D2CペットウェルネスブランドのPETOKOTO、獣医師 佐藤貴紀の取締役就任と新経営体制始動のお知らせ

株式会社PETOKOTO(東京都品川区、代表取締役 大久保 泰介、以下当社) は、佐藤 貴紀が取締役副社長CVO(Chief veterinary officer)兼獣医師に就任したことをお知らせいたします。今後、獣医療とITを掛け合わせたサービス向上及び新たな価値創造に取り組むとともに、上場に向けたガバナンス強化等を目的に、新経営体制を始動します。

背景

当社はミッションである「人が動物と共に生きる社会をつくる」を軸に、ペットがモノとして扱われる産業の「パピーミル」「殺処分問題」などの社会の大きな負を、デジタルのDXと家族品質のFX(Family Transformation)の力で解決を目指してきました。出逢いの場所として保護犬猫マッチングサイト「OMUSUBI」、情報の場所としてペットライフメディア「PETOKOTO」、食事の場所としてフレッシュドッグフード「PETOKOTO FOODS」を展開してきました。

「OMUSUBI」と「PETOKOTO」は合計で月間400万PVと国内最大級規模まで成長し、「PETOKOTO FOODS」は前年比600%増、前年月比1,000%増加(2021年2月)と多くの犬の飼い主であるお客様のご支持やビジネスパートナーの皆様の応援を追い風に成長を続けております。

佐藤は2015年から社外取締役として獣医療領域のサポートをしてもらっていましたが、臨床の経験をITを掛け合わせることで新たな価値創造を目指すため社内取締役に就任することとなりました。今後は新経営体制となり、これまでの知見や経験を活かしてお客様体験のさらなる向上や強い組織作りを指揮し、ミッションの実現を推し進めてまいります。

代表取締役社長 兼 CEO 大久保泰介のコメント

2015年の創業より多くの方に応援いただき、当社は地道にサービス開発改善を繰り返しながら、右肩上がりの成長を続けて参りましたが、ミッションへのゴールはまだまだ見えておりません。昨今はライフスタイルや働き方が急速に多様化し、それに伴ってペットの家族化がより進行しています。

一方で社会や産業は家族品質・基準でないこともまだまだ多く、課題は山積みです。それぞれの愛犬、愛猫との暮らしのニーズに迅速にお応えし、スマートで豊かなペットライフを支える力となるために、今後もお客様の声に真摯に耳を傾け、そして変化に柔軟に対応できる組織を作ることが必要不可欠だと考えています。今後もお客様との信頼関係を第一に、佐藤と力を合わせ、機能性・デザイン性・信頼性に優れた高品質なサービスをご提案していくと同時に、安心してPETOKOTOのサービスをご愛用いただける環境作りに邁進してまいります。

取締役副社長CVO 兼 獣医師 佐藤貴紀のコメント

2015年に大久保と出会い、ミッションである「人が動物と共に生きる社会をつくる」熱量の高さに心動かされ、社外取締役という立場で獣医療という側面からサポートしてきました。私が動物病院を開業した当初から「犬や猫たちそれぞれに合った情報や商品を提案したい」と感じてきました。

様々な情報が飛び交う中で、少しでも早く治療が出来ていれば助けられた命。「動物は話せない」からこそ、健康で長生きをするためには、飼い主と獣医師とが連携を取る動物病院の存在はもちろんのこと、正しい情報を知れるプラットフォームが重要だと考えています。

獣医師の経験を生かし、飼い主であるお客さまに寄り添い、PETOKOTOのサービス向上に貢献するとともに、ITを掛け合わせることで物理的な壁を超え、多くの犬や猫たちのQOL向上に取り組んでまいります。

【経歴】

7年の臨床経験を経た後、2008年に白金高輪動物病院を開院し院長に就任。2011年には分院である中央アニマルクリニック、ついでトリミングサロンへと拡大。2012年には、獣医循環器学会認定医を取得。2015年より株式会社PETOKOTOの社外取締役に就任。2017年に病院グループの全株式を売却し、JVCC株式会社(現:株式会社WOLVES Hand) COOとなり参画。2021年10月より株式会社PETOKOTOの取締役副社長 兼 CVOへ就任。

【書籍】

​​鉄人社「犬の急病対応マニュアル」「猫の急病対応マニュアル」
学研パブリッシング「犬の悩みなんでも相談室」
小学館ジュニア文庫「動物たちのお医者さん」

株式会社PETOKOTOについて

\仲間を探しています!採用募集開始!/
私たちはミッションである「人が動物と共に生きる社会をつくる」ため、活動しています。
産業や社会の負をテクノロジーとデザインの力で解決するため、仲間を探しています。
1年ぶりに採用をスタートしました。詳しくは下記リンクからご覧ください。
https://www.wantedly.com/companies/syrup 

私たちPETOKOTOは、犬や猫が苦手だった代表の大久保が一匹の犬との出逢いをきっかけに動物が大好きになり、殺処分問題をはじめとしたペットがモノとして捉えらえる社会やペット産業の負の課題を解決するため2015年に設立。「人が動物と共に生きる社会をつくる」ことをミッションに掲げ、すべての犬猫と飼い主さまのQOLの向上を目指して、DXとFX(Family Transformation)を通して家族品質の暮らしを提案するペットウェルネスブランドです。

出逢いの場として保護犬猫マッチングサイトの「OMUSUBI」、情報の場としてペットライフメディア「PETOKOTO」、食事の場として「PETOKOTO FOODS」を展開し、ペットライフのコンシェルジュプラットフォームを目指しています。

会社概要

【株式会社PETOKOTO】
所在地:東京都新宿区四谷本塩町2-8 WEEK四谷
代表者:代表取締役社長 大久保泰介
設立日:2015年3月23日
資本金:2億2,510万円(2021年8月末現在)
事業内容:保護犬猫マッチング事業、ペットライフメディア事業、ペットフード 事業
従業員数:17名
ホームページ:https://corp.petokoto.com

引用元:PRTIMES

関連記事

  • オロ、ビジネスモデルにあったデジタル広告を可能にする独自指標「PGI」を開発

  • 【資金調達】ITエンジニア向け見積もり作成のDXツールを展開する株式会社EngineerforceがSEEDラウンドにて総額3,500万円調達!

  • 製薬・医療機器メーカー向けのプロモーションSaaSを提供する株式会社フラジェリンが、大阪オフィスを「WeWork なんばスカイオ」に開設

  • エンジニア組織の活動量を自動解析し、生産性向上をサポート エンジニア組織支援SaaS「Findy Teams」正式版をリリース

  • 株式会社ピー・アール・オーが新規事業特化型コンサルティングを行うunlockとDX関連の開発を必要とする新規事業プロジェクトの支援加速に向け業務提携を開始

  • ビジネスカンファレンス「Carely Sustainable Expo 2021」を開催

News

  • オロ、ビジネスモデルにあったデジタル広告を可能にする独自指標「PGI」を開発

  • 【資金調達】ITエンジニア向け見積もり作成のDXツールを展開する株式会社EngineerforceがSEEDラウンドにて総額3,500万円調達!

  • 製薬・医療機器メーカー向けのプロモーションSaaSを提供する株式会社フラジェリンが、大阪オフィスを「WeWork なんばスカイオ」に開設

  • エンジニア組織の活動量を自動解析し、生産性向上をサポート エンジニア組織支援SaaS「Findy Teams」正式版をリリース

  • 株式会社ピー・アール・オーが新規事業特化型コンサルティングを行うunlockとDX関連の開発を必要とする新規事業プロジェクトの支援加速に向け業務提携を開始

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中