あらゆるサービスへと「金融機能」が埋め込まれる日

あらゆるサービスへと「金融機能」が埋め込まれる日

目次

Singapore FinTech Festival(SFF)を母体とする国内最大級のフィンテックイベント「World FinTech Festival(WFF)」。2021年11月11日と12日の2日間に渡って開催された同イベントでは、国内外におけるフィンテック領域の有識者が集い、熱いセッションを繰り広げた。

そんななか、金融業以外の事業者がテクノロジーを活用して金融サービスを提供するエンベデッド・ファイナンス(日本語訳:埋込型金融もしくは組込型金融、以下:組込型金融)が脚光を浴びている。デジタル化社会の台頭も相まって、その流れはますます加速していると言えるだろう。

今回は「組込型金融で全ての業種がフィンテックになる」と題されたセッションについて取り上げたい。

・福島 良典(株式会社LayerX 代表取締役CEO)
・大久保 光伸(デジタル庁 ソリューションアーキテクト)
・小野沢 宏晋(GMOあおぞらネット銀行 執行役員/企画・事業開発グループ グループ長)
・沖田 貴史(ナッジ株式会社 代表取締役社長)※モデレート

組込型金融のポイントは「フリクションレス」

まず、組込型金融の取り組みについて各登壇者が語った。

「すべての経済活動を、デジタル化する。」というビジョンのもと、BtoBにおける請求書処理のSaaSを手がけるLayerXの福島氏は「三井物産と立ち上げた合併企業(三井物産デジタル・アセットマネジメント)で組込型金融の事業機会を伺っている」とし、次のように話す。

「例えばファンド組成のプロセスや不動産売買におけるやりとりは、今でも紙ベースで行われています。つまり、アセットの管理から契約まで紙やハンコが主流になっていて、ここをデジタル化してコストを圧縮すれば、これまでのコスト構造上、アセット化(証券化)できなかったものを証券化できるようになります。いわゆる『デジタル変革でアセットの証券化を行うイネーブラー』として事業展開しているわけです」(福島氏)

ここが組込型金融にどうつながってくるのかというと、同氏は預金に近い運用、とりわけデジタルマネーの運用に焦点を絞っているという。

「国内で証券化されているものは非常に限定的で、市場にあるアセットのほとんどは特定投資家(プロ)が私募を行う現状となっています。それが新たに、私募と公募の間にデジタル証券という形ができようとしていて、ここにマーケットができる可能性が広がっていると思うのです。デジタルマネーの裏側に、1つの資産として組み込まれるような世界を想定していて、低コストで効率よく資産にアクセスできるような仕組みを、将来的には作っていきたいと考えています」(福島氏)

またGMOあおぞらネット銀行の小野沢氏は、福島氏の意見に呼応する形で「フリクションレス(金融取引時の手数料、サービス間の摩擦をなくす)がひとつの価値になる」とし、こう意見を述べた。

「GMOあおぞらネット銀行は3年前に立ち上げた後発組がゆえに、ビジネスモデルとして色々なパートナー企業と一緒にやっていこうという思いのもと、事業を展開しています。組込型金融は開業当初から取り入れ、テクノロジーを使いながら“銀行らしくない銀行”を目指し、日々挑戦を続けています」(小野沢氏)

組込型金融における好例として小野沢氏が例示したのが、オンライン決済の「Stripe」が昨年末より始めた、銀行機能をSaaSとして提供する「Stripe Treasury」である。

「Eコマース市場では『お金が入ってくる世界』と『お金を受け取る世界』に二分され、お金を払う部分に関しては金融の民主化がだいぶ進んできています。一方で、お金を集める部分はまだまだ銀行口座が中心になっている実情があるなかで、Stripeの取り組みはエクスペリエンスを変える・フリクションを減らす観点から見ると、非常にわかりやすい事例だったのではないでしょうか」(小野沢氏)

SaaSやマーケットプレイスに紐付いたクレジットカードが台頭してきている

こうした組込型金融が注目されるなか、国内外の大局的な流れやトレンドについてはどのようなものがあるのだろうか。デジタル庁の大久保氏は「ペイロールや電子マネーのAPI化など金融の民主化が進むなか、取引のレイヤーにおいても変革が起こせるのでは」と見解を示した。

「私はメガバンクで銀行APIの推進を担ってきて、デジタル庁では契約・請求・決済を全てデジタル化するプロジェクトを担当しています。組込型金融の台頭をリーガル面からお話しすると、決済手段がこれまで銀行法に則っていたものが、資金決済法や割賦販売法など選択肢が複数選べるようになったことが大きいと思っています」(大久保氏)

その上で同氏は、データ利活用への機運についても、ポジティブな見解を示す。

「今後、デジタル産業の課題解決の取り組みを推進していくなかで、取引のレイヤー自体もデータが標準化されることで民主化に近づけるのではと仮説を持っています。また、銀行APIの文脈で言うと、日本ではPSD2(欧州決済サービス指令第2版)に縛られているようなデータ利活用の制限がないので、銀行APIに付随するようなデータを利活用することで、新規ビジネスのシーズになり得ると考えています」(大久保氏)

これに付随して福島氏は、国内外の動向について2つのトピックに注目しているという。

「1つ目は資産運用の自動化です。お金が貯まっていく場所がデジタルへとシフトしていくなかで、資産運用が将来的にどう変わっていくかにアンテナを張っています。

もう1つはSaaSサービスやマーケットプレイスに紐づいた組込型のクレジットカードです。海外ではUberがドライバー向けのクレジットカードを発行していて、日本でもBASEのアカウントを持つ事業者向けの『BASEカード』を発行していたりと、組込型クレジットカードは増えてきています。Stripeはその先行事例だと思いますが、フリクションレスでUXの良い、お金の受け取り口としてのクレジットカードの需要は今後高まるにつれ、各SaaSやマーケットプレイスに溶け込んでくると思っていて、非常にポテンシャルを感じています」(福島氏)

さらに小野沢氏も、「最近いろんなディスカッションをしていくなかで、まさに商流とお金の流れが完全に繋がっていることを実感している」と続ける。

「もともとお金の流れには、銀行口座やクレジットカード、ATMなどといったお金の“溜まり場”が前提としてありました。それが最近では、マネーフォワードやfreeeにもみられるように、商流の間にお金をストックすることがなくなってきています。銀行としては、テクノロジーを活用して新しい金融体験を模索していくことが求められるでしょう。よく『銀行はなくなるが、銀行サービスはなくならない』と言われますが、まさにその通りだと思っていて、金融サービスの粒度を小さくしていくことが、フリクションレスな世界の実現に向けて必要になってくると考えています」(小野沢氏)

組込型金融は誰でも金融体験を提供できる

組込型金融の真骨頂は、既存の金融機関のレイヤー構造に縛られずに誰でも金融体験を提供できることだ。だからこそ、世の中を変えるようなイノベーションを生み出すことで、これまでの金融体験をアップデートさせることも十分に可能と言えるわけである。

これについて大久保氏は「決済の多様化やフィンテックの発展に伴って金融がアップデートされていくことで、あらゆるインダストリーもスムーズに回る」とし、次のように述べた。

「フリクションレスの観点で良い事例として挙げられるのが、GMOあおぞらネット銀行とJTBがタッグを組んだ“ふるさと納税”の取り組みです。銀行APIを接続することで、自治体の口座に寄附金が入金されると自動で振込可能な決済ソリューションになっているので、フリクションレスを実現できている好例だと思います」

また福島氏は。「海外の事例で増えている“SaaS on Payment”の動向を追っている」とし、将来の事業展望についての見通しを示した。

「請求書は概念としては紙ですが、『債務』とも捉えることができます。例えば、社内決裁が下りたら自動でお金が支払れるような、『契約書とデータの整合性が取れた段階で決済が自動で行われる世界』は間違いなく訪れると予想しています。そこで重要になってくるのが、デジタル化された状態で請求書データが置かれていること、そしてDeveloper Experience (開発体験)の良い決裁APIがあること。これらが揃えば、エンジニアが勝手に作っていくので、我々としてはその下地を整えるべく、日々奮闘しながら取り組んでいます」(福島氏)

さらに小野沢氏も「組込型金融のアイデアやビジネスのスタイルは、色々なところにヒントがある」とし、「定型的なものがあるわけではなく、既存のフローで課題になっている部分を自動化したり、ピースをうまく繋ぎ合わせることで新しい体験が生まれる」「普段の企業や生活者の活動の中にさまざまなエッセンスがあり、そこをテクノロジーと掛け合わせることでシーズを見つけることができるのではないか」と意見を寄せた。

サービスと金融が溶け合う。新しいユーザー体験が生まれる

テレワークやデジタル化の推進など、コロナ禍で人々の行動変容に対する許容度は以前に比べて、かなり上がってきている状況と言える。特に金融領域はレガシーな業界であったが故に、変化の波をものすごく感じているのではないだろうか。

既存の商慣習や常識が変わり、新常態が生まれやすくなっているなか、新たなにフィンテック領域に参入する上で心がけることは何なのだろうか。

これについて大久保氏は、金融の未来を考えアクションしていく際には「既存のビジネスにフィンテックを融合させられるかを模索する」ことがひとつの手だと強調する。

「〇〇 × テックについてはさまざまな領域でカオスマップが存在しています。まずはそれを見渡してビジネスモデルを確認し、そこにフィンテックを掛け合わせることができれば、新たなビジネスモデルが生まれる可能性があると思います。そして、銀行の持つ金融サービスの機能も『バンクID』を通じて外部へ提供する潮流も生まれているため、今後は異業種プレーヤーが銀行のIDを活用することでサービスを展開する事例も出てくると考えています」(大久保氏)

最後に福島氏は、「根本的な仕事として、ユーザーにとっていいものや価値を提供するのは変わらない」と補足し、本セッションを締めくくった。

「金融にまつわることは面倒に感じたり怖く思ったりしがちですが、近年ではサービスと金融が溶け合う状態が確実に起こっていて、その先に来るのはUXの良い金融サービスだと思っています。行き着く先は、お金とか金融とか全く意識せずにサービスを使える世界だと私は捉えていますね。

また私自身、素人からこの世界に飛び込んだ身から申し上げると、ソリューションやプロダクトを生み出し、いいサービス体験やUXを研ぎ澄ませていくことでユーザーが集まってくる構図は、インターネットインダストリーと全く変わらないことだと言えます。
もちろん、ドメインの知識を学ぶ姿勢や守るべきライセンスを遵守した形でサービスを作る気概も必要になってくるのでしょう。制約があるなかで解決の糸を見出し、イノベーションを起こしていくのはエンジニアやビジネスマンにとって、とてもやりがいのある領域だと思うので、ぜひ楽しむ気持ちで参入してきてほしいです」(福島氏)

編集:長岡 武司
取材/文:古田島大介

関連記事

  • 暗号資産からメタバースまで、Web3.0時代はとてつもなく面白い

    暗号資産からメタバースまで、Web3.0時代はとてつもなく面白い

  • 国内フィンテックのキーパーソンが集結。Fintech協会主催「FINTECH JAPAN 2021」

    国内フィンテックのキーパーソンが集結。Fintech協会主催「FINTECH JAPAN 2021」

  • 逆境をバネにして「夢」をみよ!DX時代にこそ響くJR九州会長の言葉

    逆境をバネにして「夢」をみよ!DX時代にこそ響くJR九州会長の言葉

  • 「マネーシステムは決済に閉じた話ではなくなる」日銀・金融研究所長が考えるデジタル通貨の論点

    「マネーシステムは決済に閉じた話ではなくなる」日銀・金融研究所長が考えるデジタル通貨の論点

  • 大前研一が考えるDX時代のエッセンス。オンラインを前提とした価値設計を進めよ

    大前研一が考えるDX時代のエッセンス。オンラインを前提とした価値設計を進めよ

News

  • 業務改革をもたらすデジタルツール発掘イベント「Less is More.」第8回を開催!

  • 静岡銀行の営業活動DXに向け、Salesforceを活用したコンタクト・センター拡充と営業支援システム刷新を支援

  • LINEでスタンプラリーの実現を目指す クラブネッツ、モバイルプロモーションのPKBソリューションと業務提携

  • Buddycomが次世代予測型見守りシステム「Neos+Care」と連携、業務負担軽減に貢献し介護現場のDX化を実現

  • 補助金・助成金DXのStaywayが補助金と地域金融機関、VCから総額7500万円のハイブリッド型資金調達を実施

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中