UPWARD、国内約800万件の施設・店舗情報をフィールドセールス向けに提供するデータサービス「UPWARD DATA(アップワードデータ)」をリリース

三井物産株式会社の資本業務提携先であるFoursquare社の、潤沢かつ常に新鮮なデータが反映された営業地図の提供により、新規開拓営業における恒常的なアタックリストの拡張・アップデートを実現し、市場競争に打ち勝つタイムリーな顧客アプローチに貢献します。 

「UPWARD DATA」の機能 

「UPWARD DATA」は、CRMとシームレスに連携し、顧客情報を優先度別に可視化するデジタル地図「UPWARD」上にFoursquare社提供の「Places Database」内の施設データを連携し、新規開拓における営業リストを現場にリアルタイムに提供する新機能です。 

「新規事業におけるアタックリストがない / 足りない」「リスト内のデータが古い」「システムへの取り込みが困難」といった新規開拓営業における課題をすべて解決します。 

「UPWARD DATA」の機能は以下です。

 機能1)Foursquareのデータを地図表示、リスト表示  

機能2)データベース内の営業活動に有効な項目を参照 

機能3)営業の勝ちパターンに応じたデータの絞り込み 

機能4)活動データは数タップでかんたんにCRMへ取り込み(※) 

(※) Salesforceの場合、「UPWARD DATA」の情報をそのまま簡単に取引先やリード、取引先責任者として昇格することができます。 

「UPWARD DATA」開発の背景 

「UPWARD」はこれまで、「PayPay」の加盟店開拓(*)やダイハツ工業の法人事業新規開拓などを支援。市場競争を勝ち抜くための営業DXツールとして、大手企業を中心に約300社のお客様に導入されています。 

(*)  日経クロストレンド.“PayPay急拡大に陰の立役者 セールステックで訪問営業を最適化”,2019年12月12日 
 https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00251/00004/ 

新規開拓営業において飽和した市場で勝ち抜くには、「移動の効率性UP」「顧客体験の差別化」が非常に重要です。“闇雲”に飛び込み営業を行なうのではなく、事前に情報を得てターゲットを絞り込んだ上で、顧客に寄り添った提案を行なうことがシェア拡大のカギになります。 

しかし、こうした新規開拓において「営業リスト」についての課題は多く、実際にこれまでご支援したお客様から「リストが高くて購入できない」「過去購入したリストのデータが古い」「CRMへ連携させるのに手間がかかる」といったお悩みを伺っていました。そこで、Foursquare社の潤沢かつ新鮮なデータを自動的に取り込む「UPWARD DATA」を開発。開業日やSNSの情報、施設ジャンルといった項目を絞って地図上に可視化。ターゲット施設の最新情報をもとに、効率良く回ることができるようになります。さらに「UPWARD DATA」は、鮮度の高い情報の共有・蓄積で事業の基盤作りのスピードを高め、オンライン・オフラインのハイブリッドワークにおけるチーム作りに貢献します。 

ユースケース例) 

  1. 飲食店を対象とした決済サービス/デリバリー/予約システムの新規開拓営業 
  2. 美容院や歯科医院、クリニック、クリーニングなどを対象としたリース機材や消耗品の新規開拓営業 
  3. 外食産業や宿泊施設を対象とした食品・飲料卸/業務用キッチン機器/おしぼりなどの新規開拓営業 

また、UPWARDは2021年10月に「世界で戦い、勝てる企業」として経産省が運営するスタートアップ支援プログラム「J-Startup」認定企業に選出される(*)など注目を集めています。今回の全世界200の国と地域において1億以上の商業施設情報をカバーしているFoursquare社とのパートナーシップは海外進出を見据えての選択であり、「UPWARD DATA」の提供により、国内外のより多くの営業担当者の業務負荷を減らしつつ、営業組織の生産性向上を実現し、ミッションである「現場のラストワンマイルの革新」に向けて引き続き尽力いたします。 

(*) UPWARD、経済産業省のスタートアップ支援プログラム「J-Startup」企業に選定 
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000036.000015260.html  

「UPWARD」について 

「UPWARD」は、“営業活動のパートナー”として、モバイルワーカーの営業活動を支援している次世代型モバイルSFAです。2021年11月22日現在、大手企業を中心に約300社に導入いただいており、営業活動で把握した情報を現場でカンタンに蓄積するための入力UI/UX(ユーザーインターフェース/ユーザーエクスペリエンス)を提供しています。位置情報を活用し、入力した情報を顧客情報とあわせて地図上に自動で表示させることで、優先的かつ素早い営業計画の策定などを支援します。 

UPWARDについて、詳しくはこちらをご覧ください。  
https://upward.jp/feature/ 

会社概要

社 名 : UPWARD株式会社 
所在地 : 東京都中央区日本橋小網町11-9 ザ・パークレックス小網町第2ビル 3F 
代表者 : 代表取締役社長 CEO 金木 竜介 
設 立 : 2002年3月 
資本金 : 1億円 
事業内容: 次世代型モバイルSFAサービス「UPWARD(アップワード)」の開発、提供 
URL   : https://upward.jp/ 

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。 

引用元:PRTIMES

関連記事

  • 業務改革をもたらすデジタルツール発掘イベント「Less is More.」第8回を開催!

  • 静岡銀行の営業活動DXに向け、Salesforceを活用したコンタクト・センター拡充と営業支援システム刷新を支援

  • LINEでスタンプラリーの実現を目指す クラブネッツ、モバイルプロモーションのPKBソリューションと業務提携

  • Buddycomが次世代予測型見守りシステム「Neos+Care」と連携、業務負担軽減に貢献し介護現場のDX化を実現

  • 補助金・助成金DXのStaywayが補助金と地域金融機関、VCから総額7500万円のハイブリッド型資金調達を実施

  • DXビジネス強化のため、IBMビジネス・パートナー契約を締結

News

  • 業務改革をもたらすデジタルツール発掘イベント「Less is More.」第8回を開催!

  • 静岡銀行の営業活動DXに向け、Salesforceを活用したコンタクト・センター拡充と営業支援システム刷新を支援

  • LINEでスタンプラリーの実現を目指す クラブネッツ、モバイルプロモーションのPKBソリューションと業務提携

  • Buddycomが次世代予測型見守りシステム「Neos+Care」と連携、業務負担軽減に貢献し介護現場のDX化を実現

  • 補助金・助成金DXのStaywayが補助金と地域金融機関、VCから総額7500万円のハイブリッド型資金調達を実施

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中