『JR東海乗務報告アプリ』を東海旅客鉄道株式会社様に納入

『JR東海乗務報告アプリ』を東海旅客鉄道株式会社様に納入
 西菱電機株式会社(本社事務所:大阪府大阪市、代表取締役社長:西井希伊、以下「西菱電機」)は、このたび乗務員の皆様の報告業務を効率化する『JR東海乗務報告アプリ』を開発し、東海旅客鉄道株式会社様(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:金子慎、以下「JR東海」)に納入しました。

 『JR東海乗務報告アプリ』は、在来線に乗務する運転士や車掌の皆様が、乗務中に発生した様々な事象を共有するため、これまで手書きで作成・提出していた乗務報告書を電子化し、業務用スマートフォンで簡単に報告、データベース化を可能とするアプリケーションです。
ICTを活用した業務効率化によって、事故防止・サービス向上・業務改善等に取り組まれている、JR東海の乗務員や運用指令員の皆様のご要望を、当社のソリューションで解決することにより実現しました。

 本アプリの活用により、大幅なペーパレス化に加え、乗務報告書作成時間の短縮が可能となるほか、報告内容の一部を定型化することにより、記載誤りの防止や承認行為の時間短縮等にも貢献します。
 また、蓄積された報告内容を分析することにより、今後の教育訓練や指導方法の改善に活用いただくことも可能です。

 西菱電機は、様々な事業者様が現在直面しているDXや、働き方改革に向けた活動に対し、これまで培ったノウハウを活かして最大限支援することで、社会に貢献してまいります。


■『JR東海乗務報告アプリ』の概要
◆現在の業務

◆『JR東海乗務報告アプリ』を使った業務

  ※報告内容を時期、時間帯、発生箇所、個人等の分類毎に把握することが容易に。

◆『JR東海乗務報告アプリ』で報告する事象
・踏切障害物検知・防護無線受信・車内非常ブザー・動物等衝撃
・非常ブレーキ・非常通報灯・トイレブザー・急病のお客様対応
など、報告事象の約7割

◆使用開始時期
2022年6月15日(水)


■西菱電機株式会社
情報通信機器及びシステムの開発、販売、保守、運用を手がける「情報通信システム事業」、携帯情報通信端末の販売及び修理再生などを手がける「情報通信端末事業」を展開するICTソリューション企業です。

【本件に関するお問い合わせ先】
西菱電機株式会社 本社事務所:大阪市北区堂島 2-4-27 JRE堂島タワー
 広報グループ(本社事務所)TEL:06-6345-4160 
 事業開発室(東京支社)  TEL:03-5777-3977 E-mail:info@cs.seiryodenki.co.jp

引用元:PRTIMES

関連記事

  • 【知の探索と深化】光学機器関連企業が多く保有する画像処理技術の意外な用途展開として10分野での可能性を発見!技術がつなぐ養蜂DXとサステナブル繊維

  • Adecco、三重県桑名市職員を対象に3Skillsプログラム研修の提供を開始

  • ぐるなびは仕入モールのトップ画面をリニューアルしました

  • データ分析をもっと簡単に思い通りにする。Srushが累計2.6億円の資金調達を完了。

  • ナルミヤ・インターナショナルがvisumo videoで新しい動画活用を開始。

  • 【歴代最高】1156億円の総資産額、2万人超による参加によりXANAメタバースのIDOが完了

News

  • 【知の探索と深化】光学機器関連企業が多く保有する画像処理技術の意外な用途展開として10分野での可能性を発見!技術がつなぐ養蜂DXとサステナブル繊維

  • Adecco、三重県桑名市職員を対象に3Skillsプログラム研修の提供を開始

  • ぐるなびは仕入モールのトップ画面をリニューアルしました

  • データ分析をもっと簡単に思い通りにする。Srushが累計2.6億円の資金調達を完了。

  • ナルミヤ・インターナショナルがvisumo videoで新しい動画活用を開始。

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中