AOSデータ社、デジタル治療薬DTxとAI AOS 2021 November【ウェビナー】開催

▼デジタル治療薬DTxとAI ウェビナーの概要・登録はこちら
https://www.webinarabc.jp/web/dtx/

医療分野でも「ヘルステック」の波が訪れていますが、最近、注目を集めている分野がデジタル治療薬DTx(Digital Therapiutics)です。DTxとは、医師の管理下で患者自身が使用する治療目的のプログラムであり、疾病の予防、診断・治療などの医療行為をデジタル技術を用いて支援、または実施するソフトウェアです。つまり、スマホやタブレットアプリを活用して、疾患の予防や管理、治療を行うシステム全般とも言えます。「治療用アプリ」とも呼ばれています。単なる健康アプリとは、明確に区別され、医薬品医療機器法などの国の規制当局から承認されたものがDTxに該当します。

DTxは、スマホの普及、医療情報のデジタル化という時代の流れの中で、より価値のある医療サービスを提供するためのツールとして期待されています。WebinarABCセンターがウェビナーを通じて、デジタル治療薬DTxの分野と医療分野でのAI活用で先行する企業の最新技術とノウハウを詳しくご紹介いたします。デジタル化の時代に医療が新たな変化に対応し、医療の適正化を実現させるための戦略を提示し、医療のニューノーマル時代を乗り越えるお手伝いをしたいと願っております。無料でご視聴いただけますので、是非、ご参加ください。

ウェビナーの概要

・タイトル :デジタル治療薬DTxとAI AOS 2021 November
・主催 :WebinarABCセンター
・支援 :AOSデータ株式会社
・後援 :リーガルテック株式会社、メロディ・インターナショナル株式会社、南毛利内科、MedTechGroup株式会社
・公開期間 :2021年11月19日(金)10:00~11月30日(火)24:00
・配信方法 :AOS Webinar経由での配信
・対象 :AOSデータ、リーガルテック社のお客様を中心に、企業のIT部門の方、管理部、法務部、知財部の方々など

*WebinarABCセンターは日本経済の新成長動力になるAI,BigData,Cloud のテックエコノミーテーマを中心に行なわれる Webセミナー支援センターです。

デジタル治療薬DTxとAI ウェビナー プログラム

デジタル治療薬DTxとAIの最新潮流
AOSグループ代表 佐々木 隆仁

デジタル治療薬DTxの分野と医療分野でのAI活用で先行する企業の最新技術とノウハウを詳しくご紹介いたします。

産婦人科の遠隔診療 周産期プラットフォーム
メロディ・インターナショナル株式会社 CEO尾形優子氏、Director松田一敬氏

激減している産婦人科の問題を解決するために周産期遠隔医療プラットフォームを提供している、メロディ・インターナショナルのCEOの尾形優子氏、Director松田一敬氏にインタビューを行いました。

コロナ禍の医療現場の安全のために開発した「発熱外来用UV付き簡易診療室 COVID-19 killer3」
南毛利内科 院長 内山 順造氏

ダイヤモンド・プリンセス号で医療隊員を努めた感染症の専門家で、日本で誰もより早く、新型コロナウィルスの感染症に立ち向かい、対策を行ってきた内山先生に、コロナ禍の医療現場の安全のために開発された「発熱外来用UV付き簡易診療室 COVID-19 killer3」をご紹介していただきます。

MedDXにより実現する医療のDX
AOSデータ株式会社 CTO 志田 大輔

AOS MedDXで実現する医療のDXというテーマで、AOS MedDXのデモンストレーションや活用事例をご紹介します。

デジタル治療とallDTx.com
MedTechGroup株式会社の西 直哉氏

DTxとは、デジタルセラピューティクスとも言われ、医師の管理下で患者自身が使用する治療目的のプログラムで、疾病の予防、診断、治療などの医療行為をデジタル技術を用いて、支援、または、実施するソフトウェアのことです。最先端のデジタル治療とallDTx.comについてご紹介します。

※プログラムの内容は、予告なく変更となる可能性がございます。※プログラムの内容は、予告なく変更となる可能性がございます。

AOSデータ株式会社について

名 称:AOSデータ株式会社 代表者:春山 洋
設 立:2015年4月 
所在地:東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町ビル4F
資本金:1億円(資本準備金15億2500万円) 
URL: https://www.aosdata.co.jp/

AOSデータ社は、データ管理技術で知的財産を守る活動を続けており、企業4,500社以上、国内会員90万人を超えるお客様のデータをクラウドにお預かりするクラウドデータ事業、20年に渡り100万人以上のお客様の無くしてしまったデータを復旧してきたデータ復旧事業、1,300万人以上のお客様のデータ移行を支援してきたシステムデータ事業で数多くの実績を上げてきました。データ移行、データバックアップ、データ復旧、データ消去など、データのライフサイクルに合わせたデータアセットマネジメント事業を展開し、BCNアワードのシステムメンテナンスソフト部門では、12年連続販売本数1位を獲得しています。また、捜査機関、弁護士事務所、大手企業に対して、証拠データの復元調査や証拠開示で数多くの事件の解決をサポートした技術が評価され、経済産業大臣賞を受けたグループ企業のリーガルテック社のリーガルデータ事業を統合し、今後一層、データコンプライアンス、AI・DXデータを含めた「データアセット マネジメント」ソリューションを通して、お客様のデータ資産を総合的に守り、活用できるようにご支援することで、社会に貢献いたします。

引用元:PRTIMES

関連記事

  • 業務改革をもたらすデジタルツール発掘イベント「Less is More.」第8回を開催!

  • 静岡銀行の営業活動DXに向け、Salesforceを活用したコンタクト・センター拡充と営業支援システム刷新を支援

  • LINEでスタンプラリーの実現を目指す クラブネッツ、モバイルプロモーションのPKBソリューションと業務提携

  • Buddycomが次世代予測型見守りシステム「Neos+Care」と連携、業務負担軽減に貢献し介護現場のDX化を実現

  • 補助金・助成金DXのStaywayが補助金と地域金融機関、VCから総額7500万円のハイブリッド型資金調達を実施

  • DXビジネス強化のため、IBMビジネス・パートナー契約を締結

News

  • 業務改革をもたらすデジタルツール発掘イベント「Less is More.」第8回を開催!

  • 静岡銀行の営業活動DXに向け、Salesforceを活用したコンタクト・センター拡充と営業支援システム刷新を支援

  • LINEでスタンプラリーの実現を目指す クラブネッツ、モバイルプロモーションのPKBソリューションと業務提携

  • Buddycomが次世代予測型見守りシステム「Neos+Care」と連携、業務負担軽減に貢献し介護現場のDX化を実現

  • 補助金・助成金DXのStaywayが補助金と地域金融機関、VCから総額7500万円のハイブリッド型資金調達を実施

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中