沖電気工業㍿が東日本旅客鉄道㍿の高輪ゲートウェイ駅において、リモートDXプラットフォーム技術「REMOWAY™」を活用して、メーカーの異なる複数のロボットを遠隔拠点から同時に運用する実証実験を実施

OKIは、東日本旅客鉄道株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:深澤 祐二、以下「JR東日本」)の高輪ゲートウェイ駅(東京都港区)において、リモートDXプラットフォーム技術「REMOWAY™(リモウェイ)」を活用して、メーカーの異なる複数のロボットを遠隔拠点から同時に運用する実証実験を本日より実施します。本実証実験では、高輪ゲートウェイ駅の改札外に開設された「Partner Base Takanawa Gateway Station」(注1)に、人と複数のロボットが共存する環境を構築し、駅構内でのロボットサービスの利用を想定して、複数のロボットの安全な自律動作を遠隔から途切れない通信で支える運用環境の有用性を検証します。

実証実験イメージ

「REMOWAY」は、人やロボット、センサー、IoT端末、インフラ装置など多種多様なエッジデバイスが混在する環境下でも、遠隔から柔軟に連携制御ができるプラットフォーム技術です。今回の実証実験では、屋内と屋外の空間を不特定多数の人が往来する駅構内においてメーカーの異なる複数のロボットと「REMOWAY」を連携した場合でも、通信が途切れることなく遠隔監視制御が可能かを検証します。これにより、駅構内で安心・安全にロボットサービスを利用するにあたっての運用課題となる、人とロボットの衝突リスクの回避、およびメーカーや用途が異なるロボットの一括運用への貢献を目指します。

実証実験の概要

目的:駅構内で安心・安全にロボットサービスを利用するにあたっての運用課題を解決するための技術検証
日時:2023年1月24日~1月25日
場所:JR東日本「高輪ゲートウェイ駅」構内「Partner Base Takanawa Gateway Station」
内容:リモートDXプラットフォーム技術「REMOWAY」を活用し、以下1,2の運用機能を検証
   1、人と複数のロボットが共存する環境において、人とロボットの衝突を回避する運用機能
   2、メーカーの異なる複数ロボットを途切れない通信で支え、各ロボットのサービスを持続させる運用機能

実証実験の概要図

本実証実験で使用しているロボット

  • 「SQ-2」(エスキューツー)
    SEQSENSE株式会社が開発した自律移動型警備ロボット。
    オフィシャルサイト:https://www.seqsense.com/
  • 「temi」(テミ)
    Robotemi社が開発した、AIアシスタント機能を持ち、自律移動と遠隔操作(テレプレゼンス)の両方が可能なスマート・ロボット。
    オフィシャルサイト:https://www.robotemi.jp/
  • 国内総代理店:株式会社hapi-robo st https://hapi-robo.com/
  • 販売代理店:株式会社マクニカ https://www.macnica.co.jp/
  • 「サウザー」
    株式会社Doogが開発した協働運搬ロボット。
    オフィシャルサイト:https://doog-inc.com/

用語解説

注1:「Partner Base Takanawa Gateway Station」
将来を見据えたまちづくりのため、最新の駅サービス設備の導入やロボット運用の実証実験を進めている施設。

リリース関連リンク

高度遠隔運用を実現するリモートDXプラットフォーム技術「REMOWAY」を開発
https://www.oki.com/jp/press/2022/09/z22041.html

高輪ゲートウェイ駅におけるロボットの活用について(JR東日本プレスリリース)
https://www.jreast.co.jp/press/2020/20200707_ho02.pdf

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • REMOWAYは、沖電気工業株式会社の商標です。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先

広報室
お問い合わせフォーム
https://www.oki.com/cgi-bin/inquiryForm.cgi?p=015j

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

イノベーション推進センター 企画室
お問い合わせフォーム
https://www.oki.com/cgi-bin/inquiryForm.cgi?p=187j

引用元:PRTIMES

関連記事

  • パーソルホールディングス㍿が人的資本経営における、育成・リスキリングに関する企業の取り組み実態調査を実施

  • SUSMED㍿・ClinChoice㍿・㍿リニカルが業務提携し、効率的かつ効果的な臨床試験フルサポートサービスの提供を開始

  • キャディ㍿が米国に現地法人「CADDi Co., Ltd.」を設立

  • ㍿FCCテクノがサイボウズ㍿が提供する「kintone」と、freee㍿が提供する「freee会計」を連携する「キンフリ」をリリース

  • みずほリース㍿が野村不動産㍿が運営する、物流DX推進プラットフォーム「Techrum」に参画

  • ㍿ニーズウェルが企業の業務のDX化をサポートするソリューションとして、アセンテック㍿とともに「SharePoint活用サービス」を開始

News

  • パーソルホールディングス㍿が人的資本経営における、育成・リスキリングに関する企業の取り組み実態調査を実施

  • キャディ㍿が米国に現地法人「CADDi Co., Ltd.」を設立

  • SUSMED㍿・ClinChoice㍿・㍿リニカルが業務提携し、効率的かつ効果的な臨床試験フルサポートサービスの提供を開始

  • ㍿FCCテクノがサイボウズ㍿が提供する「kintone」と、freee㍿が提供する「freee会計」を連携する「キンフリ」をリリース

  • みずほリース㍿が野村不動産㍿が運営する、物流DX推進プラットフォーム「Techrum」に参画

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中