EV車とは?マネージドチャージングに代表される充電システムと今後の課題を解説

EV車とは?マネージドチャージングに代表される充電システムと今後の課題を解説

目次

「環境に配慮するならEV車!」という謳い文句を耳にする機会が多くなってきましたが、どうしてEV車が環境に良いのかしっかりと理解している人は少ないかもしれません。中にはイメージだけで、「次に購入するならEV車だな」と考えている人もいるでしょう。そこでこの記事では、EV車の基礎知識、どうして環境に良いと言えるのか、EV車のメリット・デメリットなどを解説していきます。EV車の充電システムや、これからの課題など、気になる部分にも迫ります。

なお、「DXとは何か?」について体系的にチェックしたい方は、以下の記事でxDX編集長が詳しく3万字で解説しているので、ぜひ併せてご覧ください。

▶︎[編集長が3万字で解説]DXとは?注目の背景から行政/民間/生活者への影響、活用技術、推進のポイント、最新トレンドまでを体系的に解説

EV車の基礎知識と環境問題

最近は、街中でEV車を見かけることが多くなってきましたが、「普通の自動車とどう違うのか分からない」という人も多いのではないでしょうか。

EV車とは

EVとは、電気自動車をあらわす「Electric Vehicle」の頭文字「E」と「V」を合わせた言葉です。エンジンがなく、バッテリーとモーターだけで動くのがEV車の最大の特徴です。

充電装置を使ってバッテリーに電気を貯めて、モーターを動かすことで車輪が駆動します。従来のEV車は、電池の性能があまり優れていなかったため、バッテリーフォークリフトといった工場内や倉庫内で使われることを想定したものにとどまっていました。

しかし、最近は電池の性能が飛躍的に向上し、リチウムイオン電池が搭載されたEV車が発売されるようになりました。従来のEV車とは違い、長距離が走れるため一般にも普及しました。

EV車はハイブリッド車(HV車)とよく混同されがちです。EV車がモーターを搭載しているのに対し、HV車はモーターだけでなくエンジンも搭載しています。基本的にエンジン動力を使って走行するため、モーターはあくまでも補助的なポジションにとどまります。エンジンとブレーキが作用する力で発電できるため、外部からの電気供給は必要ありません。

EV車は環境問題に配慮している

最近の電気自動車が普及してきた理由の一つに、環境問題が挙げられます。

現在、世界的な流れとして環境への負担を軽減することが求められています。しかし、従来からあるガソリン車やディーゼル車はエンジンを動かす際に汚染物質を含む排気ガスを排出するため、決して環境に良いとは言えません。

一方、EV車は電気で動くため二酸化炭素や窒素酸化物といった有害物質を排出しません。大気汚染や環境汚染が進む国では、EV車の積極的な導入が推進されています。

EV車のメリット・デメリット

EV車を選んでいる人の中には、「何となく環境に良い車」といったイメージだけが先行して購入にいたっているケースもあります。ここでは、EV車の持つメリット・デメリットを紹介します。

EV車のメリット

EV車には、「環境に良い」という点以外にも、たくさんのメリットがあります。

・コストパフォーマンスに優れている

電気で走るEV車に対して、「電気代が高くなりそう…」と思っている人も少なくありません。しかし、それは誤解です。実は、同じ走行距離なら、ガソリン代より電気代のほうが安く済むケースが多いのです。契約プランを変更して、充電は深夜に行うようにするなど少し工夫すれば、さらなるコスト削減が見込めます。また、電力会社によっては、EV車購入者限定のお得な電力プランを設けていることもあり、金銭的な負担が軽減されることもあります。

・静か

車特有の音や振動を不快に感じる人も多いでしょう。従来のガソリン車は、モーターではなくエンジンを使用しているので騒音が発生してしまいます。

その点EV車は、エンジンを搭載せず、モーターとバッテリーだけで走るため、ほとんど騒音は発生させません。音が静かなのもEV車のメリットです。

・補助金や減税が適用される場合がある

EV車を購入する際に、電気自動車・燃料電池自動車等の普及拡大のため国や自治体の補助金対象となる場合もあります。車本体の購入ではなく、充電用コンセントやスタンドの工事費用であったとしても、地域によっては補助金制度があるケースもあります。

さらに、自動車税や重量税に対して自動車グリーン税制、エコカー減税といった上乗せ優遇措置がある場合もあるので、住まいのある自治体のホームページをチェックしてみましょう。また、ガソリン車にガソリン税や石油税が課されるのに対し、EV車は電気しか使わないため、ガソリン関連の税金はかかりません。

上記のように、環境に良いだけでなく、静粛性や金銭面でメリットがあります。購入を検討する人にとっては嬉しいメリットです。

EV車のデメリット

良いことばかりのように思えるEV車にも、デメリットは存在します。もし購入を検討しているなら、デメリットも知った上で検討しましょう。

・販売価格が高い傾向にある

EV車は、ガソリン車よりも販売価格が高い傾向にあります。そのため、ガソリン車とEV車の購入で迷った結果「環境に良いEV車は魅力的だけど価格が高いのがネック」という理由からガソリン車を選ぶという人もいるでしょう。

・航続距離の懸念

燃料をフルにした状態から燃料が空っぽになって車が走行できなくなるまでの距離を航続距離と呼びます。この航続距離が、EV車はガソリン車などほかの車両と比較して短い傾向にあります。

仕事や通勤通学などで、毎日のように車を利用する人や、長距離ドライブが趣味の人など、走行距離が多い人にとってはデメリットになります。

同じようなスペックの車であっても、ガソリン車とEV車では値段は変わります。この価格差を「ガソリン代や減税を考えれば価格差を埋められる」と考えられる人は、EV車の購入を検討する余地は十分にあるでしょう。ただ、航続距離はガソリン車に比べて劣るため、日頃の車の使い方を考慮して選ぶ必要があります。

充電システムと今後の課題

EV車はガソリンの代わりに充電して走行します。ここでは、EV車の充電方法と自動車用充電管理ソフトの実態、EV車のこれからの課題を解説していきます。

EV車の充電方法

電気自動車の充電方法は普通充電と急速充電の2つの方法があります。

「充電は面倒くさいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、従来のガソリン車同様、単純な作業で充電は終わります。

最初に車の充電ポートを開き、充電コネクタをセットし、充電器か充電コントローラーを操作して充電を開始するだけです。急速充電器は多くの場合は1回30分までと決められているので、計画的な充電が必要です。

マネージドチャージングとは

マネージドチャージング(Managed Charging Software)とは、2018年に創業したサンフランシスコを拠点とする企業Electriphi(エレクトリファイ)の自動車用充電管理ソフトのことです。

自動車の消費電力は走行距離だけで変化するわけではありません。例えばエアコンやオーディオの使用などさまざまな条件によって消費量は変化します。給電をベストのタイミングで行うには、1車両につき1台の供給機を用意するのが便利ですが、それには莫大なコストが発生してしまいます。だからといって、供給機の数を極端に少なくした場合、充電待ちが発生してしまい、稼働させたい車が充電不足で動かせない状況になる可能性もあります。

マネージドチャージングはAIを使用してこのような状況を最適化し、最高のパフォーマンスが発揮できるように提案するソフトウェアです。

EV車の課題

EV車には、将来的な課題もあります。

EV車が全世帯に普及した場合、シンガポールをはじめとした人口密度の高い国や都市では、夜間充電のための自分専用駐車場を所有するのが難しくなってきます。自分専用駐車場は一部の富裕層に限られ、一般庶民は公共の充電ステーションや供給機を使用することになると予想されるでしょう。

そのため、充電ステーションには、待ち時間が少なく、自宅や職場から近いといった利便性や、短時間で充電が済む急速充電の性能向上が課題となってきます。ほかにも、事故や故意で損害を受けたEVバッテリーの代金は誰が負担するのかなど、さまざまな課題があります。

環境にやさしいEV車の普及にむけて

環境にやさしく、補助金などさまざまな金銭的メリットのあるEV車に興味のある人は少なくありません。しかし、EV車は、従来のガソリン車に比べて本体価格が高い傾向にあるので「自分が感じるメリットの方が価格差を上回る」場合に購入するのがおすすめです。

今後EV車の数が増えていくと、マネージドチャーチングのような自動車用充電管理ソフトも増えていくでしょう。しかし、全ての人が自分専用の駐車場を持つことが難しいので、共有の充電ステーションの普及が課題になってきます。課題が少しずつクリアされれば、EV車の普及に拍車がかかるかもしれません。

文:xDX編集部 画像提供:pixabay, Getty images

関連記事

  • SaaS・Paas・laaSの違いとは?それぞれの特徴と責任範囲をチェック!

    SaaS・Paas・laaSの違いとは?それぞれの特徴と責任範囲をチェック!

  • DXの進め方を解説|DX化の優先順位もご紹介します

    DXの進め方を解説|DX化の優先順位もご紹介します

  • DX開発に必要なプロセスや技術を解説!DX開発を成功させるコツもご紹介

    DX開発に必要なプロセスや技術を解説!DX開発を成功させるコツもご紹介

  • DXの導入メリットと活用すべき分野を解説!導入事例もご紹介

    DXの導入メリットと活用すべき分野を解説!導入事例もご紹介

  • DXを推進する人材に最適な資格6選|DX人材に求められることも解説!

    DXを推進する人材に最適な資格6選|DX人材に求められることも解説!

  • DX時代とは?2025年に向けてやるべきこと

    DX時代とは?2025年に向けてやるべきこと

News

  • LINE Xenesis株式会社が「LINE NFT」で、NFT無料配布機能を10月より提供開始

  • リンクトイン・ジャパン株式会社が「TOP STARTUPS 2022年版」を発表

  • 岩手県教育委員会がnoteで構築したオウンドメディアを公開

  • アリババクラウドがJP GAMES株式会社とグローバル顧客向けに新たなメタバースサービスを提供開始

  • イグニション・ポイント㍿が開発した、プロスポーツクラブ向けNFTコンテンツ運営支援サービス“NFT SCENES”を活用したNFTサイト「MatchUps」を開始することを発表

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中