「母子モ 子育てDX」のオンライン相談サービスが北海道猿払村で導入!

「母子モ 子育てDX」で安心して子育てができる環境づくりを。北海道猿払村でオンライン相談サービスを開始!

『母子モ 子育てDX』は、ICTを活用し自治体の子育て事業のオンライン化を支援することで、環境の変化に合わせた新たな子育て支援の仕組みづくりや、より便利で安心・安全な子育て環境の実現をサポートするサービスです。 『母子モ 子育てDX』は、ICTを活用し自治体の子育て事業のオンライン化を支援することで、環境の変化に合わせた新たな子育て支援の仕組みづくりや、より便利で安心・安全な子育て環境の実現をサポートするサービスです。

猿払村では、「結婚・出産の希望をかなえ、猿払で安心して子育てができる環境をつくる」を村の基本目標のひとつとして掲げ、妊娠・出産、子育て環境の充実を目指し、2018年8月より母子手帳アプリ『母子モ』を導入し、『さるっこ』として提供しています。

同村では、冬期の悪天候で家庭訪問ができない場合や、村外に里帰り出産する妊婦に、電話での相談支援を行ってきました。また、新型コロナウイルス感染症の影響で子育て支援事業を休止や縮小しており、気軽に子育て相談できる機会が減少しています。今回、感染リスクを抑え、相手の表情を確認しながら対面に近いサポートを実施できる、『母子モ 子育てDX』の「オンライン相談サービス」の提供を開始します。

いつでもどこでも子育ての悩みを解決!「母子モ」のオンライン相談サービス

『母子モ』を活用した「オンライン相談サービス」は、自治体職員や助産師、保健師などと、妊産婦相談・育児相談・乳幼家庭全戸訪問・乳幼児相談・ひとり親相談などをオンラインで実施できるサービスです。『母子モ』を通して自治体職員との面談日を確定し、当日はビデオ会議システムを利用して、スムーズにオンラインによる相談が実施できます。場所の制約なく、子育てに関する悩みを気軽に相談することができ、子育て世帯がより便利で安心できるサービスを提供し、子育てしやすい環境づくりに貢献します。

猿払村では本機能を妊娠・出産・子育て期の相談事業全般への活用を予定しています。冬季の悪天候により職員が訪問できない場合や、コロナ禍の影響により外出や対面を躊躇する子育て世帯にも安心して相談できる環境を提供し、悩みや不安の軽減を目指します。

北海道猿払村 伊藤 浩一村長からのコメント

猿払村ではすでに母子手帳アプリ『さるっこ』を提供しておりますが、この度オンライン相談サービスを導入します。

新型コロナウイルス感染症への不安から、外出やお子さんの各種健診、健康相談など保健センターに足を運ぶのをためらっている保護者もおられると思います。

このサービスは家に居ても画面で保健師や管理栄養士、保育士の顔を見ながら安心して子育てに関する相談ができます。

引き続き、ウィズコロナを念頭にICT活用型子育て支援や学習教室の開講を進めながら、安心して子供を産み、育てることができる環境づくりを進めてまいります。

『母子モ 子育てDX』は今後、オンライン相談サービスの利用シーンを拡大し、乳児家庭全戸訪問事業や妊産婦訪問などの子育て世帯への保健指導訪問事業での活用、予防接種の予診票や乳幼児健診の問診票をオンライン化する機能追加も予定しています。自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぐことで、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を提供し、『母子モ』ひとつでデータの管理から子育てサービスの提供までを可能とする社会を目指します。

さるっこ

月額料金(税込) 無料
アクセス方法 ・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
(対応OS: Android 5.0以上、iOS 9.0以上)
・Webブラウザ:https://www.mchh.jp にアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、
お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

母子モ

妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えている育児日記「できたよ記念日」などの便利な機能から、自治体が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる機能が充実しています。

Webブラウザ:https://www.mchh.jp にアクセス

母子モ 子育てDX

自治体の子育て関連事業のオンライン化を支援するサービス。

オンライン相談サービスや小児予防接種に加え、乳幼児健診などの手続きのデジタル化へも対応を予定し、新たな子育て環境の構築に貢献します。

Webブラウザ:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx にアクセス

※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。
※App Storeは、Apple Inc.のサービスマークです。 
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿SBI証券とSBIホールディングス㍿がシンプレクス・ホールディングス㍿と資本業務提携契約を締結し、シンプレクス・ホールディングスの普通株式のSBIホールディングスによる取得および合弁会社の設立

  • ㍿ストリートスマートがチエル㍿と教育DX分野で業務提携契約を締結

  • シソーラス㍿が長野DXセンターでの活動を通して培った経験をもとに、開発着手した地方企業の業務改革や新規事業創出を支援するための完全クラウド型デジタルプラットフォーム「goodsoil」をリリース

  • エン・ジャパン㍿が長崎県のソーシャルインパクト採用プロジェクトを実施し、県内で初の副業やリモート可のポジションを新設および「デジタルコーディネーター」を公募した結果、3名の採用が決定

  • 三菱ケミカルグループ㍿および三井化学㍿が、社会・産業の基盤である化学品物流の標準化・効率化に向けた共同検討を開始

  • Aerospike合同会社とLibrus㍿が、Aerospike® Real-time Data Platform分野でパートナー契約を締結

News

  • ㍿SBI証券とSBIホールディングス㍿がシンプレクス・ホールディングス㍿と資本業務提携契約を締結し、シンプレクス・ホールディングスの普通株式のSBIホールディングスによる取得および合弁会社の設立

  • ㍿ストリートスマートがチエル㍿と教育DX分野で業務提携契約を締結

  • シソーラス㍿が長野DXセンターでの活動を通して培った経験をもとに、開発着手した地方企業の業務改革や新規事業創出を支援するための完全クラウド型デジタルプラットフォーム「goodsoil」をリリース

  • エン・ジャパン㍿が長崎県のソーシャルインパクト採用プロジェクトを実施し、県内で初の副業やリモート可のポジションを新設および「デジタルコーディネーター」を公募した結果、3名の採用が決定

  • 三菱ケミカルグループ㍿および三井化学㍿が、社会・産業の基盤である化学品物流の標準化・効率化に向けた共同検討を開始

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中