博報堂が⽇本発ブロックチェーンのAstar Networkを活用して、企業のWEB3.0市場参入支援を開始

 株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸、以下博報堂)の広告事業を超えた新規事業開発を目指すミライの事業室は、⽇本発のパブリックブロックチェーンであるAstar Networkの開発をリードするStake Technologies Pte Ltd(本社:シンガポール、代表取締役CEO:渡辺創太)と共にクライアント企業のWEB3.0市場への参入支援を開始いたしました。
 第一弾として、カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:伊藤 秀二)が、CryptoGames株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:小澤 孝太)の提供する農業体験ゲーム「Astar Farm」上で実施するNFTゲーム施策を開発いたしました。

 近年、インターネット界の大きなトレンドとして注目されている「WEB3.0」。中央集権型のWEB2.0と違って、WEB3.0はデータ所有権を分散管理することで、情報を民主的に取り扱うことが可能となる、分散型のインターネット社会の到来として期待が集まっています。
 また、数年前の暗号資産トレンドとは異なり、投資家のみならず生活者も参加しやすいWEB3.0サービスの開発に取り組む企業も増えています。
 生活者向けのサービスが少しずつ広がりを見せている一方、ブロックチェーン、NFTなどの新技術に関する知見やスキル不足、特に欧米発のサービスが多く、日本企業にとっては、言語の問題などでサービス開発・実装が困難で、WEB3.0市場への参入へのハードルが高いのが現状です。さらに、生活者にとっても同様に暗号資産に慣れ親しんだユーザー以外には、活用が進んでいない状況となっています。

 今回連携するAstar Networkは、日本発のパブリックブロックチェーンであるため、日本へのサポートが手厚く、日本の大手企業やIPコンテンツと連携しやすい環境にあります。博報堂は、このAstar Networkを活用し、クライアント企業のWEB3.0市場でのサービス開発などを行い、より多くの生活者がWEB3.0に参加できる世界の構築を目指してまいります。

当取り組みの第一弾として、CryptoGames株式会社が提供する農業体験ゲーム「Astar Farm」上でカルビー株式会社のWEB3.0上でのNFTゲーム施策を開発いたしました。
 「Astar Farm」は、暗号資産を預けることで、畑に種をまき野菜を育て、収穫した野菜を販売できるGameFi(ゲームをプレイすることで報酬・利益を得る仕組み)です。
 今回開発した本施策では、Astar Farm上でバーチャルなじゃがいもを収穫したユーザーに抽選で、カルビーのリアルなじゃがいもの商品が届くキャンペーンを本日より実施し、WEB3.0とリアルを繋ぐ新しいマーケティング施策の取り組みを検証してまいります。
 今後、博報堂ミライの事業室は、国境や地域といった隔たりがなく、生活者と繋がることができるWEB3.0の特徴を活かし、Astar Networkを活用しクライアント企業のグローバルマーケティングも支援してまいります。

■ Astar Networkについて
Astar Networkは、日本人の渡辺創太氏が立ち上げた日本発のパブリックブロックチェーン。異なるブロックチェーンをつなげ、WEB3.0の基幹インフラを目指すポルカドットのパラチェーンに世界で3番目に選ばれており、将来性が期待されている。また「dAppsステーキング」というアプリ開発者を支援する仕組みがあるため、WEB3.0サービスを開発しやすい環境整備を行っている。

■Stake Technologies Pte Ltdについて
Stake Technologies株式会社は、EVMやLayer2ソリューション、そして異なるチェーンとのブリッジ機能などを有する、Polkadot/Kusamaメインネットとのハブブロックチェーン「Astar Network/Shiden Network」を開発しています。
同社は約33億円規模のファンドを組成しており、「Astar Network/Shiden Network」に貢献するプロジェクトや組織に経済的支援と技術的支援の両方を行っています。
 会社名:Stake Technologies Pte Ltd
 所在地:63 Chulia Street Singapore #15-1
 代表者:CEO 渡邉創太
 プロダクトURL: https://astar.network/
 Twitterアカウント: https://twitter.com/AstarNetwork

■ CryptoGamse株式会社
NFTサービスの開発を行うCryptoGames株式会社は、ウォレット・イーサリアムなしで遊べるブロックチェーンゲーム『クリプトスペルズ』を2019年6月25日に正式リリースしています。クラウドセールの売上は900ETHを突破し、当時日本最高記録となりました。2020年6月には初の地上波テレビCMも実施しました。
2021年3月にクレジットカード決済対応の、クリエイターのNFT販売プラットフォーム「NFTStudio」をリリースし、2021年4月に「NFTStudio OEM」の提供を開始いたしました。
 会社名: CryptoGames株式会社
 設立:2018年4月20日
 資本金:7,300万円(資本準備金含む)
 代表取締役:小澤 孝太
 事業内容:ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」、NFTサービスの開発運営
 URL:http://cryptogames.co.jp/
 Email:info@cryptogames.co.jp

■ Astar Farmについて

Astar Farmは、ユーザーが暗号資産のASTARを「dAppsステーキング」することで畑の種を獲得し、育てた作物を売却することでASTARを獲得できるサービスです。本サービスはAstar Network上、世界初のDeFi+GameFiモデルになっており、2018年よりブロックチェーンゲームの開発を行うCryptoGames社の知見を生かし、新しいモデルのdAppsサービスの創出に挑戦して参ります。
 HP:https://astarfarm.com/
 Twitter:https://twitter.com/AstarFarm
 Discord:https://discord.gg/MjKABjR8me

引用元:PRTIMES

関連記事

  • TAMAGO Groupがクリエイター及びそのファンによる共同研究開発を支援する「TAMAGO」を発足し、NFTインキュベーションプラットフォーム「DIGIEGGS」のホームページを公開

  • ㍿文化資本創研のデジタル・オープンイノベーション・キャンパス準備委員会が、デジタル・オープンイノベーション・キャンパスを設け、産学連携での「DAO」の実証実験の実現に向けて着手

  • ㍿J-CAMが提供する「BitLending」が、正規版サービスをリリース

  • ㍿Space Viewが、新たな事業の柱としてメタバース事業に参入する事を発表

  • ㍿プレイネクストラボがが、「LINE SMART CITY GovTechプログラム」に「Lアラート」を連携できるオプションサービスをリリース

  • ㍿GValue東北が、弘前市内で取り組まれる地域DXの具現化を図る事業へのシステム提供及び、委員会へ参画を発表

News

  • TAMAGO Groupがクリエイター及びそのファンによる共同研究開発を支援する「TAMAGO」を発足し、NFTインキュベーションプラットフォーム「DIGIEGGS」のホームページを公開

  • ㍿文化資本創研のデジタル・オープンイノベーション・キャンパス準備委員会が、デジタル・オープンイノベーション・キャンパスを設け、産学連携での「DAO」の実証実験の実現に向けて着手

  • ㍿J-CAMが提供する「BitLending」が、正規版サービスをリリース

  • ㍿Space Viewが、新たな事業の柱としてメタバース事業に参入する事を発表

  • ㍿プレイネクストラボがが、「LINE SMART CITY GovTechプログラム」に「Lアラート」を連携できるオプションサービスをリリース

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中