㍿REAL FINTECHが商号の変更に伴い、新しい稼ぎ方に対応した報酬提供インフラサービス「RealPay」のサービス名称を「デジタルウォレット」へ変更

株式会社デジタルプラス(代表取締役社長:菊池 誠晃、本社:東京都渋谷区、東証グロース: 証券コード 3691、以下「当社」)の連結子会社である株式会社REAL FINTECH(以下「REAL FINTECH」)は、2022年10月1日に商号を変更いたします。また商号変更に伴い、REAL FINTECHが運営しております、新しい稼ぎ方に対応した報酬提供インフラサービス「RealPay」のサービス名称を「デジタルウォレット」へ変更、急成長中のサービスであるデジタルギフト®との連携を強化したサービス展開を推進し、クライアントやユーザーにとって、より利便性の高いサービスとなるよう機能の拡充やサービスの強化を行ってまいります。

変更に至る経緯、目的

グループとしての一体感をより強め、グループ経営の推進、更なる事業発展を目指すため、REAL FINTECHの商号を「株式会社デジタルフィンテック」へと変更することにいたしました。また、現在REAL FINTECHではRealPay、デジタルギフト®、2つの独立しているサービスをそれぞれ運営しておりましたが、RealPayのサービス名を「デジタルウォレット」へとリニューアルするとともに、新たに複数の機能を拡充、デジタルギフト®の新機能としてデジタルウォレットを活用できるようにサービスを連携し、デジタルギフト®をより強化させていくことにいたしました。今後は、デジタルギフト®を主軸としたサービス展開を推進、事業拡大を目指し邁進してまいります。

デジタルウォレットの将来展望、新機能について

デジタルギフト®におけるウォレット機能としてサービスをリニューアル、新たな機能として、以下機能をリリース予定です。※記載している機能は一部となります。

  • ギフト一時保存機能
     └通常、ギフト受け取り後はすぐに受け取り方の選択をする必要があるところを、
      一時的にギフトを保存、後から好きなギフトを選ぶことができる機能
  • 端数ギフトのポイント保持機能
     └1円単位で受け取ったギフトなどにて、ギフトとして受け取る分とは別に
      端数分をポイントとして貯めることができる機能
  • 個人情報保存(保護)機能
     └受け取り時に個人情報の記入が必要な受取先を選択する際、
      個人情報を保存するだけでなく顔認証などにより保護する機能

こちらに記載している以外にも多くの機能を実装予定、デジタルギフト®をより利便性の高いサービスへと進化させ、サービスの利用拡大を強化してまいります。

新しいサービスロゴについて

財布を表すアイコンは、デジタルプラス、デジタルフィンテックの頭文字であるDをモチーフにしており、財布の開け口部分でウォレットのWを表現、赤色はデジタルギフト®のロゴにあるリボンのカラーと合わせ統一感を出し、ロゴ同士の調和をとっております。

デジタルギフト®の対面市場について

日本国内のギフト市場は約 10 兆円と言われており、当社はその中でも、商品券・ギフト券などの金券市場がターゲット市場にあたると捉え、金券市場からギフト市場全体を掌握していくこととしてサービスの開発・改善を推進しております。2022 年度 9 月期においては、金券市場を抑えるために、「1.手数料無料化」、「2.受取先拡充」、「3.認知度向上」 を戦略上の重要なポイントとしてあげています。

「デジタルギフト®︎」について

「デジタルギフト®︎」(https://digital-gift.jp/can)は、サブスク型のデジタルギフト・サービスであり、従来、紙券として発行していたギフト券をデジタル化し、手軽に贈り受け取ることが可能です。キャッシュレス決済の普及により、商品券のデジタル化への需要は急速に高まっており、同サービスが属するデジタルギフト市場は今後急速に拡大が見込まれる注目の分野です。「デジタルギフト®︎」では、契約プランに応じて様々な機能をご用意しており、オリジナルデザインの設定や自社商品のギフト化、インスタントウィンを利用したキャンペーン等が可能です。継続的なサービス刷新、適切な価格設定・提供スピードで競合優位性を確立しております。

利用イメージ(ユーザー)
利用例

アンケート回答、資料請求、お見積もりの謝礼、社内イベントのインセンティブ、etc.

REAL FINTECH運営サービスについて

  • RealPay:https://realpay.jp/
    コロナ禍によって生まれた投げ銭メディアなどの新しい稼ぎ方に対応した報酬提供インフラ
  • デジタルギフト®:https://digital-gift.jp/
    紙券として発行していたギフト券をデジタル化、手軽に利用できるデジタルギフト・サービス

株式会社デジタルプラス 会社概要

社名 株式会社デジタルプラス
代表取締役社長 菊池 誠晃
所在地 〒151-0062東京都渋谷区元代々木町30-13    
設立年月日 2005年7月29日
事業内容 GAFAメディア事業・フィンテック事業
コーポレートサイト https://digital-plus.co.jp/

株式会社REAL FINTECH 会社概要

社名 株式会社REAL FINTECH
代表取締役社長 菊池 誠晃
所在地 〒151-0062東京都渋谷区元代々木町30-13
設立年月日 2016年4月20日
事業内容 フィンテック事業
サービスに関するお問い合わせ先

株式会社デジタルプラス 担当 古瀬
TEL:03-5465-0695 Email:info@digital-plus.co.jp 

当リリースに関するお問い合わせ先

株式会社デジタルプラス PR担当 佐藤
TEL:03-5465-0690 Email:pr@digital-plus.co.jp

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿Borderlessが、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」において、募集による投資申込みの受付を開始することを発表

  • ㍿情報基盤開発が、従業員の心身の健康管理に関するサービスを提供する㍿メンタルヘルステクノロジーズと業務提携契約を締結

  • NTT印刷㍿が、新たに「まるごと電子化日報業務効率化パッケージ」をサービスラインアップに追加し、提供を開始

  • ㍿カヤックが、㍿リビングハウスの一部株式を取得し、資本業務提携を締結

  • サグリ㍿が、これまで目視で行われていた農地パトロール調査を、衛星データとドローンを活用することで、農業委員会が効率的な調査を行うことを実現

  • ㍿キャリアボットが、就活生を支援してきたことで培ったノウハウを活かし、より多くの就活生を支援すべく会員制オンライン就活支援サービス「CAREERBOT PRIME」を無料で開始

News

  • ㍿Borderlessが、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」において、募集による投資申込みの受付を開始することを発表

  • ㍿情報基盤開発が、従業員の心身の健康管理に関するサービスを提供する㍿メンタルヘルステクノロジーズと業務提携契約を締結

  • NTT印刷㍿が、新たに「まるごと電子化日報業務効率化パッケージ」をサービスラインアップに追加し、提供を開始

  • ㍿カヤックが、㍿リビングハウスの一部株式を取得し、資本業務提携を締結

  • サグリ㍿が、これまで目視で行われていた農地パトロール調査を、衛星データとドローンを活用することで、農業委員会が効率的な調査を行うことを実現

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中