アイテック阪急阪神株式会社がArchiTek株式会社の第三者割当増資を引受け

アイテック阪急阪神株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:清水 正明、以下「アイテック阪急阪神」)は、同社のコーポレートベンチャーキャピタルを通じて、ArchiTek株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役:高田 周一、以下「ArchiTek」)が実施する第三者割当増資を引受けました。

ArchiTekは、2018年8月に国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「革新的AIエッジコンピューティング技術の開発」に採択され、エッジAIチップの開発に取り組んでいます。

アイテック阪急阪神は、阪急阪神東宝グループのシステムインテグレータとして、ホーム上や踏切内の異常検知をはじめとした、鉄道施設内等におけるAI画像処理の技術開発を進めています。

今回の出資を契機に、両社は、ArchiTek開発のエッジAIチップを活用した新たなソリューションの開発を目指し、共同研究を実施してまいります。

アイテック阪急阪神の概要

アイテック阪急阪神は、阪急阪神東宝グループに属する情報サービス事業会社で、グループ内向けはもとより、グループ外向けのシステム開発受託事業をはじめ、社会システム事業、インターネット事業、医療システム事業、ソリューション事業など幅広く展開しています。

商号:アイテック阪急阪神株式会社
本社所在地:大阪市福島区海老江1丁目1番31号 阪神野田センタービル
代表者:代表取締役社長 清水 正明
設立:1987年7月
事業内容:社会システム事業・インターネット事業・医療システム事業・ソリューション事業・システム開発受託事業・技術サービス事業
URL: https://itec.hankyu-hanshin.co.jp/

ArchiTekの概要

ArchiTekは、小型・低消費電力でありながら身の周り(エッジ)でスマートにAIや画像処理が実行できるエッジAIチップAiOnIc(R)(※)を独自開発したJ-Startupベンチャーです。

同チップは、様々なAI処理により必要な情報やデータをリアルタイムに検知できるため、安全・安心な暮らしを支えるDXプラットフォームとして、ArchiTekは同チップのグローバル展開を目指しています。

※ AiOnIc(R)は、AI処理と画像・音声処理を1chipで実現できるため、同チップの活用により、小型・低コストの組込みシステムの構築が可能となります。

また、冷却ファンが不要であるため、システムの信頼性が向上することに加えて、バッテリー動作が可能なので設置の自由度が向上します。

商号:ArchiTek株式会社
本社所在地:大阪市西区北堀江1丁目1番29号(四つ橋MT長谷ビル2階)
代表者:代表取締役 高田 周一
設立:2011年9月
事業内容:エッジAI及び画像処理プロセッサの論理回路開発並びにソフトウェア販売
URL: https://architek.ai/ja/business-home-jp/

阪神電気鉄道株式会社 https://www.hanshin.co.jp/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/57036b389556d9bd6a99d1c530f69a66c023b556.pdf

引用元:PRTIMES

関連記事

  • 岩沼市と東日本電信電話株式会社宮城事業部との地域課題解決に向けたDXに関する実証実験の開始について

  • 単独“初”!サステナブル・ラボ、エン・ジャパンと共に「ソーシャルインパクト採用プロジェクト」開始

  • NECソリューションイノベータ株式会社がカスタマーサクセスプラットフォーム「coorum(コーラム)」を導入

  • LeapMind 、「Efficiera® 異常検知モデル」を開発 外観検査に特化、エッジAIを活用した迅速でセキュアな製造現場DXが可能に

  • 「invox受取請求書」が複合機向けアプリケーション「Quickスキャン」と連携

  • 大林組 ロボティクスセンターにugo Proを導入

News

  • 岩沼市と東日本電信電話株式会社宮城事業部との地域課題解決に向けたDXに関する実証実験の開始について

  • 単独“初”!サステナブル・ラボ、エン・ジャパンと共に「ソーシャルインパクト採用プロジェクト」開始

  • 「invox受取請求書」が複合機向けアプリケーション「Quickスキャン」と連携

  • LeapMind 、「Efficiera® 異常検知モデル」を開発 外観検査に特化、エッジAIを活用した迅速でセキュアな製造現場DXが可能に

  • NECソリューションイノベータ株式会社がカスタマーサクセスプラットフォーム「coorum(コーラム)」を導入

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中