AIによるトークマニュアルの自動生成技術の特許を取得いたしました。(AIマニュアル表示 特開2020-95714)

アップセルテクノロジィーズ株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長CEO:高橋良太、以下当社)は、AIによるトークマニュアルの自動生成技術の特許を取得いたしました。(AIマニュアル表示 特開2020-95714)

「世界中の声をAIで科学する」をミッションに掲げるアップセルテクノロジィーズは、営業のプロが作ったセールスサポートツール「コールセンターのDX」の、AIによるトークスクリプト自動生成において、特許を取得いたしました。(AIマニュアル表示 特開2020-95714)

特許概要
公開番号:特開2020-95714
発明の名称:AI技術を用いたマニュアル自動生成システム、マニュアル自動生成プログラム及びマニュアル自動生成方法


AIトークスクリプト自動生成について
この度、当社が特許を取得した、AIトークスクリプト自動生成は、当社の過去の実績を元に、個人依存による品質のバラつきがない最適な対応マニュアルを自動で作成する技術になります。

一般的に、営業のトークスクリプトを作成する場合、各営業マンの経験や勘に頼ったいわゆる属人的な対応になりがちですが、本ツールを導入することで、個人依存による品質のばらつきがなく、根拠のある最適化されたトークスクリプトを作成することが可能です。もちろん経験や実績からなるノウハウも、営業には重要な要素であると考えておりますので、本ツールでは、AIが作成したトークスクリプトをPPTデータで、ダウンロードすることが可能になっております。
イチから作成していた手間が省け、業務効率化、コスト削減、従業員のモチベーションアップにも繋がります。

更に本ツール内で、生成したトークの読み上げ機能もついているので、話す速度・抑揚・性別・年代など、事前にどういった話し方が適しているか、相手がどの様に感じるかを確認することが出来ます。

こちらは、「コールセンターのDX」に搭載されている機能で、本ツール以外にも、獲得シミュレーション(特許取得済)や会話のリアルタイムテキスト化、FAQ検索、といったセールスサポート機能が充実したサービスになります。是非お気軽にお問い合わせください。


サービスURL
コールセンターのDX https://callcenter-dx.jp/

<企業情報>
社 名:アップセルテクノロジィーズ株式会社
U R L :http://upselltech-group.co.jp/
本 社:東京都豊島区⻄池袋5-26-19 陸王⻄池袋ビル6階
代表者:⾼橋 良太

<拠点一覧>
東京本社:東京都豊島区⻄池袋5-26-19 陸王⻄池袋ビル5階・6階
⾹川⽀店:⾹川県⾼松市⻲井町8-11 BZ⾼松プライムビル10階
⾼知/四万⼗⽀店:⾼知県四万⼗市⽥野川⼄1328
⾼知/南国⽀店:⾼知県南国市⼤埇甲1484-1 南国常徳ビル3F
福岡⽀店:福岡県福岡市中央区天神1-2-12 メットライフ天神ビル9階
熊本⽀店:熊本県熊本市中央区坪井2-2-35 熊電プラザビル11階
⼤分⽀店:⼤分県佐伯市駅前2-12400-7 第⼆メグビル4階

<事業内容>
営業支援AIツール「コールセンターのDX」の開発・提供
音声テキスト化サービス「voitra(ボイトラ)」の開発・提供
クラウド型コールシステムの提供
インサイドセールス支援

引用元:PRTIMES

関連記事

  • 新潟県岩船郡粟島浦村がWeb完結型電子契約「クラウドサイン」を導入。村および離島における日本初の事例としてDXを推進

  • 脆弱性管理クラウド「yamory」が、緊急脆弱性の速報通知機能を開始

  • 富士通、AWSと金融業界および小売業界のDX加速に向けて戦略的協業

  • 水上交通分野におけるDX・スマートシティにかかる研究開発等で連携協定を締結

  • 環境省がレバテックでDX人材をスカウト

  • サイバー大学、 IT分野の専門職教育サービスを強化 「プロフェッショナルラーニングセンター」設立

News

  • 新潟県岩船郡粟島浦村がWeb完結型電子契約「クラウドサイン」を導入。村および離島における日本初の事例としてDXを推進

  • 水上交通分野におけるDX・スマートシティにかかる研究開発等で連携協定を締結

  • 富士通、AWSと金融業界および小売業界のDX加速に向けて戦略的協業

  • 脆弱性管理クラウド「yamory」が、緊急脆弱性の速報通知機能を開始

  • 環境省がレバテックでDX人材をスカウト

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中