BlueMeme、インテリジェントなテスト自動化プラットフォームを提供するmablとパートナーシップを締結

株式会社 BlueMeme(ブルーミーム、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松岡 真功、 以下 BlueMeme)は、システム開発のライフサイクル全体にわたって、信頼性の高いテストをローコードで実施可能なプラットフォーム(SaaS)「mabl(メーブル)」を提供する米国mabl Inc.(本社:マサチューセッツ州、Co-Founder:Dan Belcher、Izzy Azeri/以下、mabl)とパートナーシップを締結いたします。

ローコード開発とアジャイル手法を組み合わせた独自の開発方法論を活用し、日本企業のシステム開発の内製化事業をけん引しているBlueMemeのナレッジと、最先端技術を用いてアジャイルチーム向けのローコード自動テストを実現できるテストプラットフォームを提供するmablの技術力を掛け合わせ、大規模な業務システム開発向けのテスト手法を新たに共同開発し、日本企業のDX推進における更なる貢献に協力してまいります。

本締結の背景と目的

BlueMemeは「最新技術を活用した次世代型の情報システム開発を実現し、日本企業の国際的な競争力を向上させる」というミッションのもと、独自の開発方法論「AGILE-DX」を用いたユニークな受託開発サービスの提供を通して、お客様のビジネスアジリティの向上を可能とするデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する事業を展開しています。

mablは、アジャイルチームが開発のライフサイクル全体にエンドツーエンドのテストを組み込むために使用できる、ローコードでインテリジェントなテスト自動化プラットフォームです。テストコードやテストスクリプトの記述の必要がないため、mablによってチームの誰もがテストの作成・実行・メンテナンスを簡単に行えるようになります。SaaSによるテスト自動化ソリューションをけん引する企業として、mablはお客様のテストカバレッジの拡大とアプリケーションの品質の向上、リリーススピードの短縮を支援しています。      

システム開発におけるテスト工程は、システムの品質維持において重要な役割を担っています。しかしながら、自動テストツールの活用にはテストスクリプト(テスト手順)の作成やメンテナンスに多大な労力を要するため、特にアジャイル手法やローコード開発を用いた開発現場において、品質保持と自動テストツールの導入によるコストの増加が大きな課題となっていました。

この度のパートナーシップ締結により、ローコード開発とアジャイル手法の効率的な運用を可能にしてきたBlueMeme独自の開発方法論「AGILE-DX」と、自動化技術を用いて開発のライフサイクル全体にわたり信頼性の高いローコードテスト基盤を提供するmablの技術を組み合わせることで、大規模なシステム開発に対応した新しいテスト手法の開発を実現します。これにより、日本企業におけるシステム開発の更なる効率化、自動化技術の導入による開発の内製化と日本企業のDX推進の加速を可能にします。

BlueMeme代表取締役 松岡真功 コメント

mablのローコードテスト自動化プラットフォームは、APIの自動テストやAIを活用したテストケースの自動修正等、大規模なアジャイル開発に必要な様々な機能を提供する最も優れた製品です。両社で新たなソフトウェアテストの方法論の開発を進めることで、急速に高まるアジャイルやローコードを活用したシステム開発の内製化のニーズに対応し、ソフトウェアテストの新しい時代を作っていきたいと考えております。

mabl Co-Founder, Izzy Azeri コメント

BlueMemeと共同でアジャイルかつスケーラブルなソフトウェアテストの方法論を開発できることを大変光栄に受け止めております。デジタルトランスフォーメーション領域におけるBlueMemeのリーダーシップは比類の無いものであり、同社とともにより多くの日本企業のためにインテリジェントなローコードテスト自動化プラットフォームを用いて、品質を重視したソフトウェア開発を支援できることを楽しみにしています。    

株式会社BlueMemeについて

BlueMemeは、2012年にローコード開発基盤「OutSystems」を日本で初めて導入し、日本のローコード開発市場を第一線でけん引してまいりました。当社独自の開発方法論「AGILE-DX」を用いてローコード技術とアジャイル手法の効果的な運用を実現しています。BlueMemeは、日本企業の国際的な競争力の向上に寄与すべく、ユニークな受託開発、コンサルティング、トレーニングを通してお客様のシステム開発の内製化とDXを支援しています。

社名 :株式会社BlueMeme
代表者 :代表取締役社長 松岡 真功
所在地 :東京都千代田区神田錦町3-20
資本金 :961,705,355円(2021年12月31日時点)
事業開始 :2009年8月(設立2006年12月・資産管理会社として設立後、現代表にて事業開始)
上場市場 :東証マザーズ(証券番号:4069)
URL :https://www.bluememe.jp/

mabl Inc.について

mablは、ソフトウェア開発チームがエンドツーエンドの自動テストを開発ライフサイクル全体に統合するためのインテリジェントなテスト自動化ソリューションを提供しています。mablのユーザーは信頼性の高いテストを簡単に作成、実行、メンテナンスすることができます。また、mablのプラットフォームにより高品質なアプリケーションの迅速な提供が可能になります。詳細は、https://www.mabl.com/japanをご参照下さい。Twitterで@mabljp、@mablhqもしくはLinkedInで@mablをフォローしてmablの最新のニュースをお受取り下さい。

社名:mabl Inc.
代表者:Dan Belcher、Izzy Azeri
所在地:38 Chauncy Street 9th Floor, Boston, MA
事業開始:2017年1月
URL:https://www.mabl.com/japan

引用元:PRTIMES

関連記事

  • LINE Xenesis株式会社が「LINE NFT」で、NFT無料配布機能を10月より提供開始

  • リンクトイン・ジャパン株式会社が「TOP STARTUPS 2022年版」を発表

  • 岩手県教育委員会がnoteで構築したオウンドメディアを公開

  • アリババクラウドがJP GAMES株式会社とグローバル顧客向けに新たなメタバースサービスを提供開始

  • イグニション・ポイント㍿が開発した、プロスポーツクラブ向けNFTコンテンツ運営支援サービス“NFT SCENES”を活用したNFTサイト「MatchUps」を開始することを発表

  • ㍿SAMURAI Securityが、相続DXサービス「サラス」とサラス連動型のNFCカード「Its-Ca」を組み合わせた、法人向けサービス「サラスPRO」の提供を開始

News

  • LINE Xenesis株式会社が「LINE NFT」で、NFT無料配布機能を10月より提供開始

  • リンクトイン・ジャパン株式会社が「TOP STARTUPS 2022年版」を発表

  • 岩手県教育委員会がnoteで構築したオウンドメディアを公開

  • アリババクラウドがJP GAMES株式会社とグローバル顧客向けに新たなメタバースサービスを提供開始

  • イグニション・ポイント㍿が開発した、プロスポーツクラブ向けNFTコンテンツ運営支援サービス“NFT SCENES”を活用したNFTサイト「MatchUps」を開始することを発表

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中