AOSデータ㍿が、働き方改革の実現を支援するSaaSトリニティ製品「DataShare3.0」「AIパピルス」「AOS Webinar」の販売促進に伴い、販売パートナーを募集

クラウドデータ、システムデータ、リーガルデータ、AIデータなどのデータアセットマネジメント事業を展開するAOSデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 春山 洋 以下AOSデータ社)は、中小企業(SMB)がDXのビジネス実装を推進するのにおいて要となる、働き方改革の実現を支援するSaaSトリニティ製品「DataShare3.0」「AIパピルス」「AOS Webinar」の販売促進に伴い、販売パートナーを募集いたします。

中小企業(SMB)向けトリニティ製品

背景

国際社会における日本の競争力低下が叫ばれるようになり久しく、その要因となる日本の労働力の減少のみならず、労働生産性を示す指標も確実に低下の一途を辿っており、対策も待ったなしの状況が続いています。政府としても働き方改革を掲げ、働き方改革の柱となる女性や高齢者などの働き手の増加を進める施策だけではなく、企業における長時間労働の解消や労働生産性そのものを向上するための法令改正や、施策を展開しています。

その中で、日本の企業の多くを占める中小企業における働き方改革の実行には、DXによるビジネス実装による対策が求められています。

DXのビジネス実装をSaaSで支援 トリニティ製品

働き方改革を、3つのステップでDXを実現

どの企業においてもデジタルトランスフォーメーションが急務となる中、それぞれの企業においてDXまでの段階は異なります。第1段階は、まずは紙からデジタル化を行う「デジタイゼーション」、第2段階はデジタルデバイスを使ったデータ活用「デジタライゼーション」、そして第3段階、DX(デジタルトランスフォーメーション)のゴールは、AIを使ったデータ活用により、これまでの事業モデルを次世代に適応できる事業モデルに変えることです。

弊社では、各ステップにおいてSaaSソリューションをご提供することにより、DXのビジネス実装をご支援します。

働き方改革の始まりは、ペーパーレス化から AI-OCRソリューション「AIパピルス」

テレワークなど自宅からリモートでアクセスしたいケースが増えています。AIパピルスで会社の活字や手書き書類を外部でもすぐ検索し活用できるようになります。これまで紙ベースだった情報をAI-OCRでデータ化し、さらに暗号化と、検索可能な形に変換することで、会社のデータ資産を安全な共有システムで利用することができます。

BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)を活用したデジタライゼーションの基本的なプロセス

ハンコ、脱Fax脱PPAP、脱サイロ化セキュリティと効率化を両立する

VDRドリブンソリューション「DataShare3.0

企業における脱ハンコ、脱Fax、脱PPAP、脱サイロ化がDXの急務であると叫ばれる中で、クラウドの利用が一般的となり普及をするようになりました。その中で、「ゼロトラスト」というすべてのアクセスを信頼しない、という考え方がこれからは主流となってきます。

従来のように社内と社外を区別して防御するという考えが、セキュリティの基本とされてきましたが、「ゼロトラスト」による考え方は、社内と社外の区別をせず両方において、 通信の暗号化やユーザー認証の強化、デバイス管理などのセキュリティ対策を取ることになります。

これらの機能を搭載したVDRドリブンデータ共有では、ゼロトラストの概念に基づきながらも、 「セキュリティ」と「効率化」の両立を目指していくことが、 企業のDX推進では重要です。この実現に向けて、VDRドリブン製品 「DataShare3.0」でご支援します。日本人に使いやすく、国産SaaSとして開発され、充実したサポート体制もご提供しています。

DXのビジネス実装を進めるオウンドメディアツール「AOS Webinar

「AOS Webinar」はドキュメントビューアー技術を基盤とした、高精度なドキュメントを配信できるウェビナーツールです。革新的なオウンドメディアのトータルサービスとして、DX化を目指す企業へご提供します。

Web会議主体となる多数の製品とは一線を画した多数のユーザーに配信が可能となるウェビナー型をとり、かつマーケティングの一役を担いDX化に貢献するサービスの要となるオウンドメディアとなる「ウェビナー型」x「マーケティングツール」プロジェクトを主軸とし定め。これによりブランドの付加価値を獲得し、業界の認知向上を務めることができます。

中小企業(SMB)向けトリニティ製品を支える、各賞受賞実績のある技術

「DataShare」は、ITreview Grid Awardの3部門で12期連続受賞、2022年10月「ITreview Grid Award 2022 Fall」のクラウドバックアップ部門、PCバックアップ部門、オンラインストレージ部門3部門で前期に続き最高位の「Leader」を受賞の「AOSBOX」のクラウドバックアップ技術、BCN AWARD システムメンテナンスソフト部門最優秀賞13年連続受賞したデータ管理技術、経済産業省長官賞のグループのリーガルテック社のVDR技術を融合し、安全なデータのやりとりと共有および保管システムを基盤とするインテリジェントなDXソリューションとして開発されました。

AOSデータ株式会社について

名 称:AOSデータ株式会社 代表者:春山 洋 設 立:2015年4月 
所在地:東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町ビル4F
資本金:1億円(資本準備金15億2500万円) 
URL: https://www.aosdata.co.jp/

AOSデータ社は、データ管理技術で知的財産を守る活動を続けており、企業5,000社以上、国内会員90万人を超えるお客様のデータをクラウドにお預かりするクラウドデータ事業、20年に渡り100万人以上のお客様の無くしてしまったデータを復旧してきたデータ復旧事業、1,300万人以上のお客様のデータ移行を支援してきたシステムデータ事業で数多くの実績を上げてきました。データ移行、データバックアップ、データ復旧、データ消去など、データのライフサイクルに合わせたデータアセットマネジメント事業を展開し、BCNアワードのシステムメンテナンスソフト部門では、13年連続販売本数1位を獲得しています。また、捜査機関、弁護士事務所、大手企業に対して、証拠データの復元調査や証拠開示で数多くの事件の解決をサポートした技術が評価され、経済産業大臣賞を受けたグループ企業のリーガルテック社のリーガルデータ事業を統合し、今後一層、データコンプライアンス、AI・DXデータを含めた「データアセット マネジメント」ソリューションを通して、お客様のデータ資産を総合的に守り、活用できるようにご支援することで、社会に貢献いたします。

引用元:PRTIMES

関連記事

  • パーソルホールディングス㍿が人的資本経営における、育成・リスキリングに関する企業の取り組み実態調査を実施

  • SUSMED㍿・ClinChoice㍿・㍿リニカルが業務提携し、効率的かつ効果的な臨床試験フルサポートサービスの提供を開始

  • キャディ㍿が米国に現地法人「CADDi Co., Ltd.」を設立

  • ㍿FCCテクノがサイボウズ㍿が提供する「kintone」と、freee㍿が提供する「freee会計」を連携する「キンフリ」をリリース

  • みずほリース㍿が野村不動産㍿が運営する、物流DX推進プラットフォーム「Techrum」に参画

  • ㍿ニーズウェルが企業の業務のDX化をサポートするソリューションとして、アセンテック㍿とともに「SharePoint活用サービス」を開始

News

  • パーソルホールディングス㍿が人的資本経営における、育成・リスキリングに関する企業の取り組み実態調査を実施

  • キャディ㍿が米国に現地法人「CADDi Co., Ltd.」を設立

  • SUSMED㍿・ClinChoice㍿・㍿リニカルが業務提携し、効率的かつ効果的な臨床試験フルサポートサービスの提供を開始

  • ㍿FCCテクノがサイボウズ㍿が提供する「kintone」と、freee㍿が提供する「freee会計」を連携する「キンフリ」をリリース

  • みずほリース㍿が野村不動産㍿が運営する、物流DX推進プラットフォーム「Techrum」に参画

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中