ワークフローシステム「AgileWorks(アジャイルワークス)」とWeb完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」が連携開始

クラウドサイン・AgileWorks連携サービスについて

ワークフローシステム「AgileWorks」とクラウドサインを連携させた「クラウドサイン・AgileWorks 連携サービス」は、契約書のリーガルチェックから契約締結・管理までを一気通貫でシステム化・ペーパーレス化することが可能なサービスです。「AgileWorks」上で社内決裁後に自動的に「クラウドサイン」に連携され、契約書のPDFアップロード、電子署名、データ保存までを行うことができるので、契約の締結業務の効率化、迅速化が期待できます。

名称:クラウドサイン・AgileWorks 連携サービス
URL:https://www.softcreate.co.jp/ecs/cloudsign-workflow
価格:初期費用:15万円 月額費用:2万円~
※別途クラウドサインおよびAgileWorks のご契約が必要となります。

本サービス利用前の契約締結に至るプロセス

社内で契約書の回覧から承認・決裁までを行い、② 承認された契約書を印刷・製本した上で印紙を貼り付けて押印し、契約締結先に郵送で送付します。③ 契約締結先では、郵送で受け取った契約書に印紙を貼り付け押印し、契約書を返送します。④ 契約締結された契約書は両社で保管します。

本サービス利用後の契約締結に至るプロセス

ワークフローシステム「AgileWorks」で契約書の社内の承認・決裁を行うと同時に、自動的にクラウドサインへ連携し、電子契約のプロセスを開始します。② Web完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」を利用して電子契約を締結します。③ 締結した契約書データは自動的にクラウドに保管されます。

このように契約締結までの一連の業務が社内と社外の両方で、デジタルでシームレスに行えるので、契約の締結業務を大幅に効率化、迅速化することができます。また、紙の契約書のように保管場所や保管コストに悩む心配がありません。

連携の背景

企業におけるテレワークの推進や、政府による電子署名・電子契約に関連する法整備などが行われています。これに伴い、ワークフローシステムや電子契約システムのニーズも高まり、働く環境の変化に合わせたDXが加速しています。今回は「AgileWorks」と「クラウドサイン」の双方のサービスを利用されるお客さまにとって、さらなる利便性を高めるため、契約の決裁から締結・管理を自動化する「クラウドサイン・AgileWorks 連携サービス」の提供に至りました。なお、エイトレッドが提供する中小企業向けのワークフローシステム「X-point Cloud」および「X-pointパッケージ版」と「クラウドサイン」の連携サービスも提供中です。

セミナーのご案内

「AgileWorks」、「クラウドサイン」、「連携サービス」を一挙にご紹介する3社合同のウェビナーを開催します。ぜひお気軽にご参加ください。

日時:2月16日(水) 11時〜12時
主催:ソフトクリエイト
共催:クラウドサイン / エイトレッド
▼概要・お申込方法
https://www.softcreate.co.jp/seminar/detail/407
※ウェビナー形式でのオンライン開催となります

各社からのコメント

株式会社ソフトクリエイト
執行役員 技術本部本部長 小嶌 尚臣

ワークフローシステム「AgileWorks」とWeb完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」を使用している企業様には利便性が高まるサービスとなっております。今回の連携によって、DX(デジタルトランスフォーメーション)化と業務生産性の向上だけでなく、お客様の契約業務プロセスの効率化や迅速化への改善に繋がることを期待しております。

弁護士ドットコム株式会社
取締役 クラウドサイン事業本部長 橘 大地

第1弾のX-pointとの連携サービスに引き続き、「クラウドサイン・AgileWorks連携サービス」のリリースを心より歓迎いたします。ニューノーマルな働き方におけるDXの実現には、分断するツールの機能連携は欠かせないものと考えています。今後もソフトクリエイト社、エイトレッド社との連携を強化し、お客様の業務課題解決に貢献してまいります。

株式会社エイトレッド
代表取締役社長 岡本 康広

この度、「AgileWorks」と「クラウドサイン」が連携し、リーガルチェック(申請~承認)から契約締結・管理までをシームレスに行えるサービスが提供開始されることを心より歓迎いたします。ソフトクリエイト社は、数々の電子契約に関する連携サービスを先んじて手がけるなど、新しいチャレンジにスピード感をもって取り組んでおり、今後もパートナーシップを通じてお客様のDX推進に寄与できることを期待しております。今後、データの活用や業務効率化のためシステムの連携ニーズはますます高まることが見込まれます。全社を網羅した意思決定やデータの蓄積が可能なワークフローは、連携の核となりうる存在と考え、さらなる連携サービスの強化に尽力してまいります。

クラウドサインについて  https://www.cloudsign.jp/

クラウドサインは、「紙と印鑑」を「クラウド」に置き換え、契約作業をパソコンだけで完結できるWeb完結型クラウド契約サービスです。全てがクラウド上で完結するため、契約締結のスピード化とコスト削減を実現します。電子契約機能は、「いつ・誰が・どの契約に合意したか」を証明する厳格な電子署名とタイムスタンプを付与します。リモートワークの環境下においても契約書の証拠力を担保しながら、事業活動に重要となる円滑な契約業務を可能にします。2015年の提供開始以来、企業や自治体などで幅広く導入されている、電子契約市場No.1 ※の電子契約サービスです。※ 株式会社富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2021年版」(電子契約ツール2020年度実績)市場占有率

引用元:PRTIMES

関連記事

  • 新潟県岩船郡粟島浦村がWeb完結型電子契約「クラウドサイン」を導入。村および離島における日本初の事例としてDXを推進

  • 富士通、AWSと金融業界および小売業界のDX加速に向けて戦略的協業

  • 水上交通分野におけるDX・スマートシティにかかる研究開発等で連携協定を締結

  • 脆弱性管理クラウド「yamory」が、緊急脆弱性の速報通知機能を開始

  • 環境省がレバテックでDX人材をスカウト

  • サイバー大学、 IT分野の専門職教育サービスを強化 「プロフェッショナルラーニングセンター」設立

News

  • 新潟県岩船郡粟島浦村がWeb完結型電子契約「クラウドサイン」を導入。村および離島における日本初の事例としてDXを推進

  • 水上交通分野におけるDX・スマートシティにかかる研究開発等で連携協定を締結

  • 富士通、AWSと金融業界および小売業界のDX加速に向けて戦略的協業

  • 脆弱性管理クラウド「yamory」が、緊急脆弱性の速報通知機能を開始

  • 環境省がレバテックでDX人材をスカウト

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中