【メディアパートナーイベント紹介】Fintech Japan 2022

【メディアパートナーイベント紹介】Fintech Japan 2022

目次

2022年7月19日、一般社団法人Fintech協会主催のフィンテックイベント「FINTECH JAPAN 2022」が開催されます。

2014年から毎年開催されてきたFINTECH JAPANですが、今回は「Deep Fintech」をメインテーマに、Fintech業界の最前線で活躍する起業家や有識者、イノベーションのための制度改革に取り組む当局関係者などが登壇。昨今で議論が活発になっているWeb3領域への展開も念頭に、複数のセッションが展開される予定です。

xDXでは昨年開催に引き続き、今回もメディアパートナーとしてセッションの様子をレポートする予定です。

※FINTECH JAPAN 2021レポートはこちら
▶︎メルペイ、Paidy、Kyash。各代表と考える、スタートアップが語るべき資金調達後のストーリー

7月11日時点で発表されているタイムテーブルは以下のとおり。xDXとしては、パネル2の「デジタルマネーとWeb3」について、ぜひ詳しくレポートしたいと考えています。※変更になる可能性があります

また、今回もイベントの最後にスタートアップ・ピッチバトルが開催されます。

一次審査を通過したスタートアップのうち、ピッチバトル登壇で選ばれるのは6社だけ。事業の革新性や独自性、ユーザが享受するベネフィット、競合優位性、アイデアの実現可能性、現在の開発状況、目指している世界観という評価項目をもとに、経験豊富な審査員がレビューをして、栄えあるグランプリを選定していきます。

これまでFintech領域のスタートアップシーンを盛り上げてきたピッチ大会として、今回も期待値の高い審査員の座組みとなっています。

イベント概要は以下のとおり。開催は完全オンラインとなっています。

Web3時代のFintech動向をチェックされたい方は、ぜひ参加してみてください。

関連記事

  • 「Web3コンテンツを作るだけじゃアーティストの課題は解決しない」SKIYAKI代表が描くクリエイターエコノミーとは

    「Web3コンテンツを作るだけじゃアーティストの課題は解決しない」SKIYAKI代表が描くクリエイターエコノミーとは

  • 旧山古志村がNFTを発行した理由と熱量が素晴らしかった 〜Web3 Conference Tokyo 2レポート

    旧山古志村がNFTを発行した理由と熱量が素晴らしかった 〜Web3 Conference Tokyo 2レポート

  • 自治体のメタバース活用で大切な「やってみなはれ」の精神 〜Metaverse Japan Summit 2022レポート

    自治体のメタバース活用で大切な「やってみなはれ」の精神 〜Metaverse Japan Summit 2022レポート

  • 自社IPをもつ大企業は、予算100億円くらい確保して「やりきること」が重要

    自社IPをもつ大企業は、予算100億円くらい確保して「やりきること」が重要

  • DAO(分散型自律組織)とは?Web3時代に必須となるプロジェクト型組織運営のあり方を解説

    DAO(分散型自律組織)とは?Web3時代に必須となるプロジェクト型組織運営のあり方を解説

  • 「DAOの多産多死」「ほぼオフチェーン」「Web3のIPがアカデミー賞受賞」。國光宏尚氏ら投資家達の予測

    「DAOの多産多死」「ほぼオフチェーン」「Web3のIPがアカデミー賞受賞」。國光宏尚氏ら投資家達の予測

News

  • TAMAGO Groupがクリエイター及びそのファンによる共同研究開発を支援する「TAMAGO」を発足し、NFTインキュベーションプラットフォーム「DIGIEGGS」のホームページを公開

  • ㍿文化資本創研のデジタル・オープンイノベーション・キャンパス準備委員会が、デジタル・オープンイノベーション・キャンパスを設け、産学連携での「DAO」の実証実験の実現に向けて着手

  • ㍿J-CAMが提供する「BitLending」が、正規版サービスをリリース

  • ㍿Space Viewが、新たな事業の柱としてメタバース事業に参入する事を発表

  • ㍿プレイネクストラボがが、「LINE SMART CITY GovTechプログラム」に「Lアラート」を連携できるオプションサービスをリリース

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中