アジャイルメディアが、ファンマーケティング運営・分析が可能なツール「アンバサダープラットフォーム」のLINE連携機能の提供を開始

『個の力を最大化し、“小さな経済”を成長させる』をミッションに掲げ、大手から中小企業のマーケティング・DX支援を手がけるアジャイルメディア・ネットワーク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:上田 怜史、東証マザーズ上場:証券コード6573、以下AMN)は、200を越えるブランドに提供してきた「アンバサダープログラム®」における基幹ツール「アンバサダープラットフォーム」にて、LINE連携機能の提供を開始いたしました。

開発の背景

当社は商品/ブランドへの熱量が高いファンを「アンバサダー®」と位置づけ、そのアンバサダーの方々をマーケティングパートナーとして様々な施策を行う「アンバサダープログラム®」(https://agilemedia.jp/ambassador-program)を推進してまいりました。

アンバサダーの方々の登録、SNS発信分析、貢献評価などファンマーケティングの実現に必要な要素をワンストップで提供する当社の基幹ツール「アンバサダープラットフォーム」を用いてプログラム運営を行う中で、以前より下記の様なLINEに関するご要望・課題をいただいておりました。 

企業:アンバサダーの活動活性化や多様なコミュニケーションにLINEを活用したい
ファン:プライベートではメールを利用していないので、情報を受け取る手段としてLINEを使いたい 

他のSNSと比べてLINEは全世代において1~2位を争う高い利用率※となっており、常にログインしていることが多いため、情報を受け取りやすくなっています。このことから、コミュニケーションの活性化が見込めると共に、成果の向上が期待できるという判断のもと、今回のツール連携の実現に至りました。

※出典:総務省 2020年「主なソーシャルメディア系サービス/アプリ等の利用率」調査 

「アンバサダープラットフォーム」LINE連携機能の特徴・メリット

「アンバサダープラットフォーム」はファンの登録、SNS発言収集、キャンペーン実施、貢献評価分析などファンマーケティング実現に必要な要素をワンストップで提供できるツールです。

今回リリースしたLINE連携によって、従来のファンとのコミュニケーションをさらに円滑にし、ファンへの情報伝達や活性化を向上させることが可能となります。

主な機能

①LINEアカウントによる登録・参加

ファンクラブへの登録の際にLINEで登録・ログインが可能

②LINEを通じたメッセージ配信

登録者への「一斉配信」や「個別配信」がLINEを通じて可能

③特定条件でのLINEメッセージ配信

登録情報やファンの貢献度など特定条件でメッセージ送付が可能

主な活用イメージ

「アンバサダープラットフォーム」のLINE連携機能を通じて、多様な条件でメッセージ配信が可能となります。

キャンペーン実施のメッセージ配信

キャンペーン告知・応募・当選連絡、インセンティブ提供の連絡を一斉・個別で連絡することが可能

ファン貢献度によるメッセージ配信

ファンの貢献度やランクに応じてメッセージ内容の管理・配信が可能

特定条件によるメッセージ配信

誕生日や居住地、過去のコミュニケーション内容など、特定の条件を満たしたファンをグループ化し配信が可能

料金

無料(アンバサダープラットフォームの基本料金内にてご利用いただけます。)

※ご利用には LINE公式アカウントが必要となります。
(アカウントをお持ちで無い企業様は専用アカウント新設も可能です。)
※LINE公式アカウント料金プラン以外に、アンバサダープラットフォームによる追加料金は必要ございません。

今後の展開

「アンバサダープラットフォーム」のLINE連携を活用し、企業とファンのコミュニケーションをさらに活性化させるべく、一人ひとりに向けたOne to Oneコミュニケーションを促進してまいります。 

*なお、本件リリースの内容による当社の業績に与える影響は軽微です。 

ファン育成・活性化ソリューション「アンバサダープログラム®」

ファンと企業がつながり、中長期的に関係を深めながら、マーケティングパートナーとしてそのビジネス貢献まで評価・測定できるプログラムです。ファンマーケティングのリーディングカンパニーである当社が、200以上のブランド導入実績ノウハウを活かし、企業や商品のファン組織化から育成、活性化、クチコミ分析まで、ワンストップで提供いたします。

URL: https://agilemedia.jp/ambassador-program

アジャイルメディア・ネットワーク株式会社(AMN)について

AMNは『個の力を最大化し、“小さな経済”を成長させる』をミッションに事業を展開しています。製品/サービスのマーケティング活動をファンと共に推進する「アンバサダープログラム®」や、動画DX特許テクノロジー「PRISM(プリズム)」、中小企業や美容師を支援する「デジタルパンダ」「ヘアスタディ」事業を展開しています。

URL: https://agilemedia.jp/

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿SBI証券とSBIホールディングス㍿がシンプレクス・ホールディングス㍿と資本業務提携契約を締結し、シンプレクス・ホールディングスの普通株式のSBIホールディングスによる取得および合弁会社の設立

  • ㍿ストリートスマートがチエル㍿と教育DX分野で業務提携契約を締結

  • シソーラス㍿が長野DXセンターでの活動を通して培った経験をもとに、開発着手した地方企業の業務改革や新規事業創出を支援するための完全クラウド型デジタルプラットフォーム「goodsoil」をリリース

  • エン・ジャパン㍿が長崎県のソーシャルインパクト採用プロジェクトを実施し、県内で初の副業やリモート可のポジションを新設および「デジタルコーディネーター」を公募した結果、3名の採用が決定

  • 三菱ケミカルグループ㍿および三井化学㍿が、社会・産業の基盤である化学品物流の標準化・効率化に向けた共同検討を開始

  • Aerospike合同会社とLibrus㍿が、Aerospike® Real-time Data Platform分野でパートナー契約を締結

News

  • ㍿SBI証券とSBIホールディングス㍿がシンプレクス・ホールディングス㍿と資本業務提携契約を締結し、シンプレクス・ホールディングスの普通株式のSBIホールディングスによる取得および合弁会社の設立

  • ㍿ストリートスマートがチエル㍿と教育DX分野で業務提携契約を締結

  • シソーラス㍿が長野DXセンターでの活動を通して培った経験をもとに、開発着手した地方企業の業務改革や新規事業創出を支援するための完全クラウド型デジタルプラットフォーム「goodsoil」をリリース

  • エン・ジャパン㍿が長崎県のソーシャルインパクト採用プロジェクトを実施し、県内で初の副業やリモート可のポジションを新設および「デジタルコーディネーター」を公募した結果、3名の採用が決定

  • 三菱ケミカルグループ㍿および三井化学㍿が、社会・産業の基盤である化学品物流の標準化・効率化に向けた共同検討を開始

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中