「産経新聞社×ワークス・ジャパン2023年卒大学生就職人気企業ランキング」の調査結果を発表

企業の採用を支援する株式会社ワークス・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役:清水信一郎、以下 ワークス・ジャパン)は、株式会社産業経済新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:飯塚浩彦、以下 産経新聞社)と合同で、2023年3月卒業・修了予定の大学生、大学院生を対象に、就職希望先企業調査を実施しました(回答数2万9150票)。

調査サマリ

  1. コロナ時代でオンライン中心の就職活動を行っている学生は、どのような価値観や視点で就職希望先企業を選択したのか

  2. 文系総合では、「生命・損害保険」「総合商社」「銀行・証券」が上位に

  3. 理系総合では、「IT・ソフトウェア」「コンサル」に人気が集まる

  4. 就職活動の起点はインターンシップとなっている

  5. 企業の取り組みに対して学生の共感・納得を促すための情報発信も重要に

調査概要

2023年卒大学生就職希望企業人気ランキング

調査対象

2023年3月卒業見込みの全国大学3年生、大学院1年生 ​※調査開始時点

調査期間

2021年10月1日~2022年1月31日

調査方法

就職対策サイト「キャンパスキャリア」およびワークス・ジャパン主催の各種イベントでアンケート告知を行い、WEB上のアンケートフォームで回収。就職を希望する企業ランキングは第1志望から第5志望までの選択方式で、第1志望には5ポイント、第2志望には4ポイント、第3志望には3ポイント、第4志望には2ポイント、第5志望には1ポイントを配分して集計。

有効回答数

29,150票

就職希望企業人気ランキング結果|文系総合

▼21~100位はこちら
https://bit.ly/3HH9Pvq

金融大手、総合商社に支持。インターンシップが採用活動の起点に

文系総合の1位は、伊藤忠商事、2位は損害保険ジャパン、3位には東京海上日動火災保険が入りました。伊藤忠商事は、視聴者制限なしのオンラインセミナーやVRを活用したイベントを開催するなど、現在の学生と親和性の高い情報発信を強化。損害保険ジャパンは、22卒よりインターンシップをオンライン化。アンケートやチャット機能を活用したグループワーク方式で業務体験を促すなど、企業と学生の双方向性を意識した広報活動や現場社員との交流を多く設けて企業理解や共感を促す施策を数多く行ったことで、学生の支持を集めたようです。

就職活動の起点はインターンシップ

多くの企業が、昨年9月に実施した「インターンシップ人気企業ランキング」でも上位にランクインしています。学生からも「事業戦略パートナーとして新しいビジネスモデルへ挑戦している姿勢に共感できた」(東京海上日動火災保険)、「副業や週2週3勤務が可能など、働き方改革への高い意識を感じた」(みずほフィナンシャルグループ)といった声が聞かれ、インターンシップを起点として学生と密なコミュニケーションを徹底し、企業理解・事業理解を促すことで学生からの高い興味関心につなげているようです。

文系男子では「不動産」、文系女子では「出版」が人気

その他の業界に目を向けると、9位のニトリ、12位の講談社、17位の楽天グループなど、学生にとって身近な商材を扱う企業も高い支持を得ています。男女別にみると、文系男子では、10位に三井不動産、14位の三菱地所といった「不動産」が、文系女子では、4位に講談社、12位の集英社などの「出版」が上位にランクインしました。

就職希望企業ランキング結果|理系総合

▼21~100位はこちら
https://bit.ly/3HH9Pvq

DX推進や社会への貢献性の2軸に支持が集まる

理系総合のトップは、ソニーグループ。2位にはNTTデータが入りました。8位の日立製作所、10位の富士通も含め、各社事業領域は異なるものの、DX推進といったビジネスイノベーションへの取り組みを強化しており、学生からも「高い技術力を有していると感じる」といった声が多くあがりました。

若手からスキルを磨ける場として支持を集める「コンサル」

3位のアクセンチュア、5位の野村総合研究所、20位のPwCといったコンサル系も支持を集めています。各社の企業サイトには、AIやブロックチェーンといったキーワードが並び、企業のDX化や働き方改革における重要なパートナーとしての存在感の大きさや「若いうちからスキルを磨くことができると感じる」など、学生が自身のキャリア形成を見据えた上で魅力的な場であると感じているようです。

マッチング採用を重視するモノづくり、インフラ系メーカー人気も根強い

4位のトヨタ自動車、6位のパナソニック、12位の三菱重工業など、事業のスケール感や幅広い事業領域、社会貢献性の高さが特徴であるモノづくり、インフラ系メーカーへの支持も根強いものがあります。採用手法もマッチングを丁寧に行うアプローチが主体で「やりたい仕事ができるから」「自分の専攻を活かしたい」という学生から人気を集めています。

幅広い業界が積極採用。高まる理系人材人気

20位の伊藤忠商事、31位の三井不動産など、従来文系学生から就職希望先としての人気が高い企業も上位にランクインしました。事業幅の拡大により理系人材の獲得を積極的に行っており、「理系にも活躍フィールドがある場」として浸透してきているようです。

男女別ランキングを見ると、理系男子は総合と大きな差がない一方で、理系女子は、1位の資生堂、2位のコーセー、6位の味の素、7位の花王、9位の森永乳業が上位10位に入り、「薬品・化粧品・日用品」や「食品」人気が目立っています。

▼理系専攻別ランキングはこちら
https://bit.ly/3HH9Pvq

▼大学別ランキングはこちら
https://bit.ly/3HH9Pvq

▼業界別ランキングはこちら
https://bit.ly/3HH9Pvq

大手志向が進み、インターンシップの重要性も高まる

就職希望先の企業を選んだ理由については、「やりたい仕事ができそう」が35%、「業界上位の企業だから」18%と、大手企業という枠で仕事軸を優先している傾向が見られます。「インターンシップでの印象がよかったから」が14%と、早期からの学生への広報活動が重要であることもわかります。

「IT・ソフトウェア」「銀行・証券」に支持が集まる

1位は「IT・ソフトウェア」。社会課題となっているDX推進や働き方改革などのイノベーションに欠かせないテクノロジーを有する業界として支持が集まっているようです。コロナ禍で改めて社会インフラとしての重要性が認識された「金融」や身近な商材を扱う「食品・製菓・飲料」も人気を集めています。

オンライン化が進む一方で、「リアルな情報」の取得や提供に課題が

コロナ禍での就職活動で苦労している点について聞くと、「社員と対面接触ができず、社風や雰囲気がつかみにくい」45%、「コミュニケーションがとりづらい」20%、「働く場所のイメージがしにくい」12%と対面であれば普通に得られていた情報を取得するのが難しくなっていることが分かります。

企業選びの決め手として「やりたい仕事ができそう」が重視されているため、学生に伝わっていない仕事の魅力、やりがいを感じ取ってもらうための広報戦略は必須と言えそうです。

総括

業界・企業の取り組みや存在価値も企業選びの軸に

文系総合ランキングで支持を集めた「損保・銀行」は社会を支えるインフラ的存在として改めてその存在価値を示しており、「総合商社」は脱炭素時代を見据え、非資源分野の拡大という新たなチャレンジをしながら収益を伸ばしています。理系総合ランキングでキーワードとなったDX推進なども含め、コロナ禍で各業界の先行きが不透明となるなかで、企業として「挑戦する姿」を示せていることが支持につながっているようです。

重要性が高まる、理解・共感を促すための情報発信

オンラインが定着した就職活動。一方で、職場見学や工場見学ができなくなり、企業理解や先輩社員の雰囲気など、対面であれば普通に得られていた情報を取得するのが難しくなっています。

コロナの収束が見えない以上は、WEBや動画、SNSなどの広報ツールを有効活用しつつ、数少ない対面接触の機会で学生が抱いている企業に対するイメージをアップさせることができるかや、年間を通して戦略的な広報活動をプランニングして実行できるかが、学生、企業両者にとってプラスになると言えるでしょう。

キャンパスキャリアとは

キャンパスキャリアは本選考・インターンシップ選考の就活対策サイトです。内定を獲得した先輩就活生のES、面接やGDの内容、人気企業の採用傾向、インターンシップ参加による本選考優遇情報など、「選考攻略」を無料でお届けします。また、業界研究や企業検索、選考日程のお知らせなど、様々な機能をご利用いただけます。

キャンパスキャリア会員限定特典として、大手上場企業を中心に、採用担当者・OB/OGが登壇する、会員限定のオンライン・対面の就活イベントにも参加いただけます。

会社概要

株式会社ワークス・ジャパン

所在地  東京都千代田区鍛冶町2丁目2番2号 神田パークプラザ7階
HP    http://www.worksjapan.co.jp/
設立   2010年7月7日
資本金  1億1,250万円(2021年5月末現在)
代表者  清水信一郎
事業内容 企業人事部向けコンサルティングとサービス提供、採用プロモーションの企画・立案、Web、映像、パンフレット等、各種ツールの企画・制作 、採用業務支援システム事業、適性アセスメント事業、学生就職支援・キャリアデザイン事業など

株式会社産業経済新聞社

所在地  東京都千代田区大手町1丁目7番2号
HP     https://www.sankei.jp/
設立   1955年2月15日
資本金  31億7,219万8,500円
代表者   飯塚 浩彦
事業内容 産經新聞、サンケイスポーツ、夕刊フジ、 雑誌「正論」など各種媒体を発行、産経ニュースほか各種デジタルサイトの配信、イベント事業など

引用元:PRTIMES

関連記事

  • 新潟県岩船郡粟島浦村がWeb完結型電子契約「クラウドサイン」を導入。村および離島における日本初の事例としてDXを推進

  • 脆弱性管理クラウド「yamory」が、緊急脆弱性の速報通知機能を開始

  • 富士通、AWSと金融業界および小売業界のDX加速に向けて戦略的協業

  • 水上交通分野におけるDX・スマートシティにかかる研究開発等で連携協定を締結

  • 環境省がレバテックでDX人材をスカウト

  • サイバー大学、 IT分野の専門職教育サービスを強化 「プロフェッショナルラーニングセンター」設立

News

  • 新潟県岩船郡粟島浦村がWeb完結型電子契約「クラウドサイン」を導入。村および離島における日本初の事例としてDXを推進

  • 水上交通分野におけるDX・スマートシティにかかる研究開発等で連携協定を締結

  • 富士通、AWSと金融業界および小売業界のDX加速に向けて戦略的協業

  • 脆弱性管理クラウド「yamory」が、緊急脆弱性の速報通知機能を開始

  • 環境省がレバテックでDX人材をスカウト

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中