AIアノテーションの選び方ガイド「2022夏版」を配布

企業のDXを推進するAI ポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリー(東京都渋谷区、代表取締役:板羽晃司)は、国内最大のAIプロダクト紹介メディアの観点から、アノテーションを検討する上で欠かせないトピックをまとめた「AIアノテーションの選び方ガイド2022夏版」を無料で配布します。

AIアノテーションの選び方ガイド「2022夏版」

自社でAI開発を行っている、又は検討しているという企業様にとって「教師データ作成」「アノテーション」の手法選定は一つの大きな悩みどころかと思います。今回は国内最大のAIメディアの観点から、アノテーション検討するうえで欠かせないトピックをまとめたPDF資料を無料で配布します。

AI開発はデータが重要

AI開発において、適切量かつ良質なデータを用意することは非常に重要です。データの準備は、外注で行うケースやツールを用いて内製するというケースが基本ですが、「どのような会社・ツールを選べばよいか分からない」「コストを抑えながらも、なるべく早くデータを準備したい」という方もいらっしゃるかと思います。今回はアノテーション検討が初めての方でも活用いただける汎用的な資料となっております、是非ご活用ください。

AIアノテーションの選び方ガイドの入手方法

お問い合わせフォーム

URL:https://aismiley.co.jp/ai_news/annotation-guide-2022/

お問い合わせ完了後にご登録されたEメールにAIsmileyの担当から「AIアノテーションの選び方ガイド2022夏版」(PDF)をメールにて送付させていただきます。

 ※本資料はアノテーションサービスの利用を検討している企業に対して配布しております。同業他社やアノテーションベンダーへは提供しておりませんので、あしからずご了承ください。

AIポータルメディア「AIsmiley」の概要

AIsmileyは人工知能を搭載したサービスの資料が請求できるAIポータルメディアです。

Webサイト上で気になる技術や業種・業態の事例からAIプロダクトを選び、まとめて無料で資料請求できます。

 URL:https://aismiley.co.jp/

アノテーションのサービス比較と企業一覧はこちら
URL:https://aismiley.co.jp/category_page/annotation/

アイスマイリーの会社概要

株式会社アイスマイリー

所在地:〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-8-5岩崎ビル3F
設立年月日:2018年3月9日
代表者:代表取締役 板羽 晃司
資本金:1,499万円
URL:https://aismiley.co.jp/company/

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社アイスマイリー

担当:AIsmiley編集部 篠原
TEL:03-6452-4750
Email:pr@aismiley.co.jp

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿SBI証券とSBIホールディングス㍿がシンプレクス・ホールディングス㍿と資本業務提携契約を締結し、シンプレクス・ホールディングスの普通株式のSBIホールディングスによる取得および合弁会社の設立

  • ㍿ストリートスマートがチエル㍿と教育DX分野で業務提携契約を締結

  • シソーラス㍿が長野DXセンターでの活動を通して培った経験をもとに、開発着手した地方企業の業務改革や新規事業創出を支援するための完全クラウド型デジタルプラットフォーム「goodsoil」をリリース

  • エン・ジャパン㍿が長崎県のソーシャルインパクト採用プロジェクトを実施し、県内で初の副業やリモート可のポジションを新設および「デジタルコーディネーター」を公募した結果、3名の採用が決定

  • 三菱ケミカルグループ㍿および三井化学㍿が、社会・産業の基盤である化学品物流の標準化・効率化に向けた共同検討を開始

  • Aerospike合同会社とLibrus㍿が、Aerospike® Real-time Data Platform分野でパートナー契約を締結

News

  • ㍿SBI証券とSBIホールディングス㍿がシンプレクス・ホールディングス㍿と資本業務提携契約を締結し、シンプレクス・ホールディングスの普通株式のSBIホールディングスによる取得および合弁会社の設立

  • ㍿ストリートスマートがチエル㍿と教育DX分野で業務提携契約を締結

  • シソーラス㍿が長野DXセンターでの活動を通して培った経験をもとに、開発着手した地方企業の業務改革や新規事業創出を支援するための完全クラウド型デジタルプラットフォーム「goodsoil」をリリース

  • エン・ジャパン㍿が長崎県のソーシャルインパクト採用プロジェクトを実施し、県内で初の副業やリモート可のポジションを新設および「デジタルコーディネーター」を公募した結果、3名の採用が決定

  • 三菱ケミカルグループ㍿および三井化学㍿が、社会・産業の基盤である化学品物流の標準化・効率化に向けた共同検討を開始

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中