STRAYM ART AND CULTURE㍿とSBINFT㍿が、STRAYM ART AND CULTUREが企画したNFT作品をSBINFTへ提供していくことで業務提携を締結したことを発表

アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM (ストレイム)」を運営するストレイム アート アンド カルチャー株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役: 長崎幹広、以下 ストレイム)と、パブリックチェーンによる統合型NFTマーケットプレイス「SBINFT Market」を運営するSBINFT株式会社(本社:東京都港区、代表取締役: 高長徳、以下SBINFT)は、ストレイムが企画したNFT作品をSBINFTへ提供していくことで業務提携を締結したことを発表いたします。

NFT作品提供の第一弾として、国内外で幅広く活躍している日本人アーティスト「ヒロ杉山」が新たに取り組んでいる「AI(人工知能)」を使った作品の中から不滅のSF超大作をオマージュしたNFT作品が「SBINFT Market」にて販売することをお知らせします。

ストレイムは、アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM」を運営するアートテックスタートアップです。「STRAYM」では、ユーザーがアート・NFTアート作品を分散保有することができ、現在約1万人のユーザーにご利用いただいています。特に、ストレイムは創業メンバーが有する国内外のアーティストとの豊富なネットワークを通じて、魅力的なアート・NFT作品を提供してまいりました。

NFT作品提供事業の開始

この度、ストレイムは既存の「STRAYM」事業に加え、自社が有する豊富なアーティストとのネットワークを活用し、他社プラットフォームへのアート作品の提供事業に取り組んでまいります。NFT作品提供事業を通じて、より多くの人へアートの魅力をお届けし、引いては日本のアート市場の活性化に貢献してまいります。

第一弾: 「パブリックチェーンによる統合型NFTマーケットプレイス『SBINFT Market』」へNFT作品の提供

NFT作品提供の第一弾として、SBINFT運営の「SBINFT Market」にストレイムが企画したNFT作品を提供します。

この度提供するNFT作品は国内外で幅広く活躍する「ヒロ杉山」氏がストレイムとコラボレーションして企画したNFT作品です。

提供NFTアート作品

AI(人工知能)を用いてヒロ杉山が不滅のSF超大作へのオマージュを織り交ぜて制作した貴重な作品の数々。

アーティスト名: ヒロ 杉山
アーティスト/キュレーター/京都造形美術大学客員教授/エンライトメント代表

1987年谷田一郎と近代美術集団を結成。1989年、日本グラフィック展外国審査員賞受賞。1991年別名の竹屋すごろく名義でイラストレーション誌、ザ・チョイスのグランプリを受賞。1997年米津智之とエンライトメントを設立。有名人のポートレート作品を多数制作しており、一連の作品はアンディウォーホルのポートレート・シリーズとも比較される。木村拓哉をCGにして動かすTBCのCMは大きな反響を呼んだ。テイ・トウワのVJなど活動は多岐にわたる。

SBINFT株式会社 概要

SBINFTは、パブリックチェーンによるNFTマーケットプレイス『SBINFT Market』を運営しています。自律分散型エコシステムの構築を掲げ、NFTマーケットプレイスを中心とするビジネスモデルに留まらず、Web3.0を牽引するような新時代のビジネス創出を目指しています。

会社名: SBINFT株式会社
代表者: 代表取締役 高 長徳
住所: 東京都港区六本木1-6-1
コーポレートサイト: https://sbinft.co.jp/
サービスサイト:https://sbinft.market/

STRAYM(ストレイム)について

アート・NFTのオーナー権を分割して保有することができる分散型保有プラットフォームです。

ストレイムでコレクションするメリット

  1. 厳選したアート・NFTの中からお気に入りを見つけことができる
  2. より自由に自分だけのアートコレクションポートフォリオを構築できる
  3. 保有したアート・NFTを簡単に管理・資産形成できる
  4. オーナー権の累計購入金額に応じたステータスにより、VIPプログラムを獲得できる
  5. アートコレクターが集まるコミュニティ「STRAYM JAM」に参加できる

​ストレイムで出品するメリット

  1. アート・NFTを段階的・部分的に売却できる
  2. 出品したアート・NFTを再度買い戻すこともできる
  3. アート・NFTの保管や展示をストレイムに委託できる
  4. アート・NFTが二次流通した際には、ロイヤリティを受け取ることができる
  5. 美術館はアートを展示したまま出品して資金調達ができる

STRAYMサービスサイト: https://straym.com/

Instagram: https://instagram.com/straym_art/
Twitter: https://twitter.com/straym_art
LINE: https://lin.ee/329BAST
※InstagramやTwitterなどでも最新情報を配信していきます。

ご登録は無料、ご本人様確認不要ですぐにお取引が可能です。
https://straym.com/

ストレイム アート アンド カルチャー株式会社 概要

アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」を通して、「オーナー権の分散化」「オーナー権のNFT化」「ロイヤリティのアーティスト還元」「コミュニティの創造」「トークノミクス」など、アート・ブロックチェーン・ファイナンスを融合した世界に類を見ないアート・NFTの活発的な取引市場を構築。アート保有をより身近な体験へと導き、アート市場の拡大、アーティストの活動を持続的に支援して、より創造的な社会の実現を目指しています。

会社名: ストレイム アート アンド カルチャー株式会社
代表者: 代表取締役 長崎幹広
所在地: 東京都渋谷区神宮前2-4-20
設 立: 2017年9月
コーポレートサイト: https://straym.co.jp

本リリースに関してのお問い合わせ

ストレイム アート アンド カルチャー株式会社
担当: 片岡 (カタオカ)
メールアドレス: info@straym.co.jp

* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿エムケイシステムがクラウドストレージサービス「ShalomPost」のサービス提供を開始

  • ㍿トモヤが企業ユニフォームや学生服の申込・集計をサポートするユニフォームオーダー支援システム「TANQ」の本格的なサービス提供を開始

  • Aokumo㍿がAWSパートナー6社と共に「Cloud Native Builders Group」を設立

  • トクティー㍿がJTB旅連事業㍿と業務提携契約を締結

  • ㍿MatrixFlowがAI素材の流通基盤となるべく、MatrixFlowマーケットプレイスをリリース

  • ㍿いえらぶGROUPが㍿Tryellと連携し、Tryellが運営する「オンライン内見ポータル」との賃貸物件情報の連動を開始

News

  • ㍿トモヤが企業ユニフォームや学生服の申込・集計をサポートするユニフォームオーダー支援システム「TANQ」の本格的なサービス提供を開始

  • ㍿エムケイシステムがクラウドストレージサービス「ShalomPost」のサービス提供を開始

  • Aokumo㍿がAWSパートナー6社と共に「Cloud Native Builders Group」を設立

  • トクティー㍿がJTB旅連事業㍿と業務提携契約を締結

  • ㍿MatrixFlowがAI素材の流通基盤となるべく、MatrixFlowマーケットプレイスをリリース

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中