㍿はぴロジとCBcloud㍿が、両社が強みを持つ分野のリソースとノウハウを相互に活用し、オープン型のラストマイル配送サービス「コネット便」の提供を開始するため、基本合意書を締結

株式会社はぴロジ(本社:東京都港区虎ノ門、代表取締役社長:木村和弘、以下「はぴロジ」)とCBcloud株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:松本隆一、以下「CBcloud」)は、3PL事業者とともに、物流拠点やラストマイル配送など、両社が強みを持つ分野のリソースとノウハウを相互に活用し、EC時代の物流ニーズに対応するオープン型のラストマイル配送サービス「コネット便」の提供を開始するため、基本合意書を締結しました。

提携の背景

近年、EC荷物の取扱量が大幅に拡大※している中、お客様に物・サービスが到達する物流の最後の接点であるラストマイル配送は、今後もさらに需要が伸びていくものと予想されます。その一方で、物流業界では慢性的な人手不足や生産性向上の課題に加え、トラックドライバーに対する時間外労働の上限規制適用(いわゆる「2024年問題」)やインフレによる燃料価格高騰により、安定的かつ持続的な配送サービスの提供が困難となっています。さらに消費者の消費行動の変化、通信テクノロジーの進化、少子高齢化、働き方の多様化などから、持続性の高いラストマイル配送インフラを求める声は大きくなっています。こうした背景から、はぴロジとCBcloud(以下「両社」)は、物流課題の解決と荷主のニーズを叶える次世代型ECの物流サービスを提供するため、相互の知見を活用して協業していくことに合意しました。

※ 2020年度に宅配便の取扱個数は約48億個と過去最高を更新

出典:国土交通省 https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha04_hh_000235.html

目指す姿

今回の合意により、両社の持つ強みを相互に活用したEC時代の物流ニーズに対応するオープン型のラストマイル配送サービス「コネット便」の提供を2022年中に開始します。

「コネット便」について

「コネット便」は、両社のノウハウを結集させ、3PL事業者とともに実現するオープン型のラストマイル配送サービスです。

荷主企業のWMSシステム(Warehouse Management System:倉庫管理システム)との連携により、高い配送品質を担保しつつ、柔軟なリードタイムで集荷やラストマイル配送を実現します。

オープン型とは

両社が目指すオープン型とは、多くの荷主企業や物流企業に参画いただくことで、国内物流網の新たな枠組みを生み出し、荷主企業、運送会社・ドライバーがWin×Winとなる物流プラットフォームを形成していきたいと考えます。将来の購買行動の変化や物流を活用したサービスの変化、それに伴って生み出される付加価値を、参画企業と共に構築し、より良いサービスへと変革させ、持続可能な物流構造を多角的な目線で発展させることが両社の目指すオープン型プラットフォームの姿です。

各社の強み

はぴロジ:物流システムに関する知見やそのグループ企業が有する物流拠点ネットワーク力(1600件、180万坪)

CBcloud:全国4万人以上の軽貨物ドライバーネットワークを有する「PickGo(ピックゴー)」で機動力・拡張性のあるラストマイル配送ならびに物流現場の生産性向上および業務効率化のITソリューション「SmaRyu(スマリュー)」

荷主企業に提供する付加価値

  • 物量変動が大きく、繁忙期に負担がかかりやすい人口密集地域において、既存配送インフラとは別の新たな手段を確保しておくことで、物流波動によらない安定的かつ良質な顧客体験を提供。
  • 消費者ニーズに合わせて柔軟に集荷・配送リードタイムを設計できることから、顧客体験の差別化や満足度向上に貢献。
  • 両社の強みを持ち寄ることで、コスト競争力と配送品質・安定性の両方を担保したサービス設計が可能。

運送会社やドライバーに対する付加価値

  • それぞれ異なる強みを有する両者が独立系のオープン型プラットフォームを構築することで、持続可能なラストマイル配送インフラ/エコシステムを構築可能
  • 宅配業務効率化システム「SmaRyuポスト」(※)を活用し、ドライバー、一人ひとりの効率的な運行と配送品質の担保を可能にする。経験の浅いドライバーでも宅配業務に従事できる環境を作り、人手不足の解決を目指す。

(※)「SmaRyuポスト」荷積み・ルーティング/ナビゲーション・配送ステータス管理などの宅配・EC事業者の配送効率・品質を上げる業務効率化システム。

今後について

エリア拡大

2022年中に東京23区を中心とする首都圏に向けて「コネット便」の提供を開始し、2023年以降に一都三県ならびに大阪・名古屋など地方主要都市へのエリア拡大をしてまいります。

展示会の出展予定

9月13日(火)から9月16日(金)にかけて東京ビックサイトで開催される「第15回国際物流総合展2022 Logis-Tech Tokyo 2022」に両社が出展します。CRE内はぴロジの展示ブースとCBcloudの展示ブースにて「コネット便」についても紹介予定です。

「国際物流総合展2022」について、詳しくは以下のURLをご確認ください。
https://www.logis-tech-tokyo.gr.jp/ltt/index.html

各社の概要

株式会社はぴロジ

株式会社はぴロジは、あらゆるカート・モール・受注管理システムとWMS(在庫管理システム)を繋ぐ流通インフラプラットフォームを提供しています。クラウドシステム「logiec」が物流センターを結び、巨大な物流網を構築。データトランザクションコスト・スイッチングコストの極小化と、最適な物流を実現します。

代表取締役社長: 木村 和弘
会社設立:1997年4月
事業内容:流通インフラプラットフォーム事業及び、クラウド型流通統合制御システム
URL:https://www.hapilogi.co.jp/

CBcloud株式会社

運送業界の構造改革およびラストワンマイルを担うドライバーの労働環境の改善をはじめとした業界が抱える各種課題を解決すべく、ITの活用による自動化・効率化を促進しています。また、CBcloudは、陸海空の各輸送手段を組み合わせ、荷主と最適な輸送手段をシームレスかつ瞬時につなぎ、業界問わず多様な企業と連携し、社会インフラとしての運送網の強化を推進してまいります。

代表取締役CEO:松本隆一
会社設立:2013年10月
事業内容:・"「送りたい」と「届けたい」を繋げる" マッチングプラットフォーム「PickGo」の提供:https://pickgo.town/
・"物流を現場からスマートに"変革する物流DXシステム「SmaRyu」の提供:https://smaryu.town/
URL:https://www.cb-cloud.com/

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿Borderlessが、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」において、募集による投資申込みの受付を開始することを発表

  • ㍿情報基盤開発が、従業員の心身の健康管理に関するサービスを提供する㍿メンタルヘルステクノロジーズと業務提携契約を締結

  • NTT印刷㍿が、新たに「まるごと電子化日報業務効率化パッケージ」をサービスラインアップに追加し、提供を開始

  • ㍿カヤックが、㍿リビングハウスの一部株式を取得し、資本業務提携を締結

  • サグリ㍿が、これまで目視で行われていた農地パトロール調査を、衛星データとドローンを活用することで、農業委員会が効率的な調査を行うことを実現

  • ㍿キャリアボットが、就活生を支援してきたことで培ったノウハウを活かし、より多くの就活生を支援すべく会員制オンライン就活支援サービス「CAREERBOT PRIME」を無料で開始

News

  • ㍿Borderlessが、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」において、募集による投資申込みの受付を開始することを発表

  • ㍿情報基盤開発が、従業員の心身の健康管理に関するサービスを提供する㍿メンタルヘルステクノロジーズと業務提携契約を締結

  • NTT印刷㍿が、新たに「まるごと電子化日報業務効率化パッケージ」をサービスラインアップに追加し、提供を開始

  • ㍿カヤックが、㍿リビングハウスの一部株式を取得し、資本業務提携を締結

  • サグリ㍿が、これまで目視で行われていた農地パトロール調査を、衛星データとドローンを活用することで、農業委員会が効率的な調査を行うことを実現

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中