LINE Xenesis株式会社が「LINE NFT」で、NFT無料配布機能を10月より提供開始

LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLINE Xenesis株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長CEO:林 仁奎、以下「LINE Xenesis」)は、NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」において、NFT無料配布機能(エアドロップ)を10月より提供開始することが決定しましたのでお知らせいたします。

  • 提供背景

NFT市場は、2021年から海外において人気のコンテンツを活用したNFTトレーディングカードやアートのNFTなどを機に爆発的に広がりました。国内においても多くの企業がNFT事業に参入し、毎日さまざまなNFTプロジェクトがリリースされています。このようにNFTに関する情報が溢れるなか、SNSを活用したユーザー向けのNFTイベントの実施やメタバース空間を活用したNFTのプロモーション実施など、NFTをより多くのユーザーに知ってもらうためのマーケティング施策の事例も急速に増えています。

このような流れを受けLINE NFTでは、企業やコンテンツホルダーが自社のNFTを簡単にユーザーに触れてもらうきっかけを創出するツールとして、多数のユーザーに無料でNFTを配布することが可能なNFT無料配布機能(エアドロップ)の導入を決定いたしました。不特定多数のユーザーへNFTを配布することにより、企業やコンテンツホルダーは、自社NFTを知ってもらうだけではなく、NFTを入り口としたユーザーへの自社サービスの認知や興味・関心の向上が期待できます。

  • NFT無料配布機能(エアドロップ)とは

エアドロップ(Airdrop)とは、NFTを無料で配布する機能を指し、NFTをユーザーにプレゼントするという意味から「Giveaway(ギブアウェイ)」とも呼ばれています。海外のNFT市場では、NFT潜在層ユーザーへのアプローチや新規ユーザーの呼び込みを目的に、NFTマーケティングに多く利用されています。

  • LINE NFTにおけるNFT無料配布機能の特徴

1)ブロックチェーンに関する開発知識が無くても簡単に利用可能
これまで、企業やコンテンツホルダーがLINE Blockchain基盤のNFT無料配布機能を開発するには、LINEのブロックチェーンサービス開発プラットフォーム「LINE Blockchain Developers」※を活用する必要がありましたが、今回のNFT無料配布機能の導入により、企業やコンテンツホルダーは、開発工程を踏まずして簡単にユーザーへNFTを配布することが可能です。

2)ユーザーは簡単かつ手軽にNFTの受取が可能
ユーザーは、エアドロップNFT受取用のQRコードを読み取った後、国内約9,200万人が利用するコミュニケーションアプリ「LINE」から手軽に始められる「LINE NFT」のアカウントから簡単に受取ることができます。受け取ったNFTは、デジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet 」において保管・管理が可能です。

3)各種イベントやキャンペーンにおいて多数のユーザーへのNFT配布が可能
例えば、ライブやコンサートなどのイベント来場者へのNFT配布やSNSを用いた各種キャンペーンなどでのNFT配布など、企業やコンテンツホルダーとユーザーとの接点を創出するマーケティングツールとして活用が可能です。

今後も“誰ひとり取り残さない”NFTの世界を目指し、NFTを所有することによる楽しみなど、さまざまなNFT体験をユーザーの皆さまに提供してまいります。

※「LINE Blockchain」を基盤にブロックチェーンサービスを簡単かつ効率的に構築することができる開発プラットフォーム。既存のサービスに手軽にブロックチェーン技術を導入することができます。また独自のトークンエコノミーを構築することも可能です。
参考リリース:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2020/3385

今後も「あなたの毎日につながるLINE Blockchain」をコンセプトに、ユーザーの日常生活に実際に適用できるNFT等のブロックチェーンサービスおよび技術の提供を目指してまいります。

・「LINE NFT」公式サイト                  :https://nft.line.me
・「LINE NFT」について                     :https://nft-blog.line.me/archives/13464458.html
・「LINE NFT」に関する問い合わせ      :https://nft-biz.line.me
・「LINE Blockchain」について            :https://blockchain.line.me/ja/
・「LINE BITMAX Wallet」使い方の詳細:https://note.com/line_blockchain/n/n6aa0765fe51e
・「LINE BITMAX Wallet」登録方法の詳細:https://note.com/line_blockchain/n/n2e4753eb8a67

■LINE Xenesis株式会社の概要
(1) 名称:LINE Xenesis株式会社
(2) 所在地:東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
(3) 代表者:代表取締役社長CEO 林 仁奎/Lim Inkyu
(4) 事業内容:暗号資産販売所の運営、およびブロックチェーン関連事業のホールディングス会社
(5) 資本金:8,160百万円(2021年4月16日時点)
(6) 設立年月日:2018年1月31日
(7) 登録番号:暗号資産交換業者 関東財務局長 第00017号

「LINE」、「LINE Blockchain」、「LINE BITMAX」、「あなたの毎日につながる」及び「LINE NFT」は、LINE株式会社の登録商標及び商標です。

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿SBI証券とSBIホールディングス㍿がシンプレクス・ホールディングス㍿と資本業務提携契約を締結し、シンプレクス・ホールディングスの普通株式のSBIホールディングスによる取得および合弁会社の設立

  • ㍿ストリートスマートがチエル㍿と教育DX分野で業務提携契約を締結

  • シソーラス㍿が長野DXセンターでの活動を通して培った経験をもとに、開発着手した地方企業の業務改革や新規事業創出を支援するための完全クラウド型デジタルプラットフォーム「goodsoil」をリリース

  • エン・ジャパン㍿が長崎県のソーシャルインパクト採用プロジェクトを実施し、県内で初の副業やリモート可のポジションを新設および「デジタルコーディネーター」を公募した結果、3名の採用が決定

  • 三菱ケミカルグループ㍿および三井化学㍿が、社会・産業の基盤である化学品物流の標準化・効率化に向けた共同検討を開始

  • Aerospike合同会社とLibrus㍿が、Aerospike® Real-time Data Platform分野でパートナー契約を締結

News

  • ㍿SBI証券とSBIホールディングス㍿がシンプレクス・ホールディングス㍿と資本業務提携契約を締結し、シンプレクス・ホールディングスの普通株式のSBIホールディングスによる取得および合弁会社の設立

  • ㍿ストリートスマートがチエル㍿と教育DX分野で業務提携契約を締結

  • シソーラス㍿が長野DXセンターでの活動を通して培った経験をもとに、開発着手した地方企業の業務改革や新規事業創出を支援するための完全クラウド型デジタルプラットフォーム「goodsoil」をリリース

  • エン・ジャパン㍿が長崎県のソーシャルインパクト採用プロジェクトを実施し、県内で初の副業やリモート可のポジションを新設および「デジタルコーディネーター」を公募した結果、3名の採用が決定

  • 三菱ケミカルグループ㍿および三井化学㍿が、社会・産業の基盤である化学品物流の標準化・効率化に向けた共同検討を開始

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中