フレクト、MuleSoft Anypoint Platform® 導入における支援オファリングプログラムの提供を開始

デジタルトランスフォーメーション(以下DX)の実践には、新サービス・新業務を既存の業務やシステムと円滑に接続することが欠かせません。その一方で、昨今のSaaSの普及に伴い、社内で利用するシステムの数は大幅に増加しています。DXに取り組む企業は、膨大なシステム・データソースを横断して一貫性を維持する課題に直面しています。業務の効率化などビジネス課題の解決においても、企業内で数多くのシステムを統合する必要があります。

多種多様なシステムと業務を繋いだDX成功のアプローチの1つが、API主導の接続です。MuleSoft社が提供するMuleSoft Anypoint Platformの上でAPIを効率的に開発、その開発したAPIを再利用して開発プロセスを効率化し、ITサービスの市場投入までの時間を短縮することが可能となります。

今回フレクトは、過去のプロジェクト実績に基づく知見を取りまとめ、MuleSoft Anypoint Platform Quick Start ProgramとMuleSoft Anypoint Platform PoC Programの提供を開始します。これらのオファリングプログラム提供によってスピーディに初期開発・PoCを行い、顧客のDXを推進します。

MuleSoft Anypoint Platform Quick Start Program概要

MuleSoft Anypoint Platform Quick Start Programは、MuleSoftの導入をスムーズに開始するため、小規模の初期開発プロジェクトを支援します。通常3ヵ月の期間を要するところを6週間という短い期間で、要件定義から構築・テスト・リリースを行います。

※1 着手時にMuleSoftライセンスが有効化されている必要があります。
※2 実際の費用およびスケジュールは、要件や条件によって変動します。

想定API仕様例

SalesforceにあるCRM情報とオンプレミスの顧客データベースへ同時に接続するAPIを提供することで、データ移行や統合データベースを必要とせず、他のシステムからは統合された顧客情報として参照することが可能となります。

MuleSoft Anypoint Platform PoC Program 概要

MuleSoft Anypoint Platform PoC Programは、MuleSoft本格導入に先立ち、トライアル環境を用い、1か月から2.5か月の短期間でのPoC活動を支援します。PoC Programでは、お客様に合わせた2つのプログラムを提供します。

API開発生産性検証

MuleSoftの強みの1つは、製品が提供している多様なコネクタとローコード開発による開発生産性の向上です。このプログラムでは、顧客社内の開発者とハンズオンで開発を行い、API開発の生産性が高くなることを実感していただくためのPoCです。検証結果としてMuleSoftとJavaでの開発生産性比較レポートを行います。

※上記は一例です。お客様のご要望に応じたプログラムをご提案します。

既存システム接続性検証

既存システムとのAPI連携を実際に行うことで、コネクタによる接続性を体感していただくためのPoCです。このプログラムでは、顧客毎のシステム環境の中で、実際に接続したいシステムとMuleSoft Anypoint Platform上のAPI間で、接続トライアルを実施します。連携先システムとの汎用的な操作を1か月のトライアル期間で検証することで、これに続く本格的なプロジェクトの計画の精度を高めます。

※連携先のシステム環境により、検証内容/期間/費用が変動します。
※30日間を超えてPoCを行う場合、ライセンスについてMuleSoft社への確認が必要です。

​フレクトは、サイロ化されたサービスとデータを統合されたAPIにより解放し、新たな顧客体験を生み出すご支援を進めています。MuleSoft Anypoint Platform Quick Start ProgramとMuleSoft Anypoint Platform PoC Programのオファリングを通じ、企業の成長とDXを推進するとともに事業拡大に向けた支援を行います。

MuleSoft, a Salesforce companyについて

MuleSoftは、世界No.1の信頼を誇るインテグレーションとフルライフサイクルAPI管理のプラットフォームを提供し、システムがどこにあってもデータを容易に連携させ、コネクティッドなエクスペリエンスを迅速に創出します。業種を問わず世界で数千におよぶお客様がMuleSoftを採用され、スピードと俊敏性を備えたイノベーションの推進を実現されています。詳しくは、https://www.mulesoft.com/jpをご覧ください。

フレクトは、MuleSoftのパートナー企業です。
https://www.mulesoft.com/jp/integration-partner/finder
※ MuleSoftは、MuleSoft Inc., a Salesforce companyの登録商標です。その他の全ての社名、商品名等は、各所有者の商標または登録商標です。
※ サービスは一例となります。詳細は個別にてお問い合わせください。

会社概要

株式会社フレクトはクラウド先端テクノロジーとデザインで企業のDXを支援するマルチクラウド・インテグレーターです。あらゆるヒト、モノがデジタルでつながる社会において、デジタルに最適化された新しい顧客体験をカタチにし、顧客中心型のビジネス変革を支援していきます。

本社: 〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-6 NTT日比谷ビル4階
代表者: 代表取締役CEO 黒川 幸治
設立: 2005年8月
資本金: 301,181,689円(2021年9月末日時点)
TEL: 03-5159-2090
FAX: 03-5159-2091
事業内容:クラウドインテグレーションサービス、IoT関連サービス等、モビリティ業務最適化クラウド「Cariot(キャリオット)」

企業サイト: https://www.flect.co.jp

引用元:PRTIMES

関連記事

  • データを活用した医療のデジタル化と臨床試験のDXを目指すテックドクターが、シリーズAラウンドで5億円を調達し、累計調達額6億円に。

  • スポーツクラブ・スクールや習い事の連絡網・決済システム「Sgrum」がIT導入補助金対象のITツールに認定

  • 【先着10社様 初期費用無料!】株式会社ScrumyがWeb3時代のまったく新しい「法人データストレージ」お試し体験サービスの先行申込受付を開始

  • ティップネス、「電子帳簿保存法」対応のため経費精算システム「eKeihi」を採用

  • DXで食品産業の課題解決を目指すGoals、シリーズAで総額15.5億円の資金調達を実施

  • 世界9カ国のビジネスリーダーを対象とした「グローバル・サステナビリティ・トランスフォーメーション調査レポート2022」を公開

News

  • ティップネス、「電子帳簿保存法」対応のため経費精算システム「eKeihi」を採用

  • 【先着10社様 初期費用無料!】株式会社ScrumyがWeb3時代のまったく新しい「法人データストレージ」お試し体験サービスの先行申込受付を開始

  • スポーツクラブ・スクールや習い事の連絡網・決済システム「Sgrum」がIT導入補助金対象のITツールに認定

  • データを活用した医療のデジタル化と臨床試験のDXを目指すテックドクターが、シリーズAラウンドで5億円を調達し、累計調達額6億円に。

  • DXで食品産業の課題解決を目指すGoals、シリーズAで総額15.5億円の資金調達を実施

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中