㍿JTOWERが令和4年度総務省事業「ベトナム社会主義共和国における屋内通信インフラシェアリング実証試験の請負」に請負事業者として採択

株式会社JTOWER(代表取締役社長:田中敦史、本社:東京都港区、以下 JTOWER)は、令和4年度総務省事業「ベトナム社会主義共和国における屋内通信インフラシェアリング実証試験の請負」に請負事業者として採択されましたことをお知らせします。日本の5GソリューションのASEAN地域への展開に向け、JTOWERが国内で培ってきた技術・経験を活かした屋内インフラシェアリングサービスの実現および普及可能性について実証試験を行います。

実施の背景

総務省ではデジタル化の基盤となる安心・安全な5Gの世界的普及に貢献すべく、5Gを起点とした産業基盤を展開していくために、デジタルインフラやデジタル技術の海外展開を進めています。

特にベトナムは、高い経済成長に伴い携帯電話普及率は100%を超えて伸びており、携帯通信インフラの需要が継続して高まっています。またベトナム政府は、2023年に5Gの免許を各携帯事業者へ供与する方針を明らかにしており、今後、5G通信インフラへの更なる需要の拡大が見込まれます。

JTOWERは2020年に5G Sub6帯域に対応した共用装置の開発を完了し、2020年11月、東京都庁第一本庁舎にて、国内初となるインフラシェアリングによる5G電波環境整備を行ったのを皮切りに導入を本格化しており、こうした実績を活かし本実証試験に取組みます。

実証試験の概要

本実証試験では、ベトナムでの5G早期普及に向け、通信トラフィックの多い商業施設にて5G通信環境をインフラシェアリングにて構築・運用する実証試験を行います。さらに5G基盤を活用したXRコンテンツを提供し、大容量データの利活用に関する検証を行います。一連の実証試験を経た上で、インフラシェアリング導入によるコスト、電力等の削減効果を定量的に明らかにし、今後5G整備を進めるASEAN各国への展開に活かしていきます。

本実証試験の環境構築および運用は、JTOWERのベトナム事業を担う子会社Southern Star Telecommunication Equipment Joint Stock Company(代表取締役会長:五十嵐 聡、本社:ベトナム ホーチミン市、以下 SPN)にて実施します。さらに、XRコンテンツの提供に向けたアプリケーションの構築・運用は、KDDIの海外現地法人であるKDDIベトナム(代表取締役社長:田口 雅也、本社:ベトナム ハノイ市)が担います。両社は2022年5月、ベトナムの商業施設における5Gの電波対策および5Gを活用したDXソリューション提供に関する業務協力覚書を締結しており、連携して本実証試験を推進します。

JTOWERは、「日本から、世界最先端のインフラシェアリングを。」というビジョンのもと、世界でも高い品質を誇る日本の通信業界において培ってきた技術、サービス品質、ビジネスモデルをさらに磨き上げ、社会のデジタル化に貢献してまいります。

実証試験の概要

期間

2023年1月~2023年3月

場所

Parkson Saigon Tourist Plaza(ベトナム ホーチミン市)
地上5階 地下1階/複合商業施設

検証内容

  1. 実証試験環境の構築
    既に設置されている4Gのネットワーク設備に加え、5G通信環境をインフラシェアリングにて構築する。
  2. 5G ネットワーク機器を活用したアプリケーションの検証
    XRコンテンツを提供し、屋内 5G 環境下にて大容量データのダウンロードに関する利便性の向上を評価する。
  3. 実証試験の検証
    実際の運用を通じて、インフラシェアリングを行わなかった場合に想定される設備投資費用・運用・維持費用・消費電力をどの程度削減できたのか定量的に明らかにする。さらに、実導入に向けたビジネスモデルの策定を行い、その他ASEAN各国への展開につなげる。

各社の役割

JTOWER プロジェクトマネジメント、検証内容・検証方法の企画、技術的課題・ビジネス的課題の抽出、実証試験結果のとりまとめ
SPN 5G屋内インフラシェアリングの環境構築、現地関係者調整、電波測定の実施等
KDDIベトナム    5Gを活用したアプリケーションによるサービスの構築・提供

参考

2022年5月9日発表
SPN、KDDIベトナムと商業施設のDX化に向け 業務協力覚書を締結
https://www.jtower.co.jp/2022/14543/

JTOWER概要 https://www.jtower.co.jp/

  1. 会社名:株式会社JTOWER
  2. 所在地:東京都港区南青山2-2-3
  3. 代表者:代表取締役社長 田中 敦史
  4. 事業内容:通信インフラシェアリング事業およびその関連ソリューションの提供
  5. 設立:2012年6月

SPN概要 https://www.spnjsc.vn/jp/

  1. 会社名:Southern Star Telecommunication Equipment Joint Stock Company
  2. 所在地:412 Nguyen Thi Minh Khai Street, Ward 5, District 3, Ho Chi Minh City, Viet Nam
  3. 代表者:代表取締役会長 五十嵐 聡
  4. 事業内容:ベトナムにおける通信インフラシェアリング 等
  5. 設立:2007年7月

KDDIベトナム概要 https://vn.kddi.com/

  1. 会社名:KDDIベトナム (KDDI VIET NAM CORPORATION)
  2. 所在地:243A La Thanh Str. Dong Da Dist., Hanoi, Viet Nam
  3. 代表者:代表取締役社長 田口 雅也
  4. 事業内容:システムインテグレーション等
  5. 設立:2000年3月

JTOWERでは、当社の事業の推進に一緒に取り組んでいただける人材を積極的に採用しています。ご応募お待ちしております。募集要項・応募フォームはこちら(https://www.jtower.co.jp/recruit

引用元:PRTIMES

関連記事

  • プレイネクストラボ㍿の提供する「スマート公共ラボ with LINE SMART CITY GovTechプログラム」が、香川県観音寺市のLINE公式アカウントに採用

  • ㍿エルテスが㍿フーモアと業務提携を行い、従業員のSNSリスクのマンガ教育教材「コミプラ」を共同リリース

  • ㍿駅探が北海道函館市赤川・三原エリアを中心としたエリアで、AIオンデマンド型運行「未来大AIマース」の実証実験を実施

  • 富士通Japan㍿が手術室の稼働率を向上し、病院経営を支援するソリューション「Fujitsuリソース最適化エンジンAssignment Master」を開発し、300床以上の大中規模病院向けに提供開始

  • ㍿エムケイシステムがクラウドストレージサービス「ShalomPost」のサービス提供を開始

  • ㍿トモヤが企業ユニフォームや学生服の申込・集計をサポートするユニフォームオーダー支援システム「TANQ」の本格的なサービス提供を開始

News

  • プレイネクストラボ㍿の提供する「スマート公共ラボ with LINE SMART CITY GovTechプログラム」が、香川県観音寺市のLINE公式アカウントに採用

  • ㍿エルテスが㍿フーモアと業務提携を行い、従業員のSNSリスクのマンガ教育教材「コミプラ」を共同リリース

  • ㍿駅探が北海道函館市赤川・三原エリアを中心としたエリアで、AIオンデマンド型運行「未来大AIマース」の実証実験を実施

  • 富士通Japan㍿が手術室の稼働率を向上し、病院経営を支援するソリューション「Fujitsuリソース最適化エンジンAssignment Master」を開発し、300床以上の大中規模病院向けに提供開始

  • ㍿トモヤが企業ユニフォームや学生服の申込・集計をサポートするユニフォームオーダー支援システム「TANQ」の本格的なサービス提供を開始

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中