㍿ソリトンシステムズが、IDaaSの「Soliton OneGate」でリスクベース認証に対応

報道関係各位

2022年11月2日

「Soliton OneGate」が国産IDaaS初となるリスクベース認証に対応

株式会社ソリトンシステムズ(代表取締役社長:鎌田信夫、以下ソリトン)は、IDaaS(ID管理・認証サービス、Identity as a service)の「Soliton OneGate」で、リスクベース認証に対応しました。

企業のDXが進み、重要な情報もクラウドで共有・活用することが一般的となりました。一方、認証情報の悪用やフィッシングなどによるセキュリティ・インシデントも著しく増加しています。この環境変化の中、今、セキュリティ・リスクへの対応、可視化が強く求められています。IDaaSによる認証セキュリティの強化は、その効果的な解決策の一つです。

ソリトンシステムズでは、Soliton OneGateに関し、2022年11月初旬、大幅なアップデートを行い、国産IDaaS初となるリスクベース認証を実装しました。リスクベース認証では利用デバイス、時間帯、位置情報などからログイン時の行動を動的に評価し、普段とは異なる不審な挙動を検出した場合、認証アプリを用いる追加の認証(2ステップ認証)を求めます。これにより、IT利用環境の異なるグループ会社や勤務時間帯が異なる海外拠点でも、大きな監視費用をかけることなく、侵入リスクを低減することが可能となります。

今回のアップデートでは、セルフサービスに対応した利用者ポータル、スマホを使用するWindows Sign In、Chromebookへの証明書配布などもサポートし、利便性と運用性の更なる向上をはかっています。Soliton OneGateは働く環境の変化に対応し、高いセキュリティと利便性を提供し続けます。

Soliton OneGate 2022, 11アップデートの主な内容

  • リスクベース認証 … ログイン行動を評価し、不審なログイン操作を制御
  • MFA(多要素認証… スマホ認証、OTP(メール通知)、2ステップ認証に対応
  • Windowsサインイン … スマホを利用したパスワードレスでのPCログオン
  • Azure AD連携 … ユーザー情報の源泉として、Azure ADをサポート
  • MDM連携 … Intuneによる証明書配布、Chromebookへの証明書配布
  • アプリロール機能 … 利用できるアプリ・サービスを利用者単位に管理

2022秋アップデート版デモ動画

https://www.soliton.co.jp/lp/onegate/demo.html

Soliton OneGateについて

大切な情報を管理しているクラウドサービスを、IDとパスワードだけで利用している状態は、第三者にとって、乗っ取りは容易です。正規の利用者であっても 会社が許可していない端末がアクセスできてしまう環境では、情報漏えいのリスクは大きく高まります。Soliton OneGate(ソリトン ワンゲート) を導入すると、パスワードの脆弱性を解決するデジタル証明書で、利用者と利用端末を特定し、企業の情報を不正アクセスから守ります。

Soliton OneGate製品紹介ページ

https://www.soliton.co.jp/lp/onegate/

株式会社ソリトンシステムズについて

設立以来、ソリトンシステムズは IT・エレクトロニクス業界にあって、常に新しい技術トレンドを見据え、いくつもの「日本で初めて」を実現してきました。近年は、認証を中心とした IT セキュリティからサイバー対策製品まで、また、携帯電話回線4G、5Gや Wi-Fi を利用したハイビジョン・レベルの映像伝送システム、リモートドライブなどに取り組んでいます。国産メーカーとして、オリジナルの「もの創り」、「独創」にこだわった製品とサービスを提供しています。

設立:1979年、売上173億円(2021年12月期・連結)、東証プライム
HP:https://www.soliton.co.jp/

Soliton OneGateに関する問合せ先について

株式会社ソリトンシステムズ ITセキュリティ事業部 
Tel: 03-5360-3811 netsales@soliton.co.jp

引用元:PRTIMES

関連記事

  • プレイネクストラボ㍿の提供する「スマート公共ラボ with LINE SMART CITY GovTechプログラム」が、香川県観音寺市のLINE公式アカウントに採用

  • ㍿エルテスが㍿フーモアと業務提携を行い、従業員のSNSリスクのマンガ教育教材「コミプラ」を共同リリース

  • ㍿駅探が北海道函館市赤川・三原エリアを中心としたエリアで、AIオンデマンド型運行「未来大AIマース」の実証実験を実施

  • 富士通Japan㍿が手術室の稼働率を向上し、病院経営を支援するソリューション「Fujitsuリソース最適化エンジンAssignment Master」を開発し、300床以上の大中規模病院向けに提供開始

  • ㍿エムケイシステムがクラウドストレージサービス「ShalomPost」のサービス提供を開始

  • ㍿トモヤが企業ユニフォームや学生服の申込・集計をサポートするユニフォームオーダー支援システム「TANQ」の本格的なサービス提供を開始

News

  • プレイネクストラボ㍿の提供する「スマート公共ラボ with LINE SMART CITY GovTechプログラム」が、香川県観音寺市のLINE公式アカウントに採用

  • ㍿エルテスが㍿フーモアと業務提携を行い、従業員のSNSリスクのマンガ教育教材「コミプラ」を共同リリース

  • ㍿駅探が北海道函館市赤川・三原エリアを中心としたエリアで、AIオンデマンド型運行「未来大AIマース」の実証実験を実施

  • 富士通Japan㍿が手術室の稼働率を向上し、病院経営を支援するソリューション「Fujitsuリソース最適化エンジンAssignment Master」を開発し、300床以上の大中規模病院向けに提供開始

  • ㍿エムケイシステムがクラウドストレージサービス「ShalomPost」のサービス提供を開始

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中