インフォディオがAI-OCRクラウドサービスと、コダックアラリスのネットワークスキャナーをパッケージしたサービスを提供開始

株式会社インフォディオ(本社:東京都文京区 代表取締役:勝本伸弘 以下:インフォディオ)が提供する「スマートOCR」は、コダック アラリス ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:酒匂 潔 以下:コダック アラリス ジャパン)のネットワークスキャナーをパッケージしたサービスの提供を2022年4月1日より開始いたします。

提供の背景

AI-OCRソリューションを利用する際、スキャナーで読み取った後、取りだしたファイルをPC上の操作にてクラウド上のAI-OCRサーバーへアップロードするのが一般的な手順です。

これは、操作の手順としては多くはないものの、大量の帳票を都度アップロードするには煩雑であることは否めず、スキャン後のファイルアップロードからOCR処理までをシームレスに処理できるよう業務の省力化が必要とされていました。

そのため、「スマートOCR」、「DenHo」においてもRPAの利用やスマートOCR(DenHo)専用アップローダーアプリケーションを利用することにより、スキャン後にクラウド上のAI-OCRシステムへ自動でアップロードし、省力化を実現してきました。

しかしながら、AI-OCRソリューションを活用してDXを推進したい企業や自治体の中には、システム管理者としてスキル・リソースが不足することで導入の障壁となっている場合もあり、よりシンプルで簡単な導入・運用を実現する手法が求められていました。

「スマートOCR(DenHo)ネットワークスキャナーオプション」について

今回、コダックアラリスジャパンのKodak Aralisドキュメントスキャナー連携をオプションパッケージとしてラインナップすることにより、PCすらも必要とせず、スキャナーから直接AI-OCRサーバーへファイルアップロード、OCR実行処理までをシームレスに実現することが可能になりました。

PCを介さないということは、ユーザーのオペレーションがより一層シンプルになるだけでなく、システム管理者による管理、導入の負担を軽減することにもつながります。

「スマートOCR(DenHo)ネットワークスキャナーオプション」では、スキャナーを開封し、同梱される設定用QRコードをスキャナーで読み取るだけですぐに「スマートOCR」、「DenHo」の利用を開始することができる上、導入に関わるトレーニングもごくわずかしか必要としません。セキュリティにも優れ、ユーザーのパスワード管理等の煩雑さもありません。

詳細はこちら https://www.scan-at-work.com/solution/network-scanner-option

このようなシーンで活用が期待されます

  • イベント会場、ワクチン接種会場、試験会場などにおける紙の受付票・申込書のデータ化
  • 複数事業所の経費精算・電子帳簿保存を本社で集中処理するためのデータ化
  • 税理士事務所・記帳代行サービス会社のクライアントからの領収書・レシートをデータ受領

AI-OCRソリューション「スマートOCR」について

AI-OCRソリューションである「スマートOCR」では定型・非定型の様々なフォーマットの帳票を汎用的にデータ化することが可能で、すでに多くの企業に導入いただき、デジタル化、ペーパーレス化に貢献してまいりました。「スマートOCR」では位置指定だけでなくルール定義・データ抽出AIにより、スマホなどから撮影した写真のOCR変換・データ化を可能としてきました。位置指定でないため、スマホで撮影した写真や、ゆがんだ写真などでも帳票をデータ化することができます。

データ抽出パッケージとして、「請求書」「領収書・レシート」「名刺」「運転免許証」「健康保険証」「決算書」「源泉徴収書」「健康診断書」「通帳」をリリースしており、今後もさまざまな用途のものをリリース予定です。

「スマートOCR」の詳細はこちら https://www.smartocr.jp/solution/

DenHo(デンホー)について

2022年1月から施行されている改正電子帳簿保存法では、大幅に要件が緩和されることで、電子帳簿保存に対する敷居が下がり、企業のペーパーレス化が促進されています。

DenHoは、電子帳簿保存に特化したソリューションです。AIが自動で分類して帳票の種類別に保存、また電子帳簿保存法の要件である日付、金額、取引先名での検索用データを自動でAIが作成します。

「DenHo(デンホー)」の詳細はこちら https://www.smartocr.jp/denho/

「Kodak Aralisドキュメントスキャナー」について

コダックスキャナーは、紙の書類からデータを生成するという重要なプロセスに対し、読み取り精度を高めビジネスプロセスを中断させることなく、取得した高品質イメージを安全性の高い技術でプロセスサーバーへ転送することで、OCR や RPA を活用したソリューションを安全に効率良く運用することを可能にします。

独自の画像処理技術「パーフェクトページ」と画像処理専用プロセッサの搭載

コダックアラリスの画像処理技術「パーフェクトページ」は書類を取り込む際にデータの正確性と容量を同時に最適化できます。また、スキャナー本体搭載の画像処理専用プロセッサで「パーフェクトページ」を実行することでスキャナー制御 PC の負荷を軽減します。

世界的な第三者製品評価機関 Buyers Lab International によるテストでは、以下の評
価を得ています

  1. 20% OCR 読取精度向上(他社比)
  2. 50% ファイルサイズ縮小(他社比)
  3. 71% ネットワークへのアップロード時間短縮

用語解説

OCR(Optical Character Recognition)

光学式文字読み取り装置。印刷物などの文字を、光を当てることで読み取り、テキストデータに変換する仕組み。

お問い合わせ先

本製品についての詳細につきましては、以下よりお問い合わせください。

株式会社インフォディオ
お問合せフォーム:https://www.smartocr.jp/contact/
メール:ocr_support@infordio.co.jp
お電話:03-3868-2888 (マーケティング企画部 担当者 宛)

株式会社インフォディオ(https://www.infordio.co.jp/

本社所在地 : 東京都文京区本郷二丁目27番20号 本郷センタービル5階
設立 : 2002年7月
代表者 : 代表取締役 勝本伸弘
資本金 : 1億円 ( 株式会社アイリックコーポレーション: 100%) 
事業内容 : AI-OCRソリューション「スマートOCR」「DenHo」の開発・運用・販売
ソフトウェア受託開発およびソフトウェア製品開発(金融機関、独立行政法人、通信会社等)

引用元:PRTIMES

関連記事

  • LINE Xenesis株式会社が「LINE NFT」で、NFT無料配布機能を10月より提供開始

  • リンクトイン・ジャパン株式会社が「TOP STARTUPS 2022年版」を発表

  • 岩手県教育委員会がnoteで構築したオウンドメディアを公開

  • アリババクラウドがJP GAMES株式会社とグローバル顧客向けに新たなメタバースサービスを提供開始

  • イグニション・ポイント㍿が開発した、プロスポーツクラブ向けNFTコンテンツ運営支援サービス“NFT SCENES”を活用したNFTサイト「MatchUps」を開始することを発表

  • ㍿SAMURAI Securityが、相続DXサービス「サラス」とサラス連動型のNFCカード「Its-Ca」を組み合わせた、法人向けサービス「サラスPRO」の提供を開始

News

  • LINE Xenesis株式会社が「LINE NFT」で、NFT無料配布機能を10月より提供開始

  • リンクトイン・ジャパン株式会社が「TOP STARTUPS 2022年版」を発表

  • 岩手県教育委員会がnoteで構築したオウンドメディアを公開

  • アリババクラウドがJP GAMES株式会社とグローバル顧客向けに新たなメタバースサービスを提供開始

  • イグニション・ポイント㍿が開発した、プロスポーツクラブ向けNFTコンテンツ運営支援サービス“NFT SCENES”を活用したNFTサイト「MatchUps」を開始することを発表

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中