技術的特異点とは一体何?将来人間がするべき仕事まで徹底解説!

技術的特異点とは一体何?将来人間がするべき仕事まで徹底解説!

目次

「技術的特異点」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?「シンギュラリティ」とも表現され、人間がAIを活用する上で知っておきたい言葉です。今回は、技術的特異点について解説しますので、「技術的特異点とは何か」「技術的特異点を迎えるにあたって、今から何をするべきなのか」などをしっかりと学びましょう。

技術的特異点とは一体何なのか?

技術的特異点とは、別名「シンギュラリティ」とも呼ばれ、人間の知能を超えるAIが誕生するポイントだとされています。アメリカ合衆国の数学者である「ヴァーナー・ヴィンジ氏」は1993年に自身の著書『The Coming Technological Singularity』で、あと30年以内に技術的特異点がやってくると記述しています。

2021年の時点で27年以上経過していることになるので、技術的特異点は私たちの身近なところに迫ってきているのかもしれません。もう既に、人間の知能を超えるようなAI開発はじわじわと進められていると考えておいた方がよいでしょう。

技術的特異点は2045年頃にやってくる?

技術的特異点の話をする上で、「2045年問題」が重要なワードとして取り上げられています。2045年問題とは「AI自らが人間の知能を超えるAIを作り出してしまう問題」です。アメリカ合衆国の発明家「レイ・カーツワイル氏」が執筆した『The Singularity Is Near:When Humans Transcend Biology』という著書の中で記されています。

人間の知能を超えるAIは2021年時点でもかなりの確率で産まれつつありますが、2045年になると、さらにAI自らがAIを作り出せてしまう世の中になる可能性が高いと記述しています。レイ・カーツワイル氏は、著書の中で「ムーアの法則」や「収束加速の法則」を根拠にし、2045年問題を提唱しています。

技術的特異点はどうして起こるのか?

技術的特異点がどうして起こってしまうのか?それは、AI自らが学習を進めていってしまう「ディープラーニング技術」がキーワードになっています。ディープラーニング技術は現在巻き起こっている「第三次人工知能ブーム」の最大の特徴です。

ここで簡単に、人工知能開発の歴史について見ておきましょう。人工知能開発には60年以上の歴史があり、現在は第三次ブームに達しています。第一次人工知能ブームは1960年代の後半に巻き起こりました。第一次ブームでは「探索・推論をAIが行えるようになること」を期待してAI開発が行われました。しかし、実際には現実世界の複雑な問題を解決するまでには至らないということで、次第にブームは終焉します。

第二次人工知能ブームは1980年代から1990年代に起こりました。第二次ブームではAIに「知識」をインプットし、その知識から専門家のような答えを出させることを開発の核に置いていました。しかし、知識をインプットし管理することの大変さから、第二次人工知能ブームも段々と勢いを失っていったのです。

そして、2021年現在に起こっているのが、AIの「ディープラーニング技術」を核とした第三次人工知能ブームです。今回のブームの中心的技術「ディープラーニング技術」は、AI自身が自身でプログラムを作り出し、自らどんどん現実社会を認識していくため、人間がメンテナンスをする必要がありません。

人間が人間を教育するようにAI教育が行われるため、まるで人間のようなAIがどんどん誕生していくのではないかと見られています。前述した2045年問題は本当に起こりつつある問題なのです。人間がどうやってAIの暴走を食い止めるのか?を考えながらAI開発に取り組む必要があるでしょう。

技術的特異点がやってきた後に無くなる仕事とは?

技術的特異点は、まさに目の前に迫った大きな問題です。そして、技術的特異点がやって来た時に、重要になってくるのが「人間の雇用の問題」でしょう。今までは、人間が自らの手や機械を使い仕事を行うのが通常でしたが、技術的特異点がやってくると「人間でなくAIがこなしたほうがいい」仕事が発生しそうなのです。

ここで、どんな仕事がAIに奪われてしまいそうなのか?世の中で一般的に言われている仕事を、いくつか選んできたので、見ていきましょう。

・一般事務員

・銀行員

・建設作業員

・スーパー、コンビニの店員

・電車運転士

・ホテルのフロントマン

・工場勤務者

上記のような仕事が、技術的特異点を迎えた際にAIによって奪われそうな仕事です。AIというのは、単純な入力作業を得意としています。ある一定の決まったルールに従って、何時間も働き続ける能力は、人間よりも格段に上です。

「一般事務員」「銀行員」の行っている作業は、比較的単調な作業が多いため、最初にAIに奪われてしまう仕事だと言えるでしょう。また、AIはロボットなので、人間が危険を冒して行っていた「建設」の分野でも活躍します。建設作業員としてこれから仕事を獲得していくには、AIができない特殊な技術を身に付けておく必要があります。

その他、AIはスーパーやコンビニの店員の仕事もこなせるようになるでしょう。電車の運転に関しても、AIが行ったほうが安全に運行できる可能性があります。工場でモノを作る作業員も、段々AIに置き換えられていく可能性が高いでしょう。

技術的特異点がやってきた後に人間がするべき仕事とは?

では、一方でAIが成長を続けても人間がこなし続けた方がいい仕事には、どんなものがあるのでしょうか?ここでも、いくつか事例を挙げてみたので、ご紹介します。

・営業職

・データサイエンティスト

・介護職

・カウンセラー

・コンサルタント

「営業職」は、AIが代わりに仕事をこなしにくい仕事だと言えます。営業の仕事は「高度なコミュニケーション」を図る仕事なので、AIが柔軟に対応することは難しいです。

次に「データサイエンティスト」もAIは比較的代替しにくいでしょう。データを活用して今後の方針を決めていく仕事なので、むしろ「AIを使って人間が行う仕事」になっていくと考えられます。

「介護職員」も、AIには奪われにくい仕事だと言われています。介護職員は高齢者の微妙な変化を感じ取ったり、高度なコミュニケーションを図ったりして対応しなければならないため、AIが代わりになりにくいでしょう。介護職員が行っている作業を機械化する可能性はありますが、高齢者と直接コミュニケーションを取るという点では、介護職員の仕事は無くなりにくいと予想されます。

カウンセラーも、相談者の微妙な変化を察知して心理的なサポートをする仕事なので、現段階ではAIが代替しにくいと言われています。

コンサルタントなどの「データを使って人間にアドバイスを行う仕事」もAIには奪われにくいでしょう。AIが行うコンサルタントが開発されることはあり得るでしょうが、最後の大切な判断は人間対人間で行われる可能性が高いでしょう。

技術的特異点がやってくる前に今から準備をしておくことが大切!

今回は、「技術的特異点とは一体何?」「技術的特異点を迎えるとどんな問題が起こるのか?」について解説しました。技術的特異点がやってくると、人間の生活は今より便利になるでしょう。

しかし、AIによって奪われる仕事も少なくないと言われています。今のうちから将来はどんな仕事をしたいのか考えておきましょう。長期的な視点で携わるべき仕事を選んでいくのがポイントです。

文:xDX編集部 画像提供:Getty images, photoAC

関連記事

  • DX推進で情報にアンテナを張ることが大切な理由は?情報収集のポイントもご紹介

    DX推進で情報にアンテナを張ることが大切な理由は?情報収集のポイントもご紹介

  • DXライブラリに注目。活用することで得られるメリットを解説!

    DXライブラリに注目。活用することで得られるメリットを解説!

  • 中小企業のデジタルトランスフォーメーションの事例から成功させるポイントを解説!

    中小企業のデジタルトランスフォーメーションの事例から成功させるポイントを解説!

  • DXの意味が分かれば2025年の崖も理解できる?初心者にも分かりやすく解説

    DXの意味が分かれば2025年の崖も理解できる?初心者にも分かりやすく解説

  • なぜDXが必要なの?基礎知識や企業への導入についてわかりやすく解説!

    なぜDXが必要なの?基礎知識や企業への導入についてわかりやすく解説!

  • デジタルトランスフォーメーションの基礎知識|企業への導入を成功させるポイントは?

    デジタルトランスフォーメーションの基礎知識|企業への導入を成功させるポイントは?

News

  • オロ、ビジネスモデルにあったデジタル広告を可能にする独自指標「PGI」を開発

  • 【資金調達】ITエンジニア向け見積もり作成のDXツールを展開する株式会社EngineerforceがSEEDラウンドにて総額3,500万円調達!

  • 製薬・医療機器メーカー向けのプロモーションSaaSを提供する株式会社フラジェリンが、大阪オフィスを「WeWork なんばスカイオ」に開設

  • エンジニア組織の活動量を自動解析し、生産性向上をサポート エンジニア組織支援SaaS「Findy Teams」正式版をリリース

  • 株式会社ピー・アール・オーが新規事業特化型コンサルティングを行うunlockとDX関連の開発を必要とする新規事業プロジェクトの支援加速に向け業務提携を開始

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中