〜SHARE SUMMIT 2022 セッションレポート〜

    Web3を日本に根付かせる条件とは? 〜SHARE SUMMIT 2022 セッションレポート〜

  • 世界中のZ世代に寄り添うVTuber「Tacitly」。NTTコノキューが進めるIPファースト戦略を探る

    世界中のZ世代に寄り添うVTuber「Tacitly」。NTTコノキューが進めるIPファースト戦略を探る

News

  • イチニ㍿が㍿Geolocation Technologyと資本業務提携を締結

  • 合同会社イーストタイムズと㍿シオンが業務提携契約を締結し、ベンチャー企業向け支援サービス「FRコーポレートブランディング」を共同でリリース

  • ㍿Branding Engineerが㍿アースインフィニティと、メタバース推進活動における事業開発パートナーシップに合意

  • ㍿Speeeが㍿MFSと業務提携を開始

  • プレイネクストラボ㍿の提供する「スマート公共ラボ with LINE SMART CITY GovTechプログラム」が、香川県観音寺市のLINE公式アカウントに採用

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中