アイデミーとKDDI、地域のDX人材育成に関する業務提携契約を締結

目次

株式会社アイデミー (所在地:東京都千代田区、代表取締役執行役員 社長CEO:石川 聡彦、以下 アイデミー)とKDDI株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI) は2021年11月24日に、地域のDX人材育成に関する業務提携契約を締結しました (以下 本業務提携)。
また、地方創生を推進する地元企業やベンチャー企業への出資を目的とした「KDDI Regional Initiatives Fund 1号」(運営者:グローバル・ブレイン株式会社)を通じてKDDIより資金調達を実施いたしました。

近年、日本経済の生産性向上のため、デジタル技術の導入などDX推進とDXを牽引する人材の育成 が求められている一方、地域においては、地方企業や自治体のDX人材不足からデジタル化に着手でき ない状況となっています。両社は本業務提携により、DX人材育成コンテンツを共同開発し地域企業に提供することで、DX人材

両社は本業務提携により、DX人材育成コンテンツを共同開発し地域企業に提供することで、DX人材の育成に貢献していきます。また、プロジェクトの企画から運用まで一気通貫で行う伴走支援を通じて、 地域の企業や自治体と共に DX人材育成を推進していきます。
さらに、企業のDXを推進するデジタル人材の育成支援を行っているKDDIグループのディジタルグロースアカデミアとも連携することで、広範な対象へのDX教育を提供するべく体制を強化していきま す。
なお、アイデミーはAIを中心とするDX人材育成のためのeラーニングプラットフォーム「Aidemy Business」や、プロジェクトの企画から運用までを一気通貫で支援するプロジェクト伴走型支援サービス「Modeloy」を提供し、企業のDX推進を支援しています。


■本業務提携の内容
DX人材育成コンテンツの共同開発および提供
・共同でのDX人材育成コンテンツの検討
・両社のアセットを活用したDX人材育成の施策検討、実施および地域への展開

■KDDI の取り組み
KDDIは、これからも事業を通じてさまざまな社会課題の解決に取り組み続けるという決意をこめ、 2030 年を見据えたKDDIのSDGs「KDDI Sustainable Action~私たちの『つなぐチカラ』は、未来の ためにある~」<https://www.kddi.com/corporate/csr/sdgs/>を策定しました。社会課題をリスクとし て捉えるだけでなく、KDDIならではの強みを生かしたチャンスと捉え5GやIoTなどを活用した 地方創生や、途上国における低廉で高品質な通信サービスの提供など、事業として利益をあげながら、さまざまな社会課題の解決を図ります。

■KDDI の地方創生
KDDIは、SDGsの達成に向け、事業を通じて解決する社会課題の一つとして、地方創生および教育 事業に取り組んでいます。人財育成、ICTを活かしたビジネスの知見やファンドを軸にした地域企業の サポートに加え、教育における地域格差を解消するための環境整備もあわせて推進していきます。地域 や企業とのパートナーシップにより、サステナブルなビジネスモデルを構築し、課題を継続的に解決で きる「地域の明日」を創っていきます。

■アイデミー 会社概要
住所:東京都千代田区神田小川町一丁目1番地 山甚ビル3F
代表者:代表取締役執行役員 社長 CEO 石川 聡彦
設立日:2014年6月10日
事業内容:AI を中心とする DX 人材育成のための e ラーニングプラットフォーム「Aidemy Business」の提供、Python 特化型オンラインプログラミングスクール「Aidemy Premium」の提供、プロジェクトの企画から運用までを一気通貫で支援するプロジェクト伴走型支援サービス「Modeloy」 の提供
URL:https://aidemy.co.jp/

引用元:PRTIMES

関連記事

  • データを活用した医療のデジタル化と臨床試験のDXを目指すテックドクターが、シリーズAラウンドで5億円を調達し、累計調達額6億円に。

  • スポーツクラブ・スクールや習い事の連絡網・決済システム「Sgrum」がIT導入補助金対象のITツールに認定

  • 【先着10社様 初期費用無料!】株式会社ScrumyがWeb3時代のまったく新しい「法人データストレージ」お試し体験サービスの先行申込受付を開始

  • ティップネス、「電子帳簿保存法」対応のため経費精算システム「eKeihi」を採用

  • DXで食品産業の課題解決を目指すGoals、シリーズAで総額15.5億円の資金調達を実施

  • 世界9カ国のビジネスリーダーを対象とした「グローバル・サステナビリティ・トランスフォーメーション調査レポート2022」を公開

News

  • ティップネス、「電子帳簿保存法」対応のため経費精算システム「eKeihi」を採用

  • 【先着10社様 初期費用無料!】株式会社ScrumyがWeb3時代のまったく新しい「法人データストレージ」お試し体験サービスの先行申込受付を開始

  • スポーツクラブ・スクールや習い事の連絡網・決済システム「Sgrum」がIT導入補助金対象のITツールに認定

  • データを活用した医療のデジタル化と臨床試験のDXを目指すテックドクターが、シリーズAラウンドで5億円を調達し、累計調達額6億円に。

  • DXで食品産業の課題解決を目指すGoals、シリーズAで総額15.5億円の資金調達を実施

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中