㍿三菱総合研究所が、神戸市・㍿アイネスと共に地域課題解決型デジタル地域通貨サービス「Region Ring®」を活用した自治体福祉給付券のデジタル化である「スマート給付」の実証事業を開始

株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:籔田健二、以下 MRI)は、2022年10月1日より、神戸市・株式会社アイネス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉村晃一、以下 アイネス)と共に、地域課題解決型デジタル地域通貨サービス「Region Ring®」を活用した自治体福祉給付券のデジタル化である「スマート給付」の実証事業を開始しました。

背景・経緯

人口減少・高齢化、新型コロナウィルス対応等の中、自治体事業には一層の業務効率化・利便性向上が求められています。神戸市では、「行財政改革方針2025」(2020年9月)で示した「スマート自治体」(※1)の実現に向けて、業務改革・DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し、行政手続きスマート化率(※2)70%やペーパーレスの徹底等を掲げています。

MRIは、地域課題解決型デジタル地域通貨サービス(※3)を提供し、地域商品券やポイントなど自治体の市民向けサービスのDXに取り組んできました。アイネスは、神戸市の福祉分野における基幹システムとしてWebRings®(※4)の導入(2023年春)に向けた検討を進めています。

神戸市・アイネス・MRIは、三者の取組み・強みを組み合わせ、市民、事業者、自治体の三方一両得を目指したDXのモデルケースの一つとして、紙おむつ支給事業を対象に、紙の給付券のデジタル化である「スマート給付」の実現に向けた実証事業を実施します。

事業の概要

スマート給付の特徴

「スマート給付」は、紙の福祉給付券をデジタル化することにより決済の利便性向上や精算業務の効率化に資する先駆的なDX事業です。スマートフォンアプリに電子給付券を発行し、二次元バーコードを活用して決済します。事業者の商品ごとに二次元バーコードを発行し、1円単位での利用が可能です(現金併用も可能)。

実証概要

  • 内容:給付アプリ提供、電子給付券の発行と運用を通じた、利用者にとっての利便性や、事業者、神戸市の業務効率化に関する課題の検証等
  • 実証時期:2022年10月~2023年3月(第3四半期、第4四半期)
  • 実証対象事業:紙おむつ支給事業(神戸市福祉局介護保険課所管)(※5)
  • 利用対象者:24名(※6)
  • 協力事業者(店舗):16事業者19店舗(※7)
出所:三菱総合研究所

期待される効果

紙おむつ支給事業では、これまで紙おむつ券を紙券で配布・精算していましたが、1枚1000円単位でおつりが出ない、精算の実績報告書作成に手間がかかる等の課題がありました。今回の実証事業では、紙券をデジタル化することにより1円単位での利用が可能となります。また、取引データを即時確認して精算に活用することで、利用者にとっての利便性向上や事業者、神戸市の業務効率化が見込まれます。

今後の予定

実証事業を通じて、MRIでは、自治体における業務デジタル化に伴う課題を洗い出し、今後に向けた改善およびアイネスのWebRings®との連携を検討します。また、紙おむつ支給事業における今後の展開や、自治体における他の事業等のDXに向けた検討により、「Region Ring®」を活用した地域課題解決に向けた効率的・効果的なDXを推進し、地域における多様な資金循環の実現を目指します。

(※1)スマート自治体については、以下の神戸市WEBサイト参照
神戸市:神戸市行財政改革の取り組み
https://www.city.kobe.lg.jp/a44881/shise/gyozaisekaikaku/management/gyouzaisei/index.html
(※2)スマート化率=実際にスマート化した手続きの総処理件数/スマート化できる手続きの総処理件数
なお、ここでいうスマート化とは、「電子申請のほか、Web サイトを通じた郵送申請の支援や、申請内容の事前登録など窓口滞在時間を短くする新時代の窓口申請の仕組みを構築すること」を指す。以下の神戸市WEBサイトを参照。
行財政改革方針 2025
https://www.city.kobe.lg.jp/documents/12444/housin.pdf
(※3)地域課題解決型デジタル地域通貨サービス「Region Ring®」
https://www.mri.co.jp/service/platform-services-for-regional-digital-currency.html
(※4)2000年に発表された国内初のWeb型総合行政情報システム
WebRings®(ウェブリングス)
https://www.ines.co.jp/service/webrings.html
(※5)神戸市:紙おむつ支給事業
https://www.city.kobe.lg.jp/a46210/kurashi/registration/shinsei/koureisha/wh1306008.html
(※6)令和4年6月1日~7月31日、紙おむつ支給事業の利用者に対してアンケートを実施し、スマート給付への参加希望を確認し、希望者のうち事業者の参加意向等を踏まえて24名の対象者を選定
(※7)公募により選定している紙おむつ支給事業受託事業者18者に対して実証事業へ協力を依頼し、16者(19店舗)より参加協力を獲得

本件に関するお問い合わせ先

株式会社三菱総合研究所
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号

内容に関するお問い合わせ

地域イノベーション本部 地域DX事業部 浜岡、渡辺
メール:regionring@ml.mri.co.jp

報道機関からのお問い合わせ

広報部
電話:03-6705-6000  メール:media@mri.co.jp

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿エムケイシステムがクラウドストレージサービス「ShalomPost」のサービス提供を開始

  • ㍿トモヤが企業ユニフォームや学生服の申込・集計をサポートするユニフォームオーダー支援システム「TANQ」の本格的なサービス提供を開始

  • Aokumo㍿がAWSパートナー6社と共に「Cloud Native Builders Group」を設立

  • トクティー㍿がJTB旅連事業㍿と業務提携契約を締結

  • ㍿MatrixFlowがAI素材の流通基盤となるべく、MatrixFlowマーケットプレイスをリリース

  • ㍿いえらぶGROUPが㍿Tryellと連携し、Tryellが運営する「オンライン内見ポータル」との賃貸物件情報の連動を開始

News

  • ㍿トモヤが企業ユニフォームや学生服の申込・集計をサポートするユニフォームオーダー支援システム「TANQ」の本格的なサービス提供を開始

  • ㍿エムケイシステムがクラウドストレージサービス「ShalomPost」のサービス提供を開始

  • Aokumo㍿がAWSパートナー6社と共に「Cloud Native Builders Group」を設立

  • トクティー㍿がJTB旅連事業㍿と業務提携契約を締結

  • ㍿MatrixFlowがAI素材の流通基盤となるべく、MatrixFlowマーケットプレイスをリリース

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中