DX推進を成功させるには?推進のメリットも紹介

DX推進を成功させるには?推進のメリットも紹介

目次

国や企業から注目を浴びているDXですが、実際にすべてをDX化させようと思うと非常に難しいものです。DX人材の育成から社内システムのIT化など、資金と経営陣の理解が必要となってきます。そんな中、DX推進を成功させるには何をすればいいのでしょうか。この記事ではDX推進とは何か、DX推進を成功させるポイントについて詳しく解説します。

なお、「DXとは何か?」について体系的にチェックしたい方は、以下の記事でxDX編集長が詳しく3万字で解説しているので、ぜひ併せてご覧ください。

▶︎[編集長が3万字で解説]DXとは?注目の背景から行政/民間/生活者への影響、活用技術、推進のポイント、最新トレンドまでを体系的に解説

DX推進とは

DXとは、デジタルトランスフォーメーションの略です。デジタル技術によって変革を余儀なくされるビジネスの世界で、アナログのままでは、変わっていくビジネスの世界で戦うことができません。

そのため、社内システムなどをIT化し、人材を育成してDXを推進することで競争社会に通用する企業へと成長させていくことが重要です。しかし、DX推進をするには資金も時間もかかります。DX推進の必要性やメリットを知り、成功させるためには具体的に何が必要なのかをよく理解してから始めましょう。

DX推進とIT化は違う?

DX推進とIT化は混同されがちですが別物です。IT化というのはあくまでも手段であって目的ではありません。例えば、DXを推進していくと、競争社会での優位性が保てるようになります。集めた情報を分析することによって、顧客のニーズを把握し、大多数の顧客に求められる商品を開発することもできるでしょう。

しかし、IT化はあくまでもアナログをデジタルに変えただけのものです。紙の報告書をパソコンで書くようになったからといって、激変するビジネスの中で優位性を保てるようになるわけではありません。企業全体でIT化を進めていき、そのうえでDXを導入・推進していくことで業務の効率化や生産性の向上といったメリットが得られるのです。

DX推進が必要とされる理由

デジタル技術が日々進化していく中で、ビジネスの在り方も変化してきています。しかし、これまで通りのやり方では、変化するビジネスモデルについていくことができません。また、日本の企業は海外の企業に対してDXが遅れていることに懸念を感じています。

現代においては、「DX化が遅れている=生産性や競争力が不足している」ということに繋がります。そのため、日本の多くの企業では一日も早くデジタル化に着手し、DXの導入を推し進めていく必要があるのです。

DX推進の目的

DXを推進するには、社内での目的を明確に定めておく必要があります。目的が定まっていないのにDX推進を強引に進めてしまえば、進むべき道を見失って迷走してしまうことにもなりかねません。また、不必要なコストを生んでしまうこともあるでしょう。

そうなると、DX推進が失敗する可能性が高まります。失敗しないためには、事前にDXの定義と目的を定め、無駄なく効率的に進めていくことが重要です。

DX推進のメリット

DX推進には、理解しておきたいいくつかのメリットがあります。メリットを理解できれば、より社内の事情に沿ったDX化の目標を設定することがきます。DX推進する前にどのようなメリットがあるのかを確認しておきましょう。

生産性の向上

DXを推進する上で大きなメリットといえば生産性の向上です。生産性を向上させたいなら、社内全体のデジタル化と、テクノロジーの活用が必要不可欠です。

テクノロジーを活用することによって、単純作業や繰り返しの作業をすべてテクノロジーに任せることができます。単純作業から解放された人材を別の業務に回すこともできるでしょう。より生産性が高く創造的な業務に回せる人材を多く確保できることは、企業にとって大きなプラスになります。

さらに、膨大なデータから情報を抽出して分析を行うといった業務も、人間が行うよりはるかに素早く効率的に行うことができます。ミスのない確実なデータを迅速に手に入れることが可能になります。

企業業績の向上

企業業績の向上もまた、DX推進のメリットの1つです。AIなどのテクノロジーを駆使することで、顧客に関する情報を効率的に収集し、分析することができます。

例えば、顧客のニーズにマッチした商品を作ることができ、より購買意欲をそそる商品を提供することが可能です。市場に求められる商品を作って、企業業績のより一層の向上に努めましょう。

競争力の向上

日本企業の競争力を向上させるためにも、DXが注目を集めています。さまざまなデータを収集して分析することで、これまでにない画期的な商品を開発できることも考えられるからです。

また、顧客のニーズに柔軟に対応することもできます。最新のテクノロジーを活用することによってほかの企業との競争に打ち勝つ事ができるでしょう。

DX推進を成功させるポイント

DXに対する課題が多い日本では、DXに着手したとしてもなかなか思うように推進できていないのが現状です。また、すでにDXの推進を行っている企業でも、まだ克服すべき課題を残している可能性があり、さらに見直しや対応が必要な場合もあります。

DX推進を成功させるには、いくつかのポイントがあります。ポイントをしっかり押さえておくことで、DX推進を成功させる事ができるでしょう。

目的が明確であること

DX推進を成功させるには、目的が明確である必要があります。目的や意義もなく、なんとなく勢いで推し進めている場合は、頓挫する可能性が高くなります。しかし、DXの目的をどうやって決めればいいか分からないという人もいるでしょう。

目的を定めるためには、自社の方向性や目標を正しく理解している必要があります。ビジョンは企業内でしっかり共有しておきましょう。DXの定義を詳しく理解し、DXとは何なのかというところを知っておくことで目的を定めることができます。

意識改革を行う

意識改革を行うことも、DX推進を成功させるうえで重要な部分です。特に経営陣に理解がないと、企業内でDX人材を育成することはできません。

経営陣が自らの視点に立って定めたDX推進の目標は、企業全体で協力して叶えるべきものです。IT担当者に丸投げしておけばいい、という考えでは決してDX推進は成功しないでしょう。

企業の一部の人たちだけでDXを推進していたとしても、大きな効果を得ることは難しいといえます。会社全体でDX化を推進していくという意識を持ち、経営陣がしっかりコミットメントをすることで目的を明確化して目的のために資金を投入できるようになります。

会社の体制を構築

会社の体制構築も重要です。たとえテクノロジーを駆使してさまざまな情報を収集し、分析したとしても、新商品の開発というのは簡単なことではありません。分析やリサーチを重ね、市場のニーズに沿った商品でも期待通りにヒットするとは限らず、1度の挑戦で思ったような成果が出ないこともあるでしょう。

このように失敗した場合でも次に挑戦できる社内の体制を整えることが大切です。経営陣は、目的からぶれないよう舵取りして、会社全体で目標を達成するという意識が必要でしょう。また、社員に分かりやすくシステムの変更を通達し、研修制度を実施するなどの管理やサポート体制の整備も大切です。

DX推進を成功させよう!

DXを推進するためには、DXに対する理解を深めることが重要です。成功のポイントは、経営者がDXとは何であるかをしっかり理解し、必要資金の投入を惜しまないことです。

テクノロジーを駆使するためには、社内のデジタル化を進めるなどの体制構築が欠かせません。企業全体で目的の明確化とビジョンを共有することにより、一丸となってDX推進を行うことが成功させるポイントです。まずはDXの目標をしっかり定義し、自社の状況にあてはめて、DX推進を達成するためにはどうすればいいのかを考えてみてください。

文:xDX編集部 画像提供:Getty images, pixabay

関連記事

  • SaaS・Paas・laaSの違いとは?それぞれの特徴と責任範囲をチェック!

    SaaS・Paas・laaSの違いとは?それぞれの特徴と責任範囲をチェック!

  • DXの進め方を解説|DX化の優先順位もご紹介します

    DXの進め方を解説|DX化の優先順位もご紹介します

  • DX開発に必要なプロセスや技術を解説!DX開発を成功させるコツもご紹介

    DX開発に必要なプロセスや技術を解説!DX開発を成功させるコツもご紹介

  • DXの導入メリットと活用すべき分野を解説!導入事例もご紹介

    DXの導入メリットと活用すべき分野を解説!導入事例もご紹介

  • DXを推進する人材に最適な資格6選|DX人材に求められることも解説!

    DXを推進する人材に最適な資格6選|DX人材に求められることも解説!

  • DX時代とは?2025年に向けてやるべきこと

    DX時代とは?2025年に向けてやるべきこと

News

  • トレノケートホールディングス㍿は、日本のデジタル競争力向上のために何が必要なのかなどを探るため、アンケート調査を実施

  • ㍿ユー・エス・イーが提供するクラウドサービス「Charlotte」は、給与明細をはじめとする、その他の書類を簡単に作成し、従業員へ電子送付可能なサービス「Charlotte Reports」の提供を開始

  • パーソルエクセルHRパートナーズ㍿が、ハノイ工科大学とベトナム人材の採用・就職支援・学生サポートに関する協力関係を促進することなどを目的とした「日本語教育クラス寄付講座開講」に関する提携契約を締結

  • ㍿クラウドワークスが、Peaceful Morning㍿の株式を全取得し、子会社化することについて決議

  • アイディア㍿が、改正船員法に対応した船員労務管理を実現するサービス「Aisea Crew」をリリース

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中