xID㍿が、住民通知をデジタル完結するサービス「SmartPOST」の提供を開始

マイナンバーカードに特化したデジタルIDソリューション「xID(クロスアイディー)」を提供するGovtech企業、xID株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:日下光、以下:xID)は、9月20日(火)より住民通知をデジタル完結するサービス「SmartPOST」の提供を開始いたします。(※1)

※1…「SmartPOST」サービスを導入している自治体の住民のみ使用可能です。

「SmartPOST」とは

「SmartPOST」は、マイナンバーカードに特化した日本初(※2)の次世代デジタルIDアプリ「xID」内で使用可能な自治体と住民を繋ぐための新サービスです。 「SmartPOST」の特徴は、マイナンバーカードを保有する住民の手元へ正確に通知を届ける到達性の高さと、本人しかそのメッセージを見られない機密性の高さです。また、住民に対して、メッセージの一括送信・個別送信を利便性高く行うことができ、これまで郵送に頼っていた通知物をデジタルで送付することができます。

※2…デジタルID市場において(2022年9月xID株式会社調べ)

自治体職員は、面倒な設定をせずに、xIDが提供する専用管理画面から、「xID」の「自治体からのお知らせ」サービスの利用を希望する住民に、目的に合わせた通知を送ることができます。住民がその通知を開封したかどうかの開封確認も可能です。年明けからは自治体のネットワーク環境「総合行政ネットワーク(LGWAN)」に接続し、職員業務端末から利便性高く利用できます。

「SmartPOST」の提供に至った背景

xIDはこれまで、マインバーカードの普及・利活用を促進したい全国の自治体とともに行政デジタル化の推進に注力してまいりました。一連の取り組みの中で住民サービスのデジタル化推進に関する3つの課題が見えてきました。

  • 片道だけのデジタル化
  • 自治体のオンラインサービスへの導線不足
  • マイナンバーカードの利用促進施策の不足(※3)

これらの課題を「SmartPOST」によって解決し、官民共創による自治体DXを実現します。

※3…「SmartPOST」が解決する行政デジタル化の課題に関しての詳細情報は、こちらをご覧ください:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000037505.html

デジタル通知に必要な機能

「SmartPOST」のリリースにあたり、xIDでは自治体からの住民通知のデジタル化で必要な機能として以下を抽出しました。「SmartPOST」はこれらの機能を備えています。

  1. 本人にのみ通知が届くこと。また、なりすましによる受信や、通知内容の漏洩が起こらないこと(本人性・機密性)
  2. 通知内容が対象住民に確実に届き、受領が自治体側で確認できること(到達性)
  3. デジタル通知の発信者が居住自治体であることが担保されていること(発信元の真正性)
  4. 住民一人ひとりに異なる通知内容を届けることができ、それが容易に実現できること(個別性)
  5. 郵送との平行利用が可能で、職員の業務負担が少ないこと(実務利用)

個人情報を含む通知を行う場合は特に、通知を受信する人が本人であるかが問われます。SmartPOSTは政府ガイドラインに沿った保証レベル2以上の認証強度を担保し、これを確実にします。

メッセージの受領が自治体で確認できる画面
住民へのメッセージ管理画面

「SmartPOST」資料ダウンロードはこちら

「SmartPOST」の開発にあたっては、自治体実務で使えるように、郵送業務の棚卸など利用ケースの検討を自治体職員のみなさまと実施してきました。資料には、「SmartPOST」の機能に加えて、検討プロセスや現時点でどの通知への利用が効果的か、活用場面の紹介も含めています。なお、SmartPOSTはすべての通知をデジタル化することを目指しています。

「SmartPOST」の詳細情報は、下記のフォームよりダウンロードいただけます。

資料ダウンロードフォーム:https://forms.gle/gSWvirwSehWs2E74A

※資料のダウンロードは自治体関係者のみ対象とさせていただいております。

「SmartPOST」無償トライアル申し込みはこちら

xIDでは、引き続き無償トライアル利用の自治体を募集しています。

問い合わせフォーム:https://xid.inc/contact-us
連絡先:info@xid.inc

xID株式会社について

xID株式会社は「信用コストの低いデジタル社会を実現する」をミッションとして掲げ、マイナンバーカードに特化したデジタルIDソリューション「xID」を中心に、次世代のビジネスモデルをパートナーと共に創出するGovtech企業です。 官民双方で信頼される中立的なデジタルIDソリューションとして、これまで不可能だった企業間や官民の壁を超えた、“信頼あるデータの利活用“をスムーズにし、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会、Society5.0を実現していきます。

xID社コーポレートサイト:https://xid.inc
xIDメディア「みんなのデジタル社会」:https://media.xid.inc/

xIDアプリについて

「xID」は、マイナンバーカードと連携することで、より手軽に本人確認、本人認証、電子署名ができるデジタルIDアプリです。初回登録時にマイナンバーカードの署名用電子証明書をスマートフォンのNFCで読み取り、本人確認を実施することでIDを生成。以降、「xID」を使って電子認証・電子署名を行うことで、金融サービス利用開始時の本人確認や行政手続きをオンラインで完結させることができます。

サービスサイト:https://x-id.me/ 「xID」の作成手順紹介動画:https://youtu.be/mYx8FQ6WLgY

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿Borderlessが、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」において、募集による投資申込みの受付を開始することを発表

  • ㍿情報基盤開発が、従業員の心身の健康管理に関するサービスを提供する㍿メンタルヘルステクノロジーズと業務提携契約を締結

  • NTT印刷㍿が、新たに「まるごと電子化日報業務効率化パッケージ」をサービスラインアップに追加し、提供を開始

  • ㍿カヤックが、㍿リビングハウスの一部株式を取得し、資本業務提携を締結

  • サグリ㍿が、これまで目視で行われていた農地パトロール調査を、衛星データとドローンを活用することで、農業委員会が効率的な調査を行うことを実現

  • ㍿キャリアボットが、就活生を支援してきたことで培ったノウハウを活かし、より多くの就活生を支援すべく会員制オンライン就活支援サービス「CAREERBOT PRIME」を無料で開始

News

  • ㍿Borderlessが、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」において、募集による投資申込みの受付を開始することを発表

  • ㍿情報基盤開発が、従業員の心身の健康管理に関するサービスを提供する㍿メンタルヘルステクノロジーズと業務提携契約を締結

  • NTT印刷㍿が、新たに「まるごと電子化日報業務効率化パッケージ」をサービスラインアップに追加し、提供を開始

  • ㍿カヤックが、㍿リビングハウスの一部株式を取得し、資本業務提携を締結

  • サグリ㍿が、これまで目視で行われていた農地パトロール調査を、衛星データとドローンを活用することで、農業委員会が効率的な調査を行うことを実現

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中