DXの進め方を解説|DX化の優先順位もご紹介します

DXの進め方を解説|DX化の優先順位もご紹介します

目次

業務効率化を進め職場の環境をよくするために、政府はDXの導入を進めています。しかし、DXを進めるためには専門知識が必要です。DXの進め方に悩んでいる企業も多いのではないでしょうか。

DXはさまざまな業種や企業に対応し、実際に業務効率化につなげることが可能です。しかし導入方法を間違えると、うまく効果があらわれないこともあります。この記事ではDXの進め方について詳しく解説します。

DXとは

DXには「ITを浸透させることにより人々の生活を良い方向に進める」「デジタル技術を使って業務を改善させること」といった定義があります。

さらに、経済産業省は2018年に「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」と具体的にDXを定義しています。

引用:デジタルトランスフォーメーションを推進するための ガイドライン (DX 推進ガイドライン) Ver. 1.0|経済産業省

DXが必要とされる理由

DXを導入する目的は、生産性を向上させることによって企業の業績を現状よりもさらに上げることです。旧来のやり方で伸び悩んでいる企業は、デジタルを優先したビジネス改革を行うことで、2025年の崖を乗り越えることができるようになるでしょう。

企業の業績を上げるため

DXを導入することにより、これまで人が行っていた繰り返しの作業をITツールで効率化できるようになりました。今までよりも生産性を上げられるため、それに伴って企業の業績も上げることができます。

例えば、AIを導入することで顧客からの問い合わせ対応を効率化し、人的なリソースを重要な業務へ回す企業も増えてきています。また、デジタルビジネスを手段として競争優位性を確立させることもDX導入の目的の1つです。

DXの導入は顧客の満足度を上げる効果もあります。デジタル化したことで今まで煩雑であった商品管理の手間が減り、多くの在庫を持つことに成功した例もあります。そのため、在庫切れがなくなり、結果的に顧客の満足度アップにつながったのです。

このようにDXはさまざまな形で企業の業績アップに役立っています。市場競争に打ち勝つためにも、DX導入は重要であるといえるでしょう。

2025年の崖に備えるため

多くの経営者が業務効率化をするために、DXの必要性について理解はしています。しかし、年々増え続けるデータにすべて対応しきれていないのが現状です。さらにサイバーセキュリティー上の問題やデータの紛失、過剰なカスタマイズによる複雑化などさまざまな課題が残っています。

これらの課題を一刻も早く解決していくためには、DXを推進することが急務です。DXが進まなければ、1年に最大12兆円といわれる経済損出が生じる可能性もあります。これらの問題は、2025年の崖といわれています。

2025年の崖に備えるためにも、現在多くの企業が抱えているレガシーシステムと呼ばれる旧来型の古いシステムを最新のものへアップデートし、DXを推進する必要があるのです。

DXの進め方

DXを成功させるためには、まず目的を明確にして責任者の承認を得た上で戦略を立て、自社の課題を洗い出すことが重要です。 そのためにはPDCAサイクルを回し、優先順位やスケジュールをしっかりと決めてDX推進にあたる必要があります。

目的を明確にする

DXを導入することが最終目的ではありません。現状の把握と、DXを導入することによって、自社が抱える課題に対してどのような改善をしたいのか目的を明確にしておくことが重要です。もし目的が明確になっていない場合、自社だけでDX推進をすることが難しい際に頼ることになるパートナーのDX支援企業もどのようなサービスを提供していいのか分からなくなってしまいます。

また目的があやふやだと、DX導入したあとの効果測定をすることもできなくなります。効果測定を行い、DX導入を成功させるためにも目的を明確にすることは重要なのです。

責任者の承認を得る

DXは会社全体の運営に関わってくるため、責任者の承認を得てから導入することが大切です。またDXは担当者だけが理解をしていればいいわけではありません。会社全体でDXの理解を深めることが大切です。

会社全体の業務を可視化することにより、今まで見えていなかった会社の課題がより明確になります。業務プロセスを可視化することにより、より的確な経営判断がしやすくなるでしょう。新戦略にも取り組みやすくなるため、企業として経営力の大きな向上につなげることができます。さらに、DXは人材不足などの問題解決にもつながることがあります。

つまり、DXの導入は会社全体で経営者と従業員が一丸となって取り組むことが大切なのです。

戦略を立てる

DX導入を検討している担当者は、経営陣とDXを導入したあとの方向性やスケジュールなど、戦略をしっかり立てる必要があります。具体的に「1年以内に担当者の残業時間を20時間以内にする」などとスケジュールを決めていくことも重要です。担当部署や経営者がDXを導入する戦略やスケジュールなどを共有していないと効果的な戦略を立てることはできません。

DXをスムーズに進めるためには、DXの担当部署だけでなく会社全体が戦略を理解していることも大切です。DXを進めて社内環境が変化することに抵抗を感じる人も少なくありません。経営陣だけでなく社員全体が一丸となって取り組める戦略を立てるようにしましょう。

自社の課題を洗い出す

DXを導入することで解決したい自社の課題を明確にしておくことが重要です。DXにもさまざまな種類があり、またパートナーとなるDX支援企業によってサービスが異なります。しかし自社の課題が明確でないと、どのようなITツールを選べばいいのか、そもそもDXを導入するべきなのかも分かりません。

そのため自社の課題を明確にし、事前にDX導入から解決プロセスまでの戦略を立てることが重要です。また、DXを導入することにより業務を可視化することのメリットとして、今まで見落としていた新たな課題が明確になることもあります。

優先順位を決める

生産現場や経理、人事などさまざまな部署において対応しているDXがあります。しかし、コストをあまりかけずに効果が現われやすい分野を選ぶのは簡単ではありません。目標を明確にしたら、DXを進める優先順位を決めましょう。

導入する順番によっては業務の効率化に影響がでる場合があるため、担当者は事前リサーチや準備を徹底して、慎重な判断と対応をしていく必要があります。

PDCAサイクルを回す

DX導入で成功させるためにはPDCAサイクルを回すことが必要不可欠です。PDCAサイクルとは以下の4つの順序を繰り返し行うことです。

  1. Plan 計画を立てる
  2. Do 計画を実行する
  3. Check 2で実行したことを測定、評価する
  4. Action 3の評価をもとに改善し次に進める

DX を導入する前に計画を立て、計画を実行した上で期間を決めて目的をどれくらい達成しているかどうか評価することが大切です。その評価をもとに改善するべきところの改善をし、次に進めます。 

PDCAを繰り返すことで、徐々に業務内容が改善されていくのです。

DX化の優先順位

DX化は、日常業務や現場に近い業務から始めます。例えば、請求書や納品書などの書類をペーパーレスにするなど、細い日常業務から始めることをおすすめします。

日常業務でのDX化が成功したら、組織全体のワークフローをDX化し、最後にIT技術を導入することにより事業全体のビジネスモデルを変革していくというような順番を守ることが大切です。最終的な目標はビジネスモデルの変革となりますが、DXを成功させるためにはまず短期間で効果が出やすいことから始める必要があります。

DX化の効率的な進め方を押さえて業績アップを目指そう!

経済産業省は、IT技術を活用して国民と行政の両方の生産性を向上することを推進しています。DXはただIT技術を導入するだけでなく、目的を明確にし、目的を達成するような計画、戦略を立てることが重要です。また導入後も定期的な効果測定が必要になります。

最初は請求書等の書類をペーパーレスにするなど日常的な業務内容にDXを導入することから始め、運営全体がデジタル化して企業全体としてビジネス変革につなげていくように進めていきましょう。

文:xDX編集部 画像提供:Getty images, pixabay

関連記事

  • DX開発に必要なプロセスや技術を解説!DX開発を成功させるコツもご紹介

    DX開発に必要なプロセスや技術を解説!DX開発を成功させるコツもご紹介

  • DXの導入メリットと活用すべき分野を解説!導入事例もご紹介

    DXの導入メリットと活用すべき分野を解説!導入事例もご紹介

  • DXを推進する人材に最適な資格6選|DX人材に求められることも解説!

    DXを推進する人材に最適な資格6選|DX人材に求められることも解説!

  • DX時代とは?2025年に向けてやるべきこと

    DX時代とは?2025年に向けてやるべきこと

  • 物流DXとは?物流業界の課題と推進方法

    物流DXとは?物流業界の課題と推進方法

News

  • 新潟県岩船郡粟島浦村がWeb完結型電子契約「クラウドサイン」を導入。村および離島における日本初の事例としてDXを推進

  • 水上交通分野におけるDX・スマートシティにかかる研究開発等で連携協定を締結

  • 富士通、AWSと金融業界および小売業界のDX加速に向けて戦略的協業

  • 脆弱性管理クラウド「yamory」が、緊急脆弱性の速報通知機能を開始

  • 環境省がレバテックでDX人材をスカウト

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中