ぐるなびは仕入モールのトップ画面をリニューアルしました

株式会社ぐるなびは、飲食店・サプライヤー双方のさらなる利便性向上による食材受発注領域のDX促進を目的に、飲食店向け業務用食材・資材仕入れ専用のECサイト「ぐるなび仕入モール」のトップ画面を2022年7月4日(月)よりリニューアルしました。

https://gsmall.gnavi.co.jp/

飲⾷店の発注業務は、FAXや電話などのアナログな⼿法に頼ることが多く、業務コストがかかっている状況です。ぐるなびでは、このような課題に対して定期発注サービスの「ぐるなび発注」とマッチングサービスの「ぐるなび仕入モール」を提供し、食材探しや発注業務の省人化・効率化支援に取り組んでいます。

「ぐるなび仕入モール」は、食材や飲料をはじめ、テイクアウト用の資材など、定番商材から付加価値の⾼い商材が揃う豊富な品揃えや、価格や生産地等で絞り込みができる仕入れに特化した検索機能が特徴です。2021年11月には厳選されたサプライヤーから出店をスタート、2022年4月には全国のサプライヤーが本サイトへの出品が可能となり、現在は約35,000点(2022年7月4日時点)の商品がラインナップしています。これまで、レコメンド表示の追加や検索機能の強化など、継続的な改修を行ってきましたが、飲食店・サプライヤー双方のさらなる利便性向上のためトップ画面を大幅にリニューアル。加盟飲食店向けに実施したアンケート調査をもとにコンテンツを精査し、飲食店にとっては一画面で必要な情報を見つけやすく、サプライヤーにとっては新たに出品する情報が訴求しやすいサイトに進化させました。

ぐるなびは、「食でつなぐ。人を満たす。」という存在意義(PURPOSE)のもと、事業を推進しています。今後も「飲食店経営サポート企業」として、さらなるサービスの拡充を図ってまいります。

■「ぐるなび仕入モール」トップ画面リニューアルのポイント

①一画面で得られる情報量の拡大
肉や魚をはじめ、お試し品、訳あり品など人気な商品が上部でより見つけやすくなり、下部にはアンケート調査をもとに希望の多かったコンテンツを掲載。

②新規出店サプライヤー訴求
新たに出品するサプライヤー情報をトップ画面でお知らせできるようになり、訴求効果が向上。

引用元:PRTIMES

関連記事

  • TAMAGO Groupがクリエイター及びそのファンによる共同研究開発を支援する「TAMAGO」を発足し、NFTインキュベーションプラットフォーム「DIGIEGGS」のホームページを公開

  • ㍿文化資本創研のデジタル・オープンイノベーション・キャンパス準備委員会が、デジタル・オープンイノベーション・キャンパスを設け、産学連携での「DAO」の実証実験の実現に向けて着手

  • ㍿J-CAMが提供する「BitLending」が、正規版サービスをリリース

  • ㍿Space Viewが、新たな事業の柱としてメタバース事業に参入する事を発表

  • ㍿プレイネクストラボがが、「LINE SMART CITY GovTechプログラム」に「Lアラート」を連携できるオプションサービスをリリース

  • ㍿GValue東北が、弘前市内で取り組まれる地域DXの具現化を図る事業へのシステム提供及び、委員会へ参画を発表

News

  • TAMAGO Groupがクリエイター及びそのファンによる共同研究開発を支援する「TAMAGO」を発足し、NFTインキュベーションプラットフォーム「DIGIEGGS」のホームページを公開

  • ㍿文化資本創研のデジタル・オープンイノベーション・キャンパス準備委員会が、デジタル・オープンイノベーション・キャンパスを設け、産学連携での「DAO」の実証実験の実現に向けて着手

  • ㍿J-CAMが提供する「BitLending」が、正規版サービスをリリース

  • ㍿Space Viewが、新たな事業の柱としてメタバース事業に参入する事を発表

  • ㍿プレイネクストラボがが、「LINE SMART CITY GovTechプログラム」に「Lアラート」を連携できるオプションサービスをリリース

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中