データドリブンマーケティングとは?基本ステップ&成功に導くポイントを解説

データドリブンマーケティングとは?基本ステップ&成功に導くポイントを解説

目次

スマホが普及し、オンラインショップを中心に買い物をしている人は少なくありません。外出せずにいつでも注文できるので、自分の生活スタイルに合わせて利用できるのがメリットです。マーケティングにおいても、ITの発展とともに変化が起きています。

顧客の消費行動に合わせた手法が、データドリブンマーケティングです。顧客データはもちろん、売上やWeb解析データなどの蓄積された膨大なデータを統合・分析し、事業目標に合わせて最適なマーケティング施策を立案します。

本記事では、データドリブンマーケティングの概要をはじめ、導入ステップや成功するためのポイントもご紹介していきますのでぜひご参考にしてください。

なお、「DXとは何か?」について体系的にチェックしたい方は、以下の記事でxDX編集長が詳しく3万字で解説しているので、ぜひ併せてご覧ください。

▶︎[編集長が3万字で解説]DXとは?注目の背景から行政/民間/生活者への影響、活用技術、推進のポイント、最新トレンドまでを体系的に解説

データドリブンマーケティングの特徴とは?

まずは、データドリブンマーケティングとはどんなマーケティング手法なのか、基本的な概要をご紹介していきます。

データを活用したマーケティング手法

データドリブンマーケティングは、さまざまなデータを統合、連携して分析し、企画立案や経営の意思決定をおこなうマーケティング手法です。

過去のマーケティングは、意思決定をおこなう際に経験を重視する傾向にあったといえるでしょう。しかし、ITが発展したことによって、売上データや顧客データ、Web解析データなどの多種多様なデータを蓄積できる時代になりました。

マーケティングにおいても、経験重視の施策からデータを活用した施策へと変化しています。データドリブンマーケティングでは、経営や経済の知識、統計学、論理的思考などのスキルを活用してデータを分析し、課題の抽出から解決方法まで網羅した施策の立案が可能です。

顧客の行動を見える化することで、データをベースにした最適なマーケティング施策を実行できます。

データドリブンマーケティングを導入するメリット

オンラインショップの利用が一般的になり、実店舗だけでなくネットの消費行動がプラスされました。ネットワーク上で顧客の行動を把握しやすくなったといえるでしょう。

データドリブンマーケティングの手法を導入すると、データ分析から顧客のニーズをキャッチして、顧客ごとのユーザーエクスペリエンスを向上させられます。

顧客ひとりひとりが求める情報やサービスを適切なタイミングで届けられるのは大きなメリットです。顧客の行動を先読みしてサービスを提供することも可能なので、より上質な顧客体験が生まれます。

また、データドリブンマーケティングでは、マーケティングの費用対効果(ROI)を高められるのもメリットです。顧客の満足度が高まることは、売上アップだけでなく企業のロイヤルティの向上にもつながります。

データドリブンマーケティングのはじめ方とは?

続いては、データドリブンマーケティングの導入ステップや事前に必要な準備についてご紹介していきます。

データドリブンマーケティングに必要なこと

データドリブンマーケティングはデータを活用しておこなうマーケティング施策です。データを理解するためには、ビジネスやマーケティングに関する知識はもちろん、データベースやデータ処理のスキルが求められます。

また、データを分析する手法や統計学への理解、ロジカルな思考も必要な能力です。分析したデータを元に企画立案したプランを実行へ移さなければ、データドリブンマーケティングを導入する意味はありません。

ただし、ノウハウを持った担当者を置くだけでは組織に浸透させることは難しいでしょう。大切なのは、決定権を持つ立場の人がデータドリブンマーケティングについて理解している組織作りです。

どんなデータを活用した施策なのかを明確にするためには、事業目標からKPIを策定しておくといいでしょう。「◯のデータを元にした施策によってAの指標が改善され、Bの結果につながることで事業目標が達成できる」といったイメージです。具体的なイメージを共有すると、データ抽出やプランの策定がスムーズになります。

データドリブンマーケティングを導入する前に、PDCAのサイクルが回る体制も整えておきましょう。データをもとに課題を抽出し、課題解決案の策定と実行、さらに評価をおこない施策の改善へつなげていくPDCAのプロセスは欠かせません。施策の優先度が下がらないように専任の担当者を配置するのが理想的です。

データドリブンマーケティングの基本ステップ

データドリブンマーケティングの導入には5つのステップがあります。

1.データの収集
データドリブンマーケティングの基本となるのがデータの収集です。さまざまなデータを一元化して管理できるように、データベースを構築しましょう。やみくもにデータを集めると時間がかかるので、目的を明確にして必要なデータを抽出するのがポイントです。

2.データの可視化
集めたデータは数字が羅列されているものが多く、不必要な情報も含まれています。データを加工して意味があるものに「見える化」しましょう。専門のスキルを持った人材を配置すると効率的です。

3.データの分析
整理したデータから課題を見つけ出します。ツールやフィルタリング機能を活用してあらゆる角度からデータを分析する必要があるため、データ解析のプロに外注するのも選択肢のひとつです。

4.アクションプランの策定
データの分析結果から、必要なアクションプランを作成します。コストも考慮して実現可能なプランを策定しなければなりません。いつ、誰が、なにをするかまで詳細のプランを落とし込んでおくと実行がスムーズです。

5.アクションプランの実行と検証
アクションプランを実行したら、必ず検証をセットでおこないます。目的は達成できたのか、顧客満足度はどう変化したのかを解析し、PDCAのサイクルを回していくことが重要なポイントです。

データドリブンマーケティングを成功に導くためのポイントとは?

最後に、データドリブンマーケティングを成功させるためのポイントをチェックしていきましょう。

データドリブンマーケティングで失敗しがちなこと

データドリブンマーケティングの失敗にありがちなのは3つのパターンです。

・データの意味が伝わらない
データを集めても活用方法がわかっていないと、無駄になってしまいます。マーケティングの課題や、データからなにを実現させるかを明確にしなければ、データの意味が伝わりません。

・データ作成が目的になる
データを集めただけで終わってしまうのも、よくある失敗例です。事前に課題をクリアするためにどんなデータが必要か仮説を立てると、無駄なデータを抽出する時間を削減できます。

・PDCAサイクルが回らない
データドリブンマーケティングを導入したものの、検証まで辿りつかずに終わってしまうパターンも多くあります。体制が整っていないとPDCAサイクルが回らなくなるので注意しましょう。

データドリブンマーケティングの支援ツールを活用

データドリブンマーケティングを成功させるためには、データを抽出する支援ツールが役立ちます。代表的な6つのツールを見ていきましょう。


1.DMP(データマネジメントプラットフォーム)
データ蓄積に便利なプラットフォームです。外部企業の提供データを活用する「パブリックDMP」と自社データの蓄積・分析をおこなう「プライベートDMP」があります。
顧客データを一元管理し、施策立案や実行、効果の測定までおこなえるのがメリットです。

2.Web解析ツール
「Google Analytics」などに代表される、Web上での顧客の行動データを集積・可視化・分析できるツールです。ページビュー(PV)やセッション数、離脱率、クリック率(CTR)などさまざまな項目があります。

3.セルフサービスBI
BIにはさまざまなツールがありますが、「セルフサービスBI」は専門知識がなくても簡単に利用できるのがメリットです。外注せずにデータの可視化や分析をおこなえます。

4.CRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)
属性や購買履歴などの顧客にまつわるデータを一元化して管理できるツールです。購買目的やニーズなどの情報も管理でき、顧客ひとりひとりの「見える化」に役立ちます。

5.SFA(セールスフォースオートメーション)
商談活動や売上などの営業に関するデータを可視化して支援するツールです。顧客やスケジュール管理だけでなく、営業のデータ分析などの機能も備わっています。

6.MA(マーケティングオートメーション)
Webサイトを訪問した顧客のデータを活用してBtoCの営業に役立てるツールです。顧客ごとに適切なタイミングでメルマガや広告を配信してアプローチできます。

データドリブンマーケティングを取り入れて事業目標の達成につなげよう!

実店舗からネットショップへと顧客の消費行動が拡大したことにより、さまざまなデータを蓄積できるようになりました。データを統合・分析して企画を立案するデータドリブンマーケティングは、現代のネット社会に適したマーケティング手法といえます。

事業目標を達成させるためには、データを扱うスキルだけでなく、データが持つ意味を理解することが大切です。データ作成で終わらせないように、体制を整えてPDCAサイクルをしっかり回しましょう。

編集&文/xDX編集部

関連記事

  • SaaS・Paas・laaSの違いとは?それぞれの特徴と責任範囲をチェック!

    SaaS・Paas・laaSの違いとは?それぞれの特徴と責任範囲をチェック!

  • DXの進め方を解説|DX化の優先順位もご紹介します

    DXの進め方を解説|DX化の優先順位もご紹介します

  • DX開発に必要なプロセスや技術を解説!DX開発を成功させるコツもご紹介

    DX開発に必要なプロセスや技術を解説!DX開発を成功させるコツもご紹介

  • DXの導入メリットと活用すべき分野を解説!導入事例もご紹介

    DXの導入メリットと活用すべき分野を解説!導入事例もご紹介

  • DXを推進する人材に最適な資格6選|DX人材に求められることも解説!

    DXを推進する人材に最適な資格6選|DX人材に求められることも解説!

  • DX時代とは?2025年に向けてやるべきこと

    DX時代とは?2025年に向けてやるべきこと

News

  • イグニション・ポイント㍿が開発した、プロスポーツクラブ向けNFTコンテンツ運営支援サービス“NFT SCENES”を活用したNFTサイト「MatchUps」を開始することを発表

  • ㍿SAMURAI Securityが、相続DXサービス「サラス」とサラス連動型のNFCカード「Its-Ca」を組み合わせた、法人向けサービス「サラスPRO」の提供を開始

  • ㍿エスプールグローカルが、滋賀県立会いのもと長浜市と立地協定を締結し、同市に隣接する複数の自治体業務を受託するシェアード型のBPOセンターを開設

  • Fabeee㍿がDX推進事業の体制強化を目的として、㍿Doooxとパートナーシップを締結したことを発表

  • ㍿サイバーリンクスおよび国立大学法人和歌山大学が、ブロックチェーンやDIDなどの先進的な社会情報基盤技術の活用について、共同で研究開発に取り組むことに合意

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中