関東自動車株式会社は、宇都宮・佐野~羽田空港線でリアルタイムの到着時刻予測サービスを開始

関東自動車株式会社は、高速バス利用者向けの到着時刻予測をリアルタイムで提供します。また、便ごとの遅延実績や混雑実績を確認でき、遅れの少ない便や、空いている便を選んで乗車するなど、利用者のニーズにあわせた情報提供を開始します。

関東自動車株式会社(代表取締役社長:吉田 元、本社:栃木県宇都宮市)と株式会社みちのりホールディングス(代表取締役グループCEO:松本 順、本社:東京都千代田区、以下「みちのりHD」)は、HERE Technologies社(以下「HERE」、※1)が提供する位置情報技術を活用した、高速バス利用者向けの到着時刻予測サービスを提供開始します。本サービスでは、渋滞や天候などにより変動する高速バスの到着時刻を、道路混雑状況などを加味したHEREの技術を活用することによりリアルタイムで予測してお知らせします。予測情報を外部と共有することもでき、例えば送迎者と共有することで待ち時間がリアルタイムにわかります。また、便ごとの過去の遅延実績や混雑実績を確認できる機能も提供します。遅れの少ない便や、空いている便を選んで乗車するなど、乗車便の選択に活用いただけます。
みちのりグループでは会津バスの一部路線で2021年9月に本サービスを提供開始しており、今回は第二弾の導入となります。今後も様々な機能拡張によって利便性の向上を目指します。

 【本サービスの特徴】
これまでも高速バス向けにバスロケーション(バスロケ)サービスと呼ばれる類似のサービスが提供されていましたが、その多くは路線バスで使われている技術を基に提供されており、到着時刻の予測にはリアルタイムの道路状況が反映されていませんでした。
本サービスでは、システム開発をデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に定評のある株式会社モンスターラボ(以下、「モンスターラボ」、※2)が行うことで、利用者導線を意識したUI/UXを目指しています。また、エンタープライズ領域においてグローバルで高いシェアを有するHEREの位置情報技術をシステム開発に活用することで、利用者へのリアルタイムでの情報提供を実現しています。
今回のサービスでは以下の機能を実装しています。
●    QRコード読取による乗車中の便の運行情報表示(検索の省略)
●    運行経路と現在車両位置の見える化
●    選択した目的地への到着時刻の予測
●    途中停留所への到着時刻の予測、実績の表示
●    到着時刻の(車外)ユーザーとの共有
●    便ごとの時刻表、過去の遅延実績、混雑実績の表示

〔サービス画面〕

【サービスの利用方法】
(搭乗者画面)
①    QRコードを読み取ってサービスに接続
②    降車予定の停留所を選ぶ
➡ リアルタイムで到着予測時刻が表示される
➡ 地図上で車両の位置や運行経路を確認できる

(便検索画面)※後日提供開始予定
①    便検索画面のURL(https://kanto.ptdx-platform.com/search)にアクセス
②    乗降停留所を指定
➡ 走行する便に時刻表が表示される。
➡ 過去の遅延実績、混雑実績が表示される。前後の便との比較表示も可能。

【提供予定路線】
●導入路線 : 宇都宮・鹿沼・佐野⇔羽田空港線(マロニエ号)
●開始日  : 2022年7月15日(金)より


 ※1 HERE概要
HEREは、位置情報サービス分野の世界的なリーディング企業として、自動車業界で確固たる地位を築いてきました。近年は、物流、交通、サプライチェーン、メディア、通信等、幅広い業種・業界にも位置情報プラットフォームを展開しています。日本においては、2020年5月に三菱商事株式会社などからの出資を受け入れ、同社の有する幅広い産業とのネットワークも活用しながら、日本市場での成長加速、提供サービス拡充に取り組んでいます。
HEREの詳細は以下のサイトをご参照ください。
www.here.com および http://360.here.com
https://www.here.com/jp(日本語での情報)

※2 モンスターラボ概要
モンスターラボは、世界20の国と地域、約1,300名のタレント(人材)を活用し、デジタルコンサルティング事業・プロダクト事業を展開するモンスターラボホールディングスの日本における事業会社です。
クライアントのデジタル領域の課題に対し、強みである「ビジネス・デザイン・テクノロジーの三位一体」「グローバルなナレッジ」「フレキシブルなチーム組成」を活かし、最適なソリューションを提供。伴走しながらDX推進をサポートします。
モンスターラボの詳細は、以下のサイトをご参照ください。
https://monstar-lab.com/jp/

■参考.企業情報
【関東自動車株式会社】
所在地:栃木県宇都宮市簗瀬四丁目25番5号
設立:1927年5月
代表者:代表取締役社長 吉田 元
事業内容: :バス事業(乗合・高速・貸切・特定)、旅行業、自動車整備業、索道事業
保有車両数:一般乗合405両、一般貸切126両、特定旅客:27両
サイト: https://www.kantobus.co.jp

【株式会社みちのりホールディングス】
所在地:〒100-6608 東京都千代田区丸の内一丁目9番2号 グラントウキョウサウスタワー8階
設立:2009年3月
代表者:代表取締役グループ CEO 松本 順
グループの事業内容:バス事業(乗合・高速・貸切)、鉄道事業、観光事業(旅行代理店・ホテル)、車両整備事業、 不動産事業
サイト: https://www.michinori.co.jp/

引用元:PRTIMES

関連記事

  • TAMAGO Groupがクリエイター及びそのファンによる共同研究開発を支援する「TAMAGO」を発足し、NFTインキュベーションプラットフォーム「DIGIEGGS」のホームページを公開

  • ㍿文化資本創研のデジタル・オープンイノベーション・キャンパス準備委員会が、デジタル・オープンイノベーション・キャンパスを設け、産学連携での「DAO」の実証実験の実現に向けて着手

  • ㍿J-CAMが提供する「BitLending」が、正規版サービスをリリース

  • ㍿Space Viewが、新たな事業の柱としてメタバース事業に参入する事を発表

  • ㍿プレイネクストラボがが、「LINE SMART CITY GovTechプログラム」に「Lアラート」を連携できるオプションサービスをリリース

  • ㍿GValue東北が、弘前市内で取り組まれる地域DXの具現化を図る事業へのシステム提供及び、委員会へ参画を発表

News

  • TAMAGO Groupがクリエイター及びそのファンによる共同研究開発を支援する「TAMAGO」を発足し、NFTインキュベーションプラットフォーム「DIGIEGGS」のホームページを公開

  • ㍿文化資本創研のデジタル・オープンイノベーション・キャンパス準備委員会が、デジタル・オープンイノベーション・キャンパスを設け、産学連携での「DAO」の実証実験の実現に向けて着手

  • ㍿J-CAMが提供する「BitLending」が、正規版サービスをリリース

  • ㍿Space Viewが、新たな事業の柱としてメタバース事業に参入する事を発表

  • ㍿プレイネクストラボがが、「LINE SMART CITY GovTechプログラム」に「Lアラート」を連携できるオプションサービスをリリース

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中