A.T. カーニー論考「DXの成否を分けるものは何か ~ グローバルの通信事業者80社の分析より」 を公開

目次

経営コンサルティング会社A.T. カーニー(東京都港区、日本代表:関灘 茂)は、本日、コロナ後の社会を見据えた論考 「DXの成否を分けるものは何か – グローバルの通信事業者80社の分析より」 を、同社ウェブサイト (Kearney.co.jp) で公開しました。
【URL】 https://bit.ly/3BG9yqW


“足元で、通信事業者の財務パフォーマンスを取り巻く環境は大きく変化している。コロナ禍でリモート需要が急増し、消費者が仕事や娯楽のために通信サービスを利用するようになった。一方で、多くの通信事業者はこの需要の増加を収益化するのに苦労している。さらに悪いことに、日本国内ではMNOの値下げプランの影響により、収益悪化に直面している(中略)
カーニーは、いくつかの新興市場の大手事業者と共同で、デジタル施策を実際の成果に結びつける最善の方法を明らかにすることを目的とした調査を実施した。今回のコロナ以降の社会で、デジタル化を進めて危機に対応しようとしている事業者にとって、我々の調査結果の重要性を明らかにしている”

…から始まる当論考は、当社グローバル・ウェブサイト(Kearney.com)で公開中の “Boosting performance with digitalization—a COVID-19 response”を、当社、通信・メディア&テクノロジー プラクティスのシニアパートナー 吉川尚宏、針ヶ谷武文、ならびにプリンシパル 滝健太郎の監修のもと日本語化したものです。
A.T. カーニーは、引き続きグローバルで公開された論考を日本語化し、ウェブサイトでご紹介してまいります。

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿SBI証券とSBIホールディングス㍿がシンプレクス・ホールディングス㍿と資本業務提携契約を締結し、シンプレクス・ホールディングスの普通株式のSBIホールディングスによる取得および合弁会社の設立

  • ㍿ストリートスマートがチエル㍿と教育DX分野で業務提携契約を締結

  • シソーラス㍿が長野DXセンターでの活動を通して培った経験をもとに、開発着手した地方企業の業務改革や新規事業創出を支援するための完全クラウド型デジタルプラットフォーム「goodsoil」をリリース

  • エン・ジャパン㍿が長崎県のソーシャルインパクト採用プロジェクトを実施し、県内で初の副業やリモート可のポジションを新設および「デジタルコーディネーター」を公募した結果、3名の採用が決定

  • 三菱ケミカルグループ㍿および三井化学㍿が、社会・産業の基盤である化学品物流の標準化・効率化に向けた共同検討を開始

  • Aerospike合同会社とLibrus㍿が、Aerospike® Real-time Data Platform分野でパートナー契約を締結

News

  • ㍿SBI証券とSBIホールディングス㍿がシンプレクス・ホールディングス㍿と資本業務提携契約を締結し、シンプレクス・ホールディングスの普通株式のSBIホールディングスによる取得および合弁会社の設立

  • ㍿ストリートスマートがチエル㍿と教育DX分野で業務提携契約を締結

  • シソーラス㍿が長野DXセンターでの活動を通して培った経験をもとに、開発着手した地方企業の業務改革や新規事業創出を支援するための完全クラウド型デジタルプラットフォーム「goodsoil」をリリース

  • エン・ジャパン㍿が長崎県のソーシャルインパクト採用プロジェクトを実施し、県内で初の副業やリモート可のポジションを新設および「デジタルコーディネーター」を公募した結果、3名の採用が決定

  • 三菱ケミカルグループ㍿および三井化学㍿が、社会・産業の基盤である化学品物流の標準化・効率化に向けた共同検討を開始

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中