Office 365 で ID を管理する「Azure Active Directory」が脱ハンコ・印鑑による電子署名・電子契約サービス「WAN-Sign」のシングルサインオンに対応

日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 仁志)の提供する「Azure Active Directory (Azure AD)」が、日本通運株式会社(代表取締役社長:齋藤 充)の子会社で情報資産管理のリーディングカンパニーである株式会社ワンビシアーカイブズ(代表取締役社長:佐久間 文彦 以下、ワンビシアーカイブズ)が提供する電子契約サービス「WAN-Sign」(URL:https://www.wanbishi.co.jp/econtract/)のシングルサインオンに対応したことを発表します。

「AzureAD」と「WAN-Sign」が連携することにより、シングルサインオンでログインが可能となるほか、ID・パスワードを個別に管理する手間や紛失リスクを防ぐことが出来るため、安全性も高めることができます。また、リモートでも安全に契約手続きを滞らせることなく進められるため、テレワークの推進にも繋がります。

電子契約・契約管理サービス「WAN-Sign」は、今後もより利便性が高く、安心・安全な電子契約・契約管理サービスの提供を目指してまいります。

AzureAD」について

https://www.microsoft.com/ja-jp/security/business/identity-access-management

Azure Active Directoryは組織を安全に守るシームレスなアイデンティティ ソリューションです。ID とアクセスの管理に必要なものすべてにセキュリティが統合されたこのソリューションは、毎月 4 億 2,500 万人の人々をそれぞれのアプリ、デバイス、データにつないでいます。

日本マイクロソフト株式会社とは

日本マイクロソフト株式会社は、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。マイクロソフトは、インテリジェントクラウド、インテリジェントエッジ時代のデジタルトランスフォーメーションを可能にします。「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。日本マイクロソフトは、この企業ミッションに基づき、“Transform Japan, Transform Ourselves” を掲げています。お客様に寄り添いながら、日本の社会変革に向けたデジタルトランスフォーメーションを推進し、日本経済の再生や日本社会の活性化に貢献します。また、我々自身も変革し続けながら、その経験と学びをお客様に共有し、真の価値を提供します。

会社名:日本マイクロソフト株式会社
所在地:東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー
代表者:代表取締役 社長 吉田 仁志
URL: https://www.microsoft.com/ja-jp/

「WAN-Sign」について

https://www.wanbishi.co.jp/econtract/

ワンビシアーカイブズが提供する電子契約サービス「WAN-Sign」は、電子契約で締結した契約書の一元管理に加え、書面で交わした契約書の原本管理・保管から電子化作業までを一つのサービス内で提供できる、他にはない独自サービスの電子契約・契約管理ソリューションです。電子契約機能は、GMOグローバルサイン・HDが提供する電子契約サービス「電子印鑑GMOサイン(旧・GMO電子印鑑Agree)」と、GMOグローバルサインが運営する電子認証局「GlobalSign」を基盤としています。昨今の電子化の流れを受けて、金融機関を中心に大手企業から医療機関・製薬業や物流業・流通業・不動産業・建設業・製造業・人材派遣業など業種や規模を問わず導入が進んでいます。ワンビシアーカイブズでは単純に電子契約サービスを提供するだけでなく、ワンビシアーカイブズが長年培った情報資産管理や契約管理業務・電子化作業のノウハウに基づいて、お客様の契約管理全体をサポートいたします。

株式会社ワンビシアーカイブズとは

ワンビシアーカイブズは、1966年の設立以来、一貫して『企業の情報資産の安全確保と管理の効率化』を追求し、堅固なセキュリティ体制のもと、重要な情報資産(機密文書、医薬品開発関連資料、永年保存の歴史資料、テープ等の記録メディア、デジタルデータ、細胞・検体試料など)の発生段階から活用、保管、抹消までのライフサイクル全てをカバーした総合的サービスを提供しています。現在では東京・大阪・名古屋・九州に営業拠点を置き、官公庁や金融機関・医療機関・製薬業をはじめとした4,000社以上のお客様にご利用いただいており、2017年には書類とデジタルの両方をカバーする新しい書類保管サービス「書庫探」をリリースし、お客様の働き方の変革をサポートできるサービスを提供しています。

参考URL

電子契約サービス「WAN-Sign」システム連携ページ

https://www.wanbishi.co.jp/econtract/system/index.html

「WAN-Sign」に関するお問い合わせ先

●株式会社ワンビシアーカイブズ
 営業開発部(電子契約サービス「WAN-Sign」担当)
 TEL:03-5425-5300
 E-mail:marketing@wanbishi.co.jp
   Web:https://wanbishi.web-tools.biz/econtract_contact

株式会社ワンビシアーカイブズ

https://www.wanbishi.co.jp

会社名  株式会社ワンビシアーカイブズ
所在地  東京都港区虎ノ門4丁目1番28号 虎ノ門タワーズオフィス
代表者  代表取締役社長 佐久間 文彦
事業内容 ■情報資産管理事業
     ■保険代理店事業
資本金  40億円(日本通運株式会社100%子会社)
法人番号 4010401065760

※記載されている会社名、製品名は、各社の商標、もしくは登録商標です。
Microsoft、Azure、は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。Microsoft 365は、Microsoft Corporationが提供するサービスの名称です。
Copyright (C) 2020 Wanbishi Archives Co.,Ltd.

引用元:PRTIMES

関連記事

  • 業務改革をもたらすデジタルツール発掘イベント「Less is More.」第8回を開催!

  • 静岡銀行の営業活動DXに向け、Salesforceを活用したコンタクト・センター拡充と営業支援システム刷新を支援

  • LINEでスタンプラリーの実現を目指す クラブネッツ、モバイルプロモーションのPKBソリューションと業務提携

  • Buddycomが次世代予測型見守りシステム「Neos+Care」と連携、業務負担軽減に貢献し介護現場のDX化を実現

  • 補助金・助成金DXのStaywayが補助金と地域金融機関、VCから総額7500万円のハイブリッド型資金調達を実施

  • DXビジネス強化のため、IBMビジネス・パートナー契約を締結

News

  • 業務改革をもたらすデジタルツール発掘イベント「Less is More.」第8回を開催!

  • 静岡銀行の営業活動DXに向け、Salesforceを活用したコンタクト・センター拡充と営業支援システム刷新を支援

  • LINEでスタンプラリーの実現を目指す クラブネッツ、モバイルプロモーションのPKBソリューションと業務提携

  • Buddycomが次世代予測型見守りシステム「Neos+Care」と連携、業務負担軽減に貢献し介護現場のDX化を実現

  • 補助金・助成金DXのStaywayが補助金と地域金融機関、VCから総額7500万円のハイブリッド型資金調達を実施

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中