『JR東海乗務報告アプリ』を東海旅客鉄道株式会社様に納入

『JR東海乗務報告アプリ』を東海旅客鉄道株式会社様に納入
 西菱電機株式会社(本社事務所:大阪府大阪市、代表取締役社長:西井希伊、以下「西菱電機」)は、このたび乗務員の皆様の報告業務を効率化する『JR東海乗務報告アプリ』を開発し、東海旅客鉄道株式会社様(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:金子慎、以下「JR東海」)に納入しました。

 『JR東海乗務報告アプリ』は、在来線に乗務する運転士や車掌の皆様が、乗務中に発生した様々な事象を共有するため、これまで手書きで作成・提出していた乗務報告書を電子化し、業務用スマートフォンで簡単に報告、データベース化を可能とするアプリケーションです。
ICTを活用した業務効率化によって、事故防止・サービス向上・業務改善等に取り組まれている、JR東海の乗務員や運用指令員の皆様のご要望を、当社のソリューションで解決することにより実現しました。

 本アプリの活用により、大幅なペーパレス化に加え、乗務報告書作成時間の短縮が可能となるほか、報告内容の一部を定型化することにより、記載誤りの防止や承認行為の時間短縮等にも貢献します。
 また、蓄積された報告内容を分析することにより、今後の教育訓練や指導方法の改善に活用いただくことも可能です。

 西菱電機は、様々な事業者様が現在直面しているDXや、働き方改革に向けた活動に対し、これまで培ったノウハウを活かして最大限支援することで、社会に貢献してまいります。


■『JR東海乗務報告アプリ』の概要
◆現在の業務

◆『JR東海乗務報告アプリ』を使った業務

  ※報告内容を時期、時間帯、発生箇所、個人等の分類毎に把握することが容易に。

◆『JR東海乗務報告アプリ』で報告する事象
・踏切障害物検知・防護無線受信・車内非常ブザー・動物等衝撃
・非常ブレーキ・非常通報灯・トイレブザー・急病のお客様対応
など、報告事象の約7割

◆使用開始時期
2022年6月15日(水)


■西菱電機株式会社
情報通信機器及びシステムの開発、販売、保守、運用を手がける「情報通信システム事業」、携帯情報通信端末の販売及び修理再生などを手がける「情報通信端末事業」を展開するICTソリューション企業です。

【本件に関するお問い合わせ先】
西菱電機株式会社 本社事務所:大阪市北区堂島 2-4-27 JRE堂島タワー
 広報グループ(本社事務所)TEL:06-6345-4160 
 事業開発室(東京支社)  TEL:03-5777-3977 E-mail:info@cs.seiryodenki.co.jp

引用元:PRTIMES

関連記事

  • Industry Alpha㍿がピッキング順序最適化モジュールを開発

  • ㍿エスプールの子会社の㍿エスプールグローカルが、島根県ならびに浜田市と立地協定を締結し、同市に隣接する複数の自治体業務を受託するシェアード型のBPOセンターを開設

  • タリスマン㍿が昨今需要が高まるPMOの人材・チーム組成を、クイックにアウトソーシングできる新サービスを開始

  • ㍿クロスキャットがDX支援サービスのさらなる強化を目的に、データ分析領域に強みを持つ㍿セラクとデータ分析支援事業において協業を開始

  • AOSデータ㍿が、働き方改革の実現を支援するSaaSトリニティ製品「DataShare3.0」「AIパピルス」「AOS Webinar」の販売促進に伴い、販売パートナーを募集

  • ㍿GRCSが金融犯罪コンプライアンスのスペシャリストである英国Napier社とパートナー契約を締結

News

  • Industry Alpha㍿がピッキング順序最適化モジュールを開発

  • ㍿エスプールの子会社の㍿エスプールグローカルが、島根県ならびに浜田市と立地協定を締結し、同市に隣接する複数の自治体業務を受託するシェアード型のBPOセンターを開設

  • タリスマン㍿が昨今需要が高まるPMOの人材・チーム組成を、クイックにアウトソーシングできる新サービスを開始

  • ㍿クロスキャットがDX支援サービスのさらなる強化を目的に、データ分析領域に強みを持つ㍿セラクとデータ分析支援事業において協業を開始

  • AOSデータ㍿が、働き方改革の実現を支援するSaaSトリニティ製品「DataShare3.0」「AIパピルス」「AOS Webinar」の販売促進に伴い、販売パートナーを募集

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中