データドリブンで各エリアの特色・強みを活かした街づくりを目指すscheme vergeへ追加出資を決定

 創業期のスタートアップから出資・インキュベーションを行う株式会社サムライインキュベート(本社:東京都港区、代表取締役:榊原 健太郎、以下「当社」)は、運営する「Samurai Incubate Fund 6号投資事業有限責任組合」(以下「サムライ6号ファンド」)より、scheme verge株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役CEO:嶂南 達貴、以下「scheme verge」)へ追加出資を決定いたしましたのでお知らせいたします。

■scheme vergeについて
 scheme vergeは、各地方の特色や強みを活かした街づくりを目指して「Horai」を中心とした3つのサービスを展開するスタートアップです。
 観光客や消費者向けには、目的地の発見をベースにしながら最適な旅行計画や事前の予約・決済など旅行体験をフルサポートします。目的地以外にもエリア内で他に行きたい場所が見つかりやすく、自動でおすすめプランを提案し、そのスケジュールから移動手段の予約や決済も行えます。そのため移動や入場もスムーズでシームレスな旅を実現できます。
 また、エリア内事業者向け「Horai for Biz」では、顧客体験向上・顧客増加を目指して、予約や入退室管理・決済管理、シフト最適化などのオペレーションを統一して利用できます。顧客データが蓄積することで様々なサービス展開に活かすことが可能です。
 さらにエリアデベロッパー向けに、各サービスから得られるデータを活用した不動産開発支援をしています。データドリブンなコンテンツや不動産開発を行うことができるため、初期の街づくりを行った後にもエリア価値を高める不動産開発をアジャイルに行うことが可能です。
 これらの各々が必要とするプロダクトを提供することで横断的なデータが蓄積し、得られたデータから機能的価値を強化することができます。それにより、エリア内のお店・移動・コンテンツが便利でより楽しいものとなり、来訪者・生活者が増えることで不動産・地域価値を高めていくことができます。


 当社は、2030年に向けて今後10年かけて実行するビジョン「SAMURAI VISION 2030」※にて、国内外の投資事業を通じ、世界で課題を抱える約9億人の人々を対象とする課題解決を目指しています。今後も当社は、社会課題の解決にチャレンジするスタートアップ・起業家への出資・成長支援を進めてまいります。

注釈:2021年3月15日付発表 プレスリリース参照
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000155.000014738.html

【scheme verge会社概要】


社名:scheme verge株式会社
設立:2018年7月24日
代表:代表取締役CEO 嶂南 達貴
所在地:東京都文京区本郷3丁目28-10 柏屋ビル2-2階/3階
URL:https://www.schemeverge.com/

■scheme verge 代表取締役 嶂南 達貴 氏 コメント

COVID-19により生活スタイル・働き方の多様化が加速してゆくなか、従来の通勤・通学などルーティンを前提とした街づくりでは人々のニーズの満たせない時代がやってきます。都市の全機能がサービス化し、特色・強みをもちながら相互に接続・連携してゆく「Urban as a Service」の世界観が、非住民の非日常ニーズに応える観光分野だけでなく、商店街、雑居ビル街、別荘地...あらゆる領域に進展していきます。瀬戸内の国際芸術祭をめぐる海上モビリティの最適化から始まったscheme vergeですが、今回のラウンドを通じてより汎用的なソリューションと運用体制を構築し、街づくり・エリアマネジメントのDXを強固に推進して参ります。ぜひ皆様とも連携ができればと思います。
最後に、この度私たちの考えにご賛同くださった皆様はもちろん、前回に引き続き「都市のイノベーション」というミッションに共感いただきフォローオンで投資くださったサムライインキュベートの皆様に御礼を申し上げます。引き続きのご指導・ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

■本出資について
Investment Manager Investment Group 坪田 拓也

前回ラウンドに続き、当ラウンドでも出資させていただきました。2019年秋にフィンランドやオランダといったMaaS・スマートシティ先進国に足を運び当領域に強い関心を抱いていた頃、scheme verge社の描く壮大かつ具体的なビジョンとそれを実現し得るチームに出会い、とても魅力に感じて支援いたしました。その後新型コロナによる想定外の事態が発生しましたが、事業者のニーズに合わせて柔軟に事業展開を進めたことで、よりscheme verge社が目指す世界に近づく結果となったと思います。そして当ラウンドで新たに強力な投資家の方々とご一緒できることを大変心強く感じています。データ駆動で効率化、最適化しながらも各エリアの特色を生かした持続的かつさらに高い価値提供を行う街づくりのために、scheme verge社は不可欠なピースになると信じています。

■サムライ6号ファンド概要
名称:Samurai Incubate Fund 6号投資事業有限責任組合
投資対象エリア:日本、イスラエル、アフリカ
投資対象領域:物流、ヘルスケア、リテールテック、フィンテック、建設、MaaS中心
投資ラウンド:プレシード〜シリーズA
投資金額:500万円〜5,000万円程度

■会社概要
社名:株式会社サムライインキュベート
住所:東京都港区六本木1-3-50
設立:2008年3月14日
代表:代表取締役 榊原 健太郎
URL:https://www.samurai-incubate.asia/

以上

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ヤプリ、アプリ開発にさらなる自由を与える新機能を多数発表〜モバイルDXを加速させる”デザイン・施策・連携”を強化〜

  • オロ、ビジネスモデルにあったデジタル広告を可能にする独自指標「PGI」を開発

  • 【資金調達】ITエンジニア向け見積もり作成のDXツールを展開する株式会社EngineerforceがSEEDラウンドにて総額3,500万円調達!

  • 製薬・医療機器メーカー向けのプロモーションSaaSを提供する株式会社フラジェリンが、大阪オフィスを「WeWork なんばスカイオ」に開設

  • エンジニア組織の活動量を自動解析し、生産性向上をサポート エンジニア組織支援SaaS「Findy Teams」正式版をリリース

  • 株式会社ピー・アール・オーが新規事業特化型コンサルティングを行うunlockとDX関連の開発を必要とする新規事業プロジェクトの支援加速に向け業務提携を開始

News

  • ヤプリ、アプリ開発にさらなる自由を与える新機能を多数発表〜モバイルDXを加速させる”デザイン・施策・連携”を強化〜

  • オロ、ビジネスモデルにあったデジタル広告を可能にする独自指標「PGI」を開発

  • 【資金調達】ITエンジニア向け見積もり作成のDXツールを展開する株式会社EngineerforceがSEEDラウンドにて総額3,500万円調達!

  • 製薬・医療機器メーカー向けのプロモーションSaaSを提供する株式会社フラジェリンが、大阪オフィスを「WeWork なんばスカイオ」に開設

  • エンジニア組織の活動量を自動解析し、生産性向上をサポート エンジニア組織支援SaaS「Findy Teams」正式版をリリース

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中