DXコンサルのFabeee株式会社、出稿データから正しいメディア評価と最適な広告予算配分を導く「Data Capital For Marketing」を正式リリース

 DXコンサルティング事業を手掛けるFabeee株式会社(東京都千代田区、代表取締役CEO 佐々木淳/以下、「Fabeee」)は、過去の出稿データから広告のKGI貢献度合いやROAS(Return On Advertising Spend、広告の費用対効果/以下、ROAS)を最大化する広告の予算配分を推測する新サービス「Data Capital For Marketing」を正式リリースしたことをお知らせいたします。

Data Capita For Marketingについて

オンライン・オフライン問わず、出稿する広告媒体が増えるほどにそれぞれの広告が売上などのKGIに与えた影響を算出するのは困難になります。また広告を出稿しなくても発生する売上も考慮すると効果検証に必要な工数は膨大なものになってしまいます。

また限られた広告予算から出稿プランを組み上げる際は過去の出稿実績を参考に出稿プランを作成しますが、一般的に広告費用と広告効果は単純に比例するものではなく、出稿量が増えれば増えるほど得られる投資対効果が悪化することが多いため、最適な予算配分での出稿プランを作成することは困難を極めます。

そこで「Data Capital For Marketing」では、売上などのKGIを見据えたメディア戦略を実現するために過去のデータから、各広告のKGIへの貢献度はもちろん、広告を展開しなかった場合に発生したであろう売上をそれぞれ推定することにより正しい広告の評価を行います。さらにROASを最大化させることが可能になる広告予算の配分を推定することで、これまで出稿担当者の勘と経験に頼ることが多かった予算配分をロジカルに実施します。

Data Capita For Marketingのご利用を特におすすめしたい企業様の例

  • オフライン広告とオンライン広告を併用していて各広告の効果を可視化したい企業様
  • Youtubeなど直接コンバージョンに繋がりにくい広告の効果を可視化したい企業様
  • 顧客がコンバージョンまでに接触した各広告のKGI貢献度を可視化されたい企業様
  • 限られた広告予算の中でKGIを最大化できる予算配分をロジカルに決めたい企業様
  • 1stクリックや減衰などの従来型アトリビューションモデルに論拠を持てない企業様

Data Capita For Marketingの料金プラン

各企業様が必要なときに「Data Capital For Marketing」をお使いいただけるよう、料金プランは、初回のモデル構築料金と分析を1回実施するごとに料金をお支払いいただく形式になっています。四半期や半期ごと、商戦期後などといった企業様のご希望タイミングでメディア評価や出稿プランの策定を行うため、分析を必要としない月はコストが発生しません。料金は分析データ量に応じて変動いたしますので、詳しくはお問い合わせください。

先行導入企業様

Data Capital For Marketingは、下記の企業様に先行導入いただき高い評価を頂戴しております。

  • 学校法人角川ドワンゴ学園 様

Data Capital For Marketingに関するよくあるご質問

統計や機械学習の知識がなくても使えますか?

Data Capital For Marketingをご利用になるのに、統計や機械学習の知識は必要ありません。専任のデータサイエンティストがわかりやすい資料を作成して納品いたします。

依頼から分析結果が出るまでに要する期間はどれくらいですか?

データをご共有いただいてから1ヶ月程度のお時間を頂いております。

分析に必要なデータ量はどれくらいですか?

広告の出稿データと売上などのKGIデータが最低24ヶ月分必要です。これより長期間のデータをご用意いただくことでより高精度の予測が可能になります。広告は対象期間中に継続して出稿している必要はなく、歯抜けでも構いません。

なぜ最終の分析結果が出るまでに1ヶ月も時間がかかるのですか?

専任のデータサイエンティストが、ご担当者さまと週次などでディスカッションを重ねながら高い精度を有する貴社の専用モデルを構築させていただくためです。モデルの構築自体は1週間程度で完了しますが、より高精度な推測を行うために、週次のディスカッションを通じて季節性やメディア掲載など広告以外でKGIに貢献した要素を漏れなくモデルへ組み込むチューニングを行います。

*モデル:各メディアが売上に貢献した額を推測するのに用いる複雑な計算式のこと。

無料のWebinarも随時開催中

Data Capital For Marketingについてより詳しくお知りになりたいお客様のために、無料のWebinarを定期的に開催しており、次回は2022年4月21日(木)に開催予定です。各回のテーマや開催スケジュールは、Data Capital公式サイト(https://datacapital.info/)をご覧ください。

Data Capitalについて

「データは資産である」をテーマに、各企業様の持つデータの価値を提示して、意思決定に活用していける体験を通じて、企業様のDXを推進させていただくサービスです。今回リリースした「For Marketing」に先立ち、小売業の企業様向けにデータからお客様一人ひとりの生涯価値を予測する「For Retail」をご提供しています。

Data Capital公式Webサイト:https://datacapital.info/

Fabeeeについて

Fabeee株式会社は、国内トップクラスの高い技術力を軸に、AI、ディープラーニング、ブロックチェーン技術、産学連携プロジェクト等の最先端技術領域における研究開発により、新たな変化に対応した価値を提供するDXコンサルティングファームです。また、システムインテグレーションの領域においては、国内大手 ~テック系スタートアップはもちろん、金融機関や官公庁まで多くのクライアントを支援し、WEBシステム、スマートフォン向けのアプリ開発やBtoC向けサービス、AI開発プロジェクト、そしてIoTサービス開発などの豊富な実績を有しています。

代表者 :代表取締役社長CEO 佐々木 淳
所在地 :東京都千代田区九段南3-7-14 VORT九段2F
設立日 :2010年4月
URL  :https://fabeee.co.jp/
事業内容:AI・システム開発 / DX推進事業 / リモート開発支援サービス[Fabeee Any Place]の展開

本件に関するお問い合わせ先

Fabeee株式会社
コーポレートマーケティング部 山中
TEL :03-6261-3077
FAX. :03-6261-3078
MAIL:info@fabeee.co.jp

引用元:PRTIMES

関連記事

  • 岩沼市と東日本電信電話株式会社宮城事業部との地域課題解決に向けたDXに関する実証実験の開始について

  • 単独“初”!サステナブル・ラボ、エン・ジャパンと共に「ソーシャルインパクト採用プロジェクト」開始

  • NECソリューションイノベータ株式会社がカスタマーサクセスプラットフォーム「coorum(コーラム)」を導入

  • LeapMind 、「Efficiera® 異常検知モデル」を開発 外観検査に特化、エッジAIを活用した迅速でセキュアな製造現場DXが可能に

  • 「invox受取請求書」が複合機向けアプリケーション「Quickスキャン」と連携

  • 大林組 ロボティクスセンターにugo Proを導入

News

  • 岩沼市と東日本電信電話株式会社宮城事業部との地域課題解決に向けたDXに関する実証実験の開始について

  • 単独“初”!サステナブル・ラボ、エン・ジャパンと共に「ソーシャルインパクト採用プロジェクト」開始

  • 「invox受取請求書」が複合機向けアプリケーション「Quickスキャン」と連携

  • LeapMind 、「Efficiera® 異常検知モデル」を開発 外観検査に特化、エッジAIを活用した迅速でセキュアな製造現場DXが可能に

  • NECソリューションイノベータ株式会社がカスタマーサクセスプラットフォーム「coorum(コーラム)」を導入

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中