アクセンチュアが、デジタルツインによる不動産事業の変革に向けて東急不動産と協働

アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:江川 昌史、以下、アクセンチュア)は、東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡田 正志、以下、東急不動産)とデジタルツインを起点とした不動産事業モデルの変革に向けて協働することを発表します。

両社は、東急不動産が今後販売する物件を世界最高峰のCGI技術でデジタルツイン化します。精緻なCGI技術を活かして、すべての住戸内からの景観の見え方や日照、素材の質感に至るまでリアルに表現し、従来のモデルルーム機能に留まらない、かつてない体験の提供を目指します。

今後、物理的なモデルルームからデジタルツインに順次移行することにより、標準的なモデルルームの建設、運営および撤去による環境負荷を低減させ、サステナビリティ推進への貢献を図ります。さらにアクセンチュアは東急不動産と協働し、高精度で再現されたデジタル空間上で家具・家電の売買やリフォームなど継続的な顧客接点を生み出し、物件販売に留まらない、住まいのライフサイクル全体を通じた新しい共創型の事業開発へ挑戦します。

2022年度は、都内4か所の東急不動産の新築マンションをデジタルツイン化します。構築にあたっては、最高峰のCGI映像制作技術を持つクリエイターやエンジニアから成るチームを抱えるアクセンチュアソング(Accenture Song)が主導します。同チームは壮大な世界観をCGIで表現した人気海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」( https://www.mackevision.com/references/game-thrones-season-7-vfx-breakdown/ )のビジュアル・エフェクツ(VFX:視覚効果)のほか、大手自動車メーカー( https://www.mackevision.com/references/webspecial-for-mercedes-benz-class/ )で、デジタルツインを基に、新車のコンフィギュレーションサービスやテレビCM、カタログなど、広告素材の99%をCGに置き換えるなどの実績があります。

東急不動産株式会社 取締役 常務執行役員 亀島 成幸は、次のように述べています。「東急不動産は、東急不動産ホールディングスが掲げる長期ビジョン『GROUP VISION 2030』に基づき、DXを通した『顧客接点の高度化による感動体験の創出』を推進しており、デジタルコンテンツを活用したCX(カスタマーエクスペリエンス)向上に向けた取り組みを行っております。今年1月には、新築分譲マンション『BRANZ(ブランズ)』の販売( https://www.tokyu-land.co.jp/news/uploads/9948c88c70feae4dd0918f6033492131.pdf )において、アクセンチュアが提供する高精度でシミュレーションを行うデジタルツインや、3Dストリーミングサービスを活用し、物件をオンライン上で見学できるアプリケーションを開発・導入しました。高精度なバーチャルモデルルームを導入することで、これまでモデルルームの訪問が難しかったお客様を含め、すべてのお客様に最適化された、没入感のある環境で物件をご案内できるようになります。
ここで得た知見を踏まえてアクセンチュアとの協働範囲を拡大し、マンションの販売に留まらず、入居以降まで継続的な顧客接点も生み出し、住まいのライフサイクルを通じた新しい共創型の事業開発へ挑戦していきます」

アクセンチュア株式会社 執行役員 Accenture Song本部 統括本部長 黒川 順一郎は、次のように述べています。「デジタルツインはメタバースの基礎となる技術であり、顧客との関わり方や製品そのものの在り方さえも再定義する力を秘めています。メタバースが浸透することで、リアルとバーチャルを分けずに一貫した体験を届けることが企業に求められます。不動産事業に積極的にデジタルを活用しようとする東急不動産と、アクセンチュア ソングが持つCGI技術やビジネス変革力を組み合わせることで、不動産業界に変革をもたらし、東急不動産と顧客との価値ある関係構築とビジネス成長を支えていきます」

アクセンチュアについて
アクセンチュアは、デジタル、クラウドおよびセキュリティ領域において卓越した能力で世界をリードするプロフェッショナル サービス企業です。40を超える業界の比類のなき知見、経験と専門スキルを組み合わせ、ストラテジー&コンサルティング、テクノロジー、オペレーションズサービス、アクセンチュア ソングの領域で、世界最大の先端テクノロジーセンターとインテリジェントオペレーションセンターのネットワークを活用して提供しています。アクセンチュアは71万人の社員が、世界120カ国以上のお客様に対してサービスを提供しています。アクセンチュアは、変化がもたらす力を受け入れ、お客様、社員、株主、パートナー企業や社会へのさらなる価値を創出します。
アクセンチュアの詳細は http://www.accenture.com/us-en を、
アクセンチュア株式会社の詳細は http://www.accenture.com/jp をご覧ください。

引用元:PRTIMES

関連記事

  • TAMAGO Groupがクリエイター及びそのファンによる共同研究開発を支援する「TAMAGO」を発足し、NFTインキュベーションプラットフォーム「DIGIEGGS」のホームページを公開

  • ㍿文化資本創研のデジタル・オープンイノベーション・キャンパス準備委員会が、デジタル・オープンイノベーション・キャンパスを設け、産学連携での「DAO」の実証実験の実現に向けて着手

  • ㍿J-CAMが提供する「BitLending」が、正規版サービスをリリース

  • ㍿Space Viewが、新たな事業の柱としてメタバース事業に参入する事を発表

  • ㍿プレイネクストラボがが、「LINE SMART CITY GovTechプログラム」に「Lアラート」を連携できるオプションサービスをリリース

  • ㍿GValue東北が、弘前市内で取り組まれる地域DXの具現化を図る事業へのシステム提供及び、委員会へ参画を発表

News

  • TAMAGO Groupがクリエイター及びそのファンによる共同研究開発を支援する「TAMAGO」を発足し、NFTインキュベーションプラットフォーム「DIGIEGGS」のホームページを公開

  • ㍿文化資本創研のデジタル・オープンイノベーション・キャンパス準備委員会が、デジタル・オープンイノベーション・キャンパスを設け、産学連携での「DAO」の実証実験の実現に向けて着手

  • ㍿J-CAMが提供する「BitLending」が、正規版サービスをリリース

  • ㍿Space Viewが、新たな事業の柱としてメタバース事業に参入する事を発表

  • ㍿プレイネクストラボがが、「LINE SMART CITY GovTechプログラム」に「Lアラート」を連携できるオプションサービスをリリース

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中