Terra Drone、日本ゼオン徳山工場向けにドローンによる球体タンクの目視検査の実証実験を実施

Terra Drone株式会社は、日本ゼオン株式会社が展開する日本ゼオン徳山工場にて、タンク内部の目視点検の実証実験を⾏いました。

球体タンク目視調査の課題

球体タンクの目視検査は法律で義務づけられており、定期検査を実施しています。⼈⼒による従来の検査方式では、タンクの中を空にし、検査員が調査するための足場を組む必要がありました。定期検査は時間コストおよび⾦銭コストの負担が⼤きく、また、検査員が足場を伝いながら作業するため、落下事故などの危険も伴う状況でした。

ドローンによる球体タンク目視調査のメリット

球体タンクの定期検査で目視点検用ドローンの活用が一般的になれば、足場の仮設が不要となり、コストカットおよび⼤幅な検査期間の短縮を図れます。検査時の安全性も高まり、労働衛生環境の向上につなげることも可能です。

今回の球体タンク目視調査の概要と結果

マイクロドローン
タンク内部の表面状態

今回の実証ではマイクロドローンを用いて、普段は足場を組まなければ⾒ることのできないタンク内部高所の目 視点検を⾏いました。目視と同等の精度で点検が可能なことが確認できました。

日本国内では、高度成⻑期に建設した橋梁やダム等の社会資本が修繕期を迎えています。Terra Drone は、製鉄所の煙突や発電所等の高所・閉塞空間での作業にドローン技術を活用することで、今後需要が高まるインフラ整備・修繕にかかるコストカットや点検作業の安全性の向上に貢献してまいります。

※ドローン点検の様子はこちらからご覧いただけます。
https://www.youtube.com/channel/UCMGEAiVVP4yNGJYQj7_gMQA/videos

Terra Drone株式会社

2016年に創業。東京本社含め、全国に拠点を構え、海外においても欧州・東南アジアを中 心に事業展開する、世界最⼤の産業用ドローンソリューションプロバイダー。世界的なドローン市場調査機関のDrone Industry Insightsによる「ドローンサービス企業 世界ランキング2021」において、産業用ドローンサービス企業として世界2位に選ばれ、2021年2月にシリーズAで15.1億円を調達した。測量分野では⼤⼿ゼネコン・建設コンサルからの案件を中心に、世界でもトップクラスとなる2,000件以上のドローン測量/点検実績がある。現在、国内導入実績No.1の「Terra Lidar (特許取得済)」の新型モデル「Terra Lidar One」を発売。点検分野ではINPEXと事業構想「INPEX‐Terra Drone Intelligent Drone構想」を⽴ち上げ、DXを推進している。また、特許取得済みのUT(超音波探傷検査)ドローンを用いた検査技術も導入している。運航管理分野では、三井物産等と共同で、空⾶ぶクルマやドローン社会の実現において必須の運航管理プラットフォームである「Terra UTM」の開発を⾏っている。

本件に関する問い合わせ

Terra Drone株式会社 広報担当︓宮本
電話︓03‐6419‐7193
メールアドレス︓pr@terra‐drone.co.jp
HP : https://www.terra‐drone.net

引用元:PRTIMES

関連記事

  • データを活用した医療のデジタル化と臨床試験のDXを目指すテックドクターが、シリーズAラウンドで5億円を調達し、累計調達額6億円に。

  • スポーツクラブ・スクールや習い事の連絡網・決済システム「Sgrum」がIT導入補助金対象のITツールに認定

  • 【先着10社様 初期費用無料!】株式会社ScrumyがWeb3時代のまったく新しい「法人データストレージ」お試し体験サービスの先行申込受付を開始

  • ティップネス、「電子帳簿保存法」対応のため経費精算システム「eKeihi」を採用

  • DXで食品産業の課題解決を目指すGoals、シリーズAで総額15.5億円の資金調達を実施

  • 世界9カ国のビジネスリーダーを対象とした「グローバル・サステナビリティ・トランスフォーメーション調査レポート2022」を公開

News

  • ティップネス、「電子帳簿保存法」対応のため経費精算システム「eKeihi」を採用

  • 【先着10社様 初期費用無料!】株式会社ScrumyがWeb3時代のまったく新しい「法人データストレージ」お試し体験サービスの先行申込受付を開始

  • スポーツクラブ・スクールや習い事の連絡網・決済システム「Sgrum」がIT導入補助金対象のITツールに認定

  • データを活用した医療のデジタル化と臨床試験のDXを目指すテックドクターが、シリーズAラウンドで5億円を調達し、累計調達額6億円に。

  • DXで食品産業の課題解決を目指すGoals、シリーズAで総額15.5億円の資金調達を実施

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中