「メディアSMS for LGWAN」が豊中市の新型コロナウイルス感染症対策の業務で採用

株式会社ファブリカコミュニケーションズ(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:谷口 政人)の子会社であり法人向けSMS(ショートメッセージサービス)送信サービスを開発・提供する株式会社メディア4u(本社:東京都中央区、代表取締役社長:奥岡 征彦、以下「メディア4u」)の提供する、自治体向けSMS送信サービス『メディアSMS for LGWAN』が、2022年2月から2023年度にかけて、大阪府豊中市での新型コロナウイルス感染症対策の業務における連絡手段として採用されたことを発表します。

主な用途は、新型コロナウイルス感染症患者に対して、療養についての案内手段としての利用となります。

『メディアSMS』は、携帯電話番号にメッセージが送信できるSMS送信機能を法人向けに提供するサービスです。民間では、既に3,500社以上の導入実績があります。『メディアSMS for LGWAN』は、総合行政ネットワーク(以下、LGWAN※)と接続した行政・自治体向けのSMS送信サービスとなります。

『メディアSMS for LGWAN』紹介サイト:https://media-sms.net/lp/

LGWAN(総合行政ネットワーク)とは

自治体等の各地方公共団体の組織内ネットワークを相互接続し、地方公共団体間のコミュニケーションの活性化を目的とした、インターネットから分離されたセキュアな行政専用のネットワークです。LGWANでは、民間のASP・SaaS事業者が運営するサービスも利用できるようになっております。『メディアSMS for LGWAN』では、自治体等の庁舎内にあるLGWAN網から、民間で提供しているSMS送信サービス『メディアSMS』の機能を使っていただけます。

豊中市の『メディアSMS for LGWAN』導入背景 

豊中市では、オミクロン株の感染状況を踏まえた陽性者への対応として、市が発生届を受理した陽性者へ、療養についての案内手段の一つにSMSを利用しております。これまでは保健所から全数電話で連絡していましたが、重症化リスクの低い陽性者への連絡をSMSでの通知に代替し、業務効率化とスピード化を行ないました。

『メディアSMS for LGWAN』の主な機能

4大キャリア直接接続設計の高品質SMS

日本の携帯電話事業者(ドコモ、KDDIau、ソフトバンク、楽天モバイル)との直接接続による設計で、「高い着信率」「高いセキュリティ」「豊富な送達結果」を実現しています

 660文字までの長文SMS

SMSの圧倒的な到達率にプラスして、長文化によりURLを複数入れたり、本文により情報を加えたりすることで、コンタクト率が高まります

短縮URLのユニーク生成、オリジナルドメイン選択

SMS本文にURLを短縮して挿入できます。またユニークで生成するので、誰がクリックしたか、ユーザー毎にカウントの取得(開封率の計測)が可能です

CSVファイルフォーマット可変機能

既存システムから出力したCSVフォーマットを加工作業なしで投入可能です

個人情報削除機能

個人情報を自動削除できるため、エンドユーザーにも安全な運用が可能です。削除するタイミングは変更することができます

自治体におけるSMS活用例は増加傾向に

現在、自治体におけるデジタル化(DX)が、総務省の「自治体DX推進計画」(2020年12月)に沿って進んでいます。自治体の各種業務におけるAI、RPAを使った効率化、庁内チャットツールでの活用による情報共有の強化など。また、SMSやLINEを使った連絡ツールの多様化も急速に進んでいます。実際、自治体においてSMSが活用される例は、多くなってきています。税金滞納者への初期督促連絡や特定健診の受診勧奨連絡でSMSが活用されています。

メディア4uでは、全国の地方公共団体などが使用している専用の通信ネットワークであるLGWAN上で、一斉SMS配信などを可能にする『メディアSMS for LGWAN』を提供することで、今後は、自治体業務においても、効率化やコストダウンが実現できるようにサービス強化を進めてまいります。

株式会社ファブリカコミュニケーションズ会社概要

  • 企業名   :株式会社ファブリカコミュニケーションズ
  • 代表者   :谷口政人
  • 本社所在地 :愛知県名古屋市中区錦3-5-30 三晃錦ビル8F
  • 設立    :1994年11月
  • 事業内容  :業務支援システム開発・販売事業、SMS配信ソリューション事業、インターネットメディア事業、WEBマーケティング事業、自動車整備・レンタカー事業
  • 上場市場  :東証スタンダード市場、名証メイン市場(証券コード:4193)
  • ホームページ:https://www.fabrica-com.co.jp/

株式会社メディア4u会社概要​

  • 代表者:代表取締役社長 奥岡征彦
  • 本社所在地:東京都中央区築地3-17-9 興和日東ビル 9 階
  • 設立:2005年11月
  • 事業内容:SMS送信サービスの提供・インターネット広告代理事業、インターネットによる動画/音声/画像の配信サービス・ホスティング事業、各種ウェブアプリケーション開発、CRMシステムの開発・提供、上記事業に付帯関連する企画制作業務など一切の業務
  • ホームページ:https://www.media4u.co.jp/

法人向けにSMS送信サービス及び関連サービス(API連携サービス、IVR&SMSサービス、RCSサービス、認証サービスなど)を提供しております。代表的なサービスである『メディアSMS』は携帯キャリア主要4社と直接接続し、99.9%(受信拒否・圏外・電源オフを除く。4キャリア到達率当社検証試験の結果)の高い到達率と着眼率が特徴です。企業・組織と顧客との接点を最大化するため、積極的にサービス開発を行なっております。

サービスに関するお問い合わせ先 本件に関するお問い合わせ先
株式会社メディア4u セールスソリューションG
TEL:03-3549-5011
FAX:03-3549-5015
E-mail: sms-sales@media4u.co.jp
株式会社ファブリカコミュニケーションズ 広報室
TEL:052-959-3460
FAX:052-959-3463
E-mail: press@fabrica-com.co.jp

引用元:PRTIMES

関連記事

  • 岩沼市と東日本電信電話株式会社宮城事業部との地域課題解決に向けたDXに関する実証実験の開始について

  • 単独“初”!サステナブル・ラボ、エン・ジャパンと共に「ソーシャルインパクト採用プロジェクト」開始

  • NECソリューションイノベータ株式会社がカスタマーサクセスプラットフォーム「coorum(コーラム)」を導入

  • LeapMind 、「Efficiera® 異常検知モデル」を開発 外観検査に特化、エッジAIを活用した迅速でセキュアな製造現場DXが可能に

  • 「invox受取請求書」が複合機向けアプリケーション「Quickスキャン」と連携

  • 大林組 ロボティクスセンターにugo Proを導入

News

  • 岩沼市と東日本電信電話株式会社宮城事業部との地域課題解決に向けたDXに関する実証実験の開始について

  • 単独“初”!サステナブル・ラボ、エン・ジャパンと共に「ソーシャルインパクト採用プロジェクト」開始

  • 「invox受取請求書」が複合機向けアプリケーション「Quickスキャン」と連携

  • LeapMind 、「Efficiera® 異常検知モデル」を開発 外観検査に特化、エッジAIを活用した迅速でセキュアな製造現場DXが可能に

  • NECソリューションイノベータ株式会社がカスタマーサクセスプラットフォーム「coorum(コーラム)」を導入

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中