㍿野原ホールディングスが、総合建設会社に勤務する267人に「建設DXの部門別実態調査」というテーマでアンケート調査を実施

建設業界をアップデートする野原ホールディングス株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:野原弘輔)は、業界の環境配慮と生産性向上の両立を支援する建設DXサービスとして、BIM設計-生産-施工支援プラットフォーム「BuildApp」(ビルドアップ)およびニュースサイト「BuildApp News」(ビルドアップ ニュース)を提供しています。

このたび、総合建設会社(以下、ゼネコン)に勤務する267人に「建設DXの部門別実態調査」というテーマでアンケート調査を実施し、その結果を公表します。

今回の調査結果から、DX推進部門と各部門の連携がうまくいっているゼネコンほど、営業・施工・購買調達・積算・設計と各部門のDX化が進んでいることが判明しました。

アンケート結果サマリー

DX推進部門と各部門の連携がうまくいっているゼネコンほど、営業・施工・購買調達・積算・設計と各部門のDX化が進んでいる

アンケート結果トピックス

  1. ゼネコンの40%がDX推進部門との連携が「良好」と回答
  2. DX推進部門との連携が「良好な」ゼネコンの77%がBIMを活用
  3. 連携が良好なゼネコンでもっともDXが進んでいる部門は「設計が」83%でトップに

調査概要

調査方法:ゼネラルリサーチ株式会社のモニターを利用した WEB アンケート方式で実施
調査対象:ゼネラルリサーチ社登録モニターのうち、全国のゼネコンにお勤めの方を対象に実施
有効回答数:267人
調査実施日:2022年5月27日(金)~ 30日(月)

ゼネコンの40%がDX推進部門との連携が「良好」と回答

ゼネコン各社に「自社のDX推進部門(BIM推進部門、デジタル推進部門)との連携状況はどれにあてはまりますか?」というアンケートを行った結果、40%が「うまくいっている」と回答しました。

「どちらとも言えない」と回答したゼネコンが34%と最も多かったものの、「うまくいっていない」「存在しない」と回答したゼネコンは26%と少数であったことから、ゼネコン各社のDX推進はおおむね順調であると推測できます。

DX推進部門との連携が「良好な」ゼネコンの77%がBIMを活用

「あなたが担当する業務案件ではBIMを十分に活用していると言えますか?」という設問に対し、自社のDX推進部門と連携が「うまくいっている」と答えたゼネコンの77%が「活用できている」と回答しました。

自社のDX推進部門との連携が「うまくいっていない」「存在しない」と答えたゼネコンでは、担当業務で積極的にBIMを活用する割合はわずか17%に過ぎません。自社のDX推進部門との連携に成功しているゼネコンとそうでないゼネコンの間では、業務におけるBIMの利用割合に60%もの差があることが分かります。

この調査結果より、建設DXの推進や部門間の情報共有の効率化に、BIMは不可欠なツールであると言えます。

 連携が良好なゼネコンのうちDXが進んでいる部門は「設計」が83%でトップに

自社のDX推進部門との連携状況が「うまくいっている」と回答したゼネコンでは設計部門の83%が、「DXは進んでいる」と答えています。このことより、設計部門でBIMを積極的に利用していることが予測できます。その他部門でも60%以上と高い割合でDXが進んでいることから、部門に限らず業務でBIMを積極的に利用していることが推測できます。

「自社のDX推進部門との連携状況」が「うまくいっていない」「存在しない」と回答したゼネコンでは、施工部門におけるデジタル化の遅れが目立ち「DXが進んでいる」と回答した人はわずか8%に過ぎません。自社のDX推進部門との連携が良好なゼネコンは、そうでないゼネコンと比べて施工部門でもBIM活用をはじめとするDX化に積極的であると考えられます。

▼他の調査結果 ※「BuildApp News」に掲載しています。
https://news.build-app.jp/article/7323/ 

ニュースサイト「BuildApp News(ビルドアップ ニュース)とは

「BuildApp News」(ビルドアップ ニュース)は、建設工程ごとに、建設DXにつながるBIMなどのツールや導入事例、デジタルデータの活用方法等を、SDGsなどのトレンドと共に集約し記事としてお届けすることで、建設プレイヤーのDXを支援します。記事を読むことで、最新のBIM事例やDXの進め方が理解できる内容となっています。

「BuildApp News」 概要

名称 BuildApp News(ビルドアップ ニュース)
URL https://news.build-app.jp/
運営会社 野原ホールディングス株式会社
コンテンツ ニュース、トレンドピックアップ、ツール紹介、DX事例、データ分析など 
7つのジャンルで記事を掲載(詳細は後述) 
※設計積算、生産、流通、施工管理、維持管理の工程毎に記事を探しやすくしています。 
記事例 ●【動画付】日建設計独占インタビュー|BIMハンドブックの使い方(連載第2回)
https://news.build-app.jp/article/6311/
●【BIM事例‐情報管理】鹿島建設‐分析課題⑧設計、属性情報の管理プロセス(dRofus)
https://news.build-app.jp/article/7250/

記事ジャンルの紹介

ジャンル 概要
ニュース 建設DXにつながる情報をいち早くキャッチアップ、平日毎日更新し、DXの今をお伝えします。 
トレンドピックアップ ニュースの中から今おさえておきたいキーワードをピックアップして解説。“今さら聞けない”や、振り返りに役立ちます。 
ツール紹介 DXには欠かせない建設テック、SaaSなどをご紹介します。建設プロセスに合わせたジャンル分けで自社との関連性も把握しやすくなっています。 
DX事例 ツールを実際に導入した事例を幅広く紹介。こちらもプロセス別に整理し、比較をしやすくします。 
ガバナンス 建設業界において重要な業務であるガバナンスもDXによって、効率化や最適化が望めます。安全管理や法令順守等の観点からもDXの利点が把握できます。
データ分析 国土交通省や研究機関から発表されるデータを元に現況の把握や将来に向けて傾向を提示します。 
独自取材 建設業界の変革を担うプレイヤーへ独自に取材を行い、その想いや取り組みをご紹介します。初回は、第1回建設DX展の出展社レポートをお届けします。 

BuildApp News

建設DXやBIMに関連する業務役立つニュースを配信しています。

BIM設計-生産-施工支援プラットフォーム「BuildApp」(ビルドアップ)

「BuildApp」は、すべての建設事業者のDX推進や部門間の情報連携に寄与するBIM設計-生産-施工支援プラットフォームです。

サービス概要

弊社は、政府によるデジタル化推進や、2050年までのカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)宣言を踏まえ、DXによる現場の課題解決や産業廃棄物・CO2の削減に取組む企業を支援したいという想いから、「BuildApp(ビルドアップ)」を開発しました。

名称 「BuildApp(ビルドアップ)」(β版)
開始時期 2022年1月
価格 β版は月額費用無料、初期費用はお問い合せください。
お問い合わせ BuildAppサイトお問い合わせフォーム:http://build-app.jp/contact/
メール:info@build-app.jp / 電話:03-6367-1634
Webサイト https://build-app.jp

サービス詳細

「設計積算」や「施工管理」は勿論、各プロセス別やプロセスを繋ぐ課題やご要望に応じて、最適なサービスを提供します。詳細はお問い合せください。

BuildApp ブランドムービー

BuildApp サービス紹介ムービー

野原ホールディングス株式会社について

野原ホールディングスを中心とする野原グループは、「CHANGE THE GAME.クリエイティブに、面白く、建設業界をアップデートしていこう」のミッションのもと、これまで培ってきた知見をさらに磨き未来につなげていくことで、より一層社会に貢献して参ります。

https://nohara-inc.co.jp

お客様からの問い合わせ先

野原ホールディングス株式会社
建設DX推進統括部
e-mail:info@build-app.jp

資料

リリースPDF https://prtimes.jp/a/?f=d19866-20220826-7148c40a118f529fd80c2abdd753ce37.pdf

参考

  • DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、経済産業省に定義によれば「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」を指し、単なるデジタル活用とは区別されています。
  • BIM(ビム/Building Information Modelingの略称)とは、建築物のデジタルモデルに、部材やコストなど多様な属性データを追加した建築物のデータベースを持たせ、設計・施工・維持管理の各プロセスを横断して活用するためのソリューションです。野原グループでは、2017年よりBIM事業に注力しています。
  • 揚重とは、建設作業所(建設現場)の搬入口にトラックなどで運搬されてきた建築資材を、指定された建築中の部屋や場所に、必要な数量に振り分け運び入れる業務を言います。
  • エクステンデッド・リアリティ(Extended reality、XR)とは、「VR」「AR」「MR」などの総称。VR(仮想現実)は、仮想の世界を現実のように体験できる技術。AR(拡張現実)は、現実の世界に仮想の世界を重ねて体験できる技術。現実世界の映像があり、その上に仮想世界の情報が重なるイメージ。MR(複合現実)は、現実に仮想世界を“融合させる”ことができます。
  • デジタルツインとは、現実の世界から収集した様々なデータをまるで双子であるかのように、コンピュータ上で再現する技術を言います。

野原ホールディングス実施の調査一覧

  1. 【建設DX実態調査】2022年度版の結果詳細
    https://news.build-app.jp/article/7323/
  2. <建設DX実態調査>図面のデジタル化は建設プロセス全体に影響、多用途でのニーズが判明(2021/9/9)
    https://nohara-inc.co.jp/news/release/5246/
  3. <建設DX実態調査>業界全体のデジタル化は進行、プロセス別では格差も(2021/8/23)
    https://nohara-inc.co.jp/news/release/5147/
  4. 【続報】設計士の本音調査 約5割の設計士が「“図面に落とし込む建材情報の収集”を効率化したい」と回答 ~デジタル化とBIMの重要性~(2019/10/23)
    https://nohara-inc.co.jp/news/release/571/
  5. 設計士の本音調査を実施 6割以上が「発想のための時間を”業務時間外”で確保している」と回答 業務の効率化には「デジタル化」を期待(2019/9/25)
    https://nohara-inc.co.jp/news/release/669/

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿Borderlessが、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」において、募集による投資申込みの受付を開始することを発表

  • ㍿情報基盤開発が、従業員の心身の健康管理に関するサービスを提供する㍿メンタルヘルステクノロジーズと業務提携契約を締結

  • NTT印刷㍿が、新たに「まるごと電子化日報業務効率化パッケージ」をサービスラインアップに追加し、提供を開始

  • ㍿カヤックが、㍿リビングハウスの一部株式を取得し、資本業務提携を締結

  • サグリ㍿が、これまで目視で行われていた農地パトロール調査を、衛星データとドローンを活用することで、農業委員会が効率的な調査を行うことを実現

  • ㍿キャリアボットが、就活生を支援してきたことで培ったノウハウを活かし、より多くの就活生を支援すべく会員制オンライン就活支援サービス「CAREERBOT PRIME」を無料で開始

News

  • ㍿Borderlessが、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」において、募集による投資申込みの受付を開始することを発表

  • ㍿情報基盤開発が、従業員の心身の健康管理に関するサービスを提供する㍿メンタルヘルステクノロジーズと業務提携契約を締結

  • NTT印刷㍿が、新たに「まるごと電子化日報業務効率化パッケージ」をサービスラインアップに追加し、提供を開始

  • ㍿カヤックが、㍿リビングハウスの一部株式を取得し、資本業務提携を締結

  • サグリ㍿が、これまで目視で行われていた農地パトロール調査を、衛星データとドローンを活用することで、農業委員会が効率的な調査を行うことを実現

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中