社用車アルコールチェック管理を交通安全アプリ「AI-Contact」で提供開始

交通安全事業を手掛けるジェネクスト株式会社(横浜市港北区、代表取締役:笠原一)は、交通安全アプリ「AI-Contact」でアルコールチェック管理機能を2022年3月25日から提供開始します。アプリは、App Store(iOS版)、Google Play ストア(Android版)から無料でダウンロードできます。

AI-Contactでアルコールチェック管理

「AI-Contact(アイ・コンタクト)」は、スマホで取得した走行データと、全国の標識情報データベースを照合させ、交通違反を可視化する企業向け運行管理アプリです。2018年からサービスを開始しており、導入企業では例年40件以上の事故があったところが導入後0件になったり、自動車保険料が1億円以上のコストカットにつながったりするなどの効果を上げています。

今回、2022年4月1日より白ナンバー事業者のアルコールチェックが義務化される道路交通法改正を受けて、「AI-Contact」でもアルコールチェック確認と点呼記録保存を法令に準拠した形で電子運用ができる機能の提供を開始することとなりました。

 「AI-Contact アルコールチェック」の概要

「AI-Contact アルコールチェック」の提供価格

初期費用・月額費用ともに0円
※「AI-Contact」シリーズ製品のご契約アカウントが対象となります。

提供方法

iOS版はApp Store、Android版はGoogle Play ストアからダウンロード
※アプリ名は「AI-Contact」になります。

「AI-Contact アルコールチェック」の機能について

2022年4月1日から義務づけられるのは次の2つです。

  1. 運転前後の運転者の状態を目視等で確認することにより、運転者の酒気帯びの有無を確認すること
  2. 酒気帯びの有無について記録し、記録を1年間保存すること

そこで「AI-Contact アルコールチェック」では、

  • 乗車前後のアルコールチェック確認
  • アルコールチェックの点呼記録簿自動生成/保存

の二つの機能を提供いたします。

POINT.1「酒気帯びのドライバーに運転させない」

従来であればAI-Contactを起動すると、位置情報から走行履歴の取得を開始しますが、今回の「AI-Contact アルコールチェック」を導入すると、安全運転管理者による酒気帯びを含む点呼の確認がアプリ上で完了しないと運転開始/終了が承認されない仕組みになります。

アルコールチェックが完了しないと運転開始終了ができません

POINT.2「点呼記録簿が自動生成&電子保存」

アプリ上で点呼が完了すると、AI-Contact管理画面上で点呼記録簿が自動で生成されます。

したがってドライバー名/車両名/点呼日時などを改めて点呼記録簿に手記する必要がないので、点呼記録簿の作成を効率的に行うことができます。

アプリで点呼記録簿が自動生成

「AI-Contact アルコールチェック」の提供の背景

アルコールチェックは運送業や運搬業など運ぶことを業務としている「緑ナンバー」で既に義務化されておりましたが、2021年6月に八街市で白ナンバーのトラックが飲酒運転で小学生の列に突っ込んで死傷させた事故を起因として、2022年4月の道路交通法施行規則改正により白ナンバーの車を一定の台数以上使う事業者においてもアルコールチェック義務化の対象が拡大されることになりました。

今後、白ナンバー事業者がアルコールチェックを仕組み化する上で、紙やExcelなどのアナログな運用ではなく社用車管理そのものと併せてDX推進をしていただくために、提供を決定いたしました。

ジェネクスト株式会社について

「事故のない社会へ」をミッションに、道路交通法違反検知システム「AI-Contact(アイ・コンタクト)」を提供しております。交通事故鑑定では特許技術を保有しており、これまでに延べ数百件の交通事故鑑定の実績があります。

また、ジェネクストはSDGsの目標3にある「世界の道路交通事故による死傷者を半減させる」ことの実現に向けて取り組んでおり、2020年10月に「かながわSDGsパートナー」に認定されています。

企業概要

[会社名] ジェネクスト株式会社
[本社] 神奈川県横浜市港北区新横浜3-18-3 新横浜KSビル9F
[設立] 2009年7月
[代表取締役] 笠原 一
[資本金] 2億9,105万円(資本準備金含む)
[企業URL] https://genext.co.jp/
[交通安全促進運行管理アプリ「AI-Contact」] https://ai-contact.jp/
[事業内容]
・交通安全促進運行管理アプリ「AI-Contact」の運営
・ドライブレコーダー映像解析/交通事故鑑定

引用元:PRTIMES

関連記事

  • LINE Xenesis株式会社が「LINE NFT」で、NFT無料配布機能を10月より提供開始

  • リンクトイン・ジャパン株式会社が「TOP STARTUPS 2022年版」を発表

  • 岩手県教育委員会がnoteで構築したオウンドメディアを公開

  • アリババクラウドがJP GAMES株式会社とグローバル顧客向けに新たなメタバースサービスを提供開始

  • イグニション・ポイント㍿が開発した、プロスポーツクラブ向けNFTコンテンツ運営支援サービス“NFT SCENES”を活用したNFTサイト「MatchUps」を開始することを発表

  • ㍿SAMURAI Securityが、相続DXサービス「サラス」とサラス連動型のNFCカード「Its-Ca」を組み合わせた、法人向けサービス「サラスPRO」の提供を開始

News

  • LINE Xenesis株式会社が「LINE NFT」で、NFT無料配布機能を10月より提供開始

  • リンクトイン・ジャパン株式会社が「TOP STARTUPS 2022年版」を発表

  • 岩手県教育委員会がnoteで構築したオウンドメディアを公開

  • アリババクラウドがJP GAMES株式会社とグローバル顧客向けに新たなメタバースサービスを提供開始

  • イグニション・ポイント㍿が開発した、プロスポーツクラブ向けNFTコンテンツ運営支援サービス“NFT SCENES”を活用したNFTサイト「MatchUps」を開始することを発表

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中