渋谷のライブハウス『TOKIO TOKYO』を運営するHYPE株式会社が “チケット見逃し防止アプリ”『Freax』を事業譲受

目次

渋谷PARCO前に位置する旧 hotel koe tokyo のビル地下1階に誕生したオーダーメイド型ライブハウス「TOKIO TOKYO」を運営するインディーズレーベル HYPE(所在地:東京都目黒区 / 代表:橋本 登希男)は、株式会社Spectra(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役:浅香 直紀)より、チケット見逃し防止アプリ「Freax(フリークス)」を事業譲渡により取得する売買契約を締結したことを発表いたします。同サービスは2022年の夏頃を目標に、新たなサービスとしてリリース予定です。

「Freax」は、2019年5月にリリースされたライブ・フェスなどのリアルの音楽イベントに行くまでの手間を解決し、熱量の高いファンの皆様がもっとライブ・フェスに行きやすくなるアプリです。随時ライブ・フェスの情報が更新され、自分が受け取りたい情報がプッシュ通知でリマインドされるため、ライブ・チケット情報の見逃しや買い忘れをなくします。

本サービスの再リリースに向けて HYPE では以下職種の採用を募集しております。

  • ソフトウェアエンジニア(iOS)
  • ソフトウェアエンジニア(Android)
  • ソフトウェアエンジニア(Backend)

hr@hypes.jp までご連絡お待ちしております。

■ Spectra 代表 浅香より
この度、HYPE社にFreaxを事業譲渡させていただきました。
「Freax」は “情報を通じてアーティストとファンを直接的につなぐ” ことで、ライブへの集客や告知等の機会を最大化することを目的に開発したサービスです。
 
ここ数年、新型コロナウィルスの蔓延やデジタル化の波により、音楽業界は変化を求められているように感じています。従来のライブ・物販を中心としたリアル基軸の設計から、ビジネスモデルやファンとの関係性にデジタルの要素を取り入れ、デジタルとリアルがシームレスにつながる、いわばOMOを前提とする設計が必要になってきているのではないでしょうか。
そういった状況の音楽業界において、HYPE社はリーディングカンパニーになり得る存在だと考えています。オーダーメイド型ライブハウス「TOKIO TOKYO」の運営、現代的なアーティストのマネジメントなど、新たな取り組みを積極的に行っているHYPE社が運営する今後の「Freax」の飛躍を期待しております。

 

■ HYPE株式会社 代表取締役 /TOKIO TOKYO オーナー TOKIOより
2021年3月にライブハウス「TOKIO TOKYO」をオープンし、ライブ現場からカッティングエッジな音楽シーンを発信して来ました。YouTubeやストリーミングサービスが普及し、コロナウイルスによって、「ライブは悪」「音楽は一人で家で楽しむもの」というイメージがうっすらと浸透して来てしまっていますが、HYPE社は音楽の真髄はライブにあるし、現場からまた新たなスターが生まれることを信じて止みません。
また、音楽業界やライブ業界はオンライン化・デジタル化(DX)の浸透が遅い業界だと感じており、ミュージシャンやファンだけでなく、業界関係者のDXへのニーズは強く感じております。HYPE社としても、やっとOMOへのチャレンジができる体制が整いつつあると思い、今回の事業譲受を進める形となりました。
 
今後TOKIO TOKYOを中心に、今回事業譲受したチケット見逃し防止アプリなどオフラインとオンラインをシームレスに繋ぎ、さらにミュージックラバーの皆様が音楽エンタテイメントを心底楽しみ、走馬灯に出て来ちゃうくらいの体験をお届けしていきます。「Freax」運営元のSpectra浅香さんは自分の前職メルカリの先輩であり、露木氏は二人で代々木公園を1周散歩する仲です。友人でもあるお二人から事業とビジョンを譲り受けることができ、とても嬉しく思います。

 ■ 単なる箱貸しではない、企画から届けるまでを担う箱「TOKIO TOKYO」

ライブイベントトータルプロデューススタジオとして、「TOKIO TOKYO」はアーティスト様のニーズに合わせ、オーダーメイドのプランニングや、ライブ未経験のアーティスト様の初ライブのコーディネートなど、当社プランナーを含めゼロから作り上げるサポートをいたします。ライブハウスでのライブも、オンラインライブも、情報があふれるこの時代に必要とされるのは 「そのライブを、“絶対観たいライブ” にすること」です。いつもとは少し違った演出や体験、アーティスト様にとっても、ファンの皆さまにとっても特別なライブを、一緒に作り上げましょう。※アーティスト様及びイベント企画者様などは tokiotokyo@hypes.jp までお問い合わせください。

■ ライブハウス概要
名称  :TOKIO TOKYO(トキオトーキョー)
住所  :東京都渋谷区宇田川町3-7-B1
動員数 :250人(最大)※感染症対策時は約100人
運営  :HYPE株式会社
WEB:https://tokio.world/
Twitter :https://twitter.com/TOKIOTOKYO_
Instagram:https://www.instagram.com/tokiotokyo_/
  
 
 ■「Freax」とは

「Freax」は、ライブ・フェスなどのリアルの音楽イベントに行くまでの手間を解決し、熱量の高いファンの皆様がもっとライブ・フェスに行きやすくなるアプリです。随時ライブ・フェスの情報が更新され、自分が受け取りたい情報がプッシュ通知でリマインドされるため、ライブ・チケット情報の見逃しや買い忘れをなくします。

■ 本件に関するお問い合わせ先
メディア様など取材に関して:中沢 / E-mail:pr@hypes.jp
アーティスト様及び「TOKIO TOKYO」使用に関して:高木 / E-mail:tokiotokyo@hypes.jp
HYPE Inc.:https://hypes.jp/

引用元:PRTIMES

関連記事

  • 新潟県岩船郡粟島浦村がWeb完結型電子契約「クラウドサイン」を導入。村および離島における日本初の事例としてDXを推進

  • 脆弱性管理クラウド「yamory」が、緊急脆弱性の速報通知機能を開始

  • 富士通、AWSと金融業界および小売業界のDX加速に向けて戦略的協業

  • 水上交通分野におけるDX・スマートシティにかかる研究開発等で連携協定を締結

  • 環境省がレバテックでDX人材をスカウト

  • サイバー大学、 IT分野の専門職教育サービスを強化 「プロフェッショナルラーニングセンター」設立

News

  • 新潟県岩船郡粟島浦村がWeb完結型電子契約「クラウドサイン」を導入。村および離島における日本初の事例としてDXを推進

  • 水上交通分野におけるDX・スマートシティにかかる研究開発等で連携協定を締結

  • 富士通、AWSと金融業界および小売業界のDX加速に向けて戦略的協業

  • 脆弱性管理クラウド「yamory」が、緊急脆弱性の速報通知機能を開始

  • 環境省がレバテックでDX人材をスカウト

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中