世界2億人のユーザーを誇る台湾発のSaaSスタートアップ「Kdan Mobile」、シリーズBで約17億円の資金調達を実施し、日本市場へ本格参入へ

目次

世界でSaaSサービスを展開するKdan Mobile Software Ltd.(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:ケニー・スー、以下 Kdan Mobile)は、韓国、米国、台湾の投資家に加え、三菱UFJキャピタル株式会社と創新工業技術移転股份有限公司(ITIC)が共同で運営するGolden Asia Fund II,L.P.を引受先として、シリーズBにおいて約17億円(※1)(1,600万ドル)の資金調達を実施し、この度日本市場へ本格参入することを発表いたします。

Kdan Mobile Software Ltd 代表取締役社長 ケニー・スー(Kenny Su)

■世界2億人のユーザーを誇る台湾発のSaaSスタートアップ「Kdan Mobile」


Kdan Mobile(ケダンモバイル)は、ビジネスとクリエイティブ制作の現場における生産性・創造性向上を目的とした、電子サインアプリ、ドキュメント管理アプリ、クリエイティブ制作アプリをはじめとするSaaSサービスを開発・提供する台湾発のスタートアップです。世界167カ国でサービスを展開しており、世界で2億ダウンロード、延べ1,000万人以上のユーザーを抱えています。

2018年4月には、約5.5億円(※1)(500万ドル)の資金調達を行っており、この度、日台共同ファンドのGolden Asia Fund II,L.P.をはじめ、韓国、米国、台湾の投資家より約17億円(※1)(1,600万ドル)の資金調達を実施するとともに、当社の事業戦略上大きな価値を持つアジア市場でも特に重要と位置づけている日本市場への本格参入に至りました。


■約17億円の資金調達により日本市場への投資を拡大。“モバイルワーク市場”の確立を推進

この度の資金調達を受け、中小企業のデジタルトランスフォーメーションを支援する電子サインソリューション「DottedSign」やドキュメント管理ソリューション「Document 365」、世界のクリエイターに利用されているクリエイティブ制作ソリューション「Creativity 365」のさらなる機能開発および販売強化を進めてまいります。また、大企業のシステム構築・管理を実現するAPIとSDKの提供も行っていくほか、日本法人の設立や日本市場拡大に向けた人員強化を目的として、さらなる投資を推進してまいります。

コロナ禍を受け、日本でも急速にリモートワークへの移行が進み、スマートフォンをはじめとするモバイルを中心としたワークスタイルが拡大してきています。一方で、モバイルを中心としたビジネス環境としては、コロナ禍以前と同様に、そしてこれまで以上に成果を出すためのインフラが整っていないのが現状です。今後、よりリモートワークなどの新しいビジネス環境が拡がりを見せていくなか、Kdan Mobileでは、モバイルを中心としたあらゆる企業活動及びビジネスパーソンやクリエイターの業務最大効率化支援を目的としたサービス開発への投資を一層強化し、日本において誰でも簡単にスマートフォンで仕事ができる世界、“モバイルワーク市場”の確立を推進してまいります。

※1:1ドル=109円換算。2021年9月17日時点。


■Kdan Mobile Software Ltd 代表取締役社長 ケニー・スー(Kenny Su)のコメント

「我々は、勤務地が会社とリモート環境に二分される、未来の“ハイブリッドワークフォース”のためのソリューションを構築することに注力しています。インスピレーションはどこでも起こるものであり、リモート化が促進される中であらゆる環境においてモバイルデバイスやPCを活用して仕事をすることが可能となりました。我々はリモート環境とオフィスの仕事をシームレスにすることが今後の世界で必要とされることであり、我々のソリューションはその課題を解決できるものと考えています。今回の資金調達は、今後のソリューションの機能拡大、戦略の検証、ソリューションの普及において重要なものとなります。」

■Golden Asia Fund II,L.P.のコメント

「我々、Golden Asia Fund II,L.P.は、幅広い産業分野のさまざまな成長ステージにあるベンチャー企業に対して支援を行うことで、日台の架け橋となることを目指しています。コロナ禍により、世界中でも、日本でも半ば強制的に移行が進んだリモートワーク・テレワークは、今後アフターコロナと呼ばれる世の中にたどり着いたとしても、引き続き定着が進むでしょう。台湾からはじまり、世界を相手にさまざまなサービスを提供しているKdan Mobileは、これまで驚くべき速度の事業展開を進めることで世界中のユーザーを獲得してきました。この度本格的に参入する日本市場においても、モバイルを中心に加速しているあらゆるビジネスを加速度的にグロースさせるサービスを提供していくことを期待し、特にB to B市場のビジネスの拡大を支援し、出資の判断をさせていただきました。」

■Dattoz Partnersのコメント

「私たちは今後アフターコロナの時代において、リモートとオンサイトの両方で働くハイブリッド・ワークフォースを強化するソフトウェアやソリューションの市場が非常に大きくなると見ています。その中で、Kdanの高性能な製品とチーム力により、米国やアジア市場を含む世界的な市場において、Kdanは強い勢いで成長していくと見込んでいます。弊社のCEOであるYeon Su Kim(キム・ヨンス)は、Kdan初のGlobal Investment Officerとして取締役会に参加いたします。Kdanの業績は市場の未来のの方向性を示していると考えており、その一翼を担えることに大変嬉しく感じております。」


【資金調達の引受先について】

・Dattoz Partners(韓国)
テック企業を中心に投資を行う韓国のベンチャーキャピタル。
http://dattoz.co/

・WI Harper Group(米国)
1993年の設立以来中国やアジア地域への投資を行っているクロスボーダーベンチャーキャピタル。
https://wiharper.com/

・Taiwania Capital(台湾)
2017年に設立された台湾のクロスボーダーベンチャーキャピタル。
https://www.taiwaniacapital.com/

・Golden Asia Fund II,L.P.
日本のベンチャーキャピタルである三菱UFJキャピタル株式会社と台湾のベンチャーキャピタルである創新工業技術移転股份有限公司(ITIC)が共同で運営するファンド。
https://www.mucap.co.jp/english/feature/fund/nittai/
https://itic.com.tw/about/


【Kdan Mobile サービス概要】

・電子サインソリューション「DottedSign」

DottedSign(ドットサイン)はモバイルUI/UXに特化した電子サインアプリ/ワークフロー管理ツールです。モバイルでもPCでも電子契約を締結することが可能となり、例えば出張先からスマホで契約業務を行うことができます。
https://www.dottedsign.com/ja/

・ドキュメント管理ソリューション「Document 365」

Document 365(ドキュメントサンロクゴ)は、PDFの閲覧から作成、編集、共有までを、スマホやタブレット、パソコンで行うことができる、個人及び企業向けの信頼性の高い包括的なドキュメントソリューションです。
https://creativestore.kdanmobile.com/ja/subscription/document365

・クリエイティブ制作ソリューション「Creativity 365」

Creativity 365(クリエイティビティサンロクゴ)は、世界中で600を超える大学、延べ400万人に利用されている動画編集アプリ「Write-on Video」をはじめ、アニメーション制作アプリ「Animation Desk」、ノート制作アプリの「NoteLedge」を含む、統合的なクリエイティブ制作アプリです。
https://creativestore.kdanmobile.com/ja/subscription/creativity365


【Kdan Mobile(ケダンモバイル)について】
Kdan Mobile Software Ltd.は、世界2億人のユーザーを抱える電子サインアプリ、ドキュメント管理アプリ、クリエイティブ制作アプリを提供する台湾発のSaaS企業です。「モバイルワーク市場の確立」を掲げ、ビジネスがリモートワークに移行するなか、モバイルを中心に企業活動及びビジネスパーソンの業務最大効率化を支援いたします。
会社名:Kdan Mobile Software Ltd
所在地:東京都千代田区平河町1-3-6 BIZMARKS麹町 2F
代表者:代表取締役社長 Kenny Su
設立 :2009年
URL :https://www.kdanmobile.com/ja/

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ヤプリ、アプリ開発にさらなる自由を与える新機能を多数発表〜モバイルDXを加速させる”デザイン・施策・連携”を強化〜

  • オロ、ビジネスモデルにあったデジタル広告を可能にする独自指標「PGI」を開発

  • 【資金調達】ITエンジニア向け見積もり作成のDXツールを展開する株式会社EngineerforceがSEEDラウンドにて総額3,500万円調達!

  • 製薬・医療機器メーカー向けのプロモーションSaaSを提供する株式会社フラジェリンが、大阪オフィスを「WeWork なんばスカイオ」に開設

  • エンジニア組織の活動量を自動解析し、生産性向上をサポート エンジニア組織支援SaaS「Findy Teams」正式版をリリース

  • 株式会社ピー・アール・オーが新規事業特化型コンサルティングを行うunlockとDX関連の開発を必要とする新規事業プロジェクトの支援加速に向け業務提携を開始

News

  • ヤプリ、アプリ開発にさらなる自由を与える新機能を多数発表〜モバイルDXを加速させる”デザイン・施策・連携”を強化〜

  • オロ、ビジネスモデルにあったデジタル広告を可能にする独自指標「PGI」を開発

  • 【資金調達】ITエンジニア向け見積もり作成のDXツールを展開する株式会社EngineerforceがSEEDラウンドにて総額3,500万円調達!

  • 製薬・医療機器メーカー向けのプロモーションSaaSを提供する株式会社フラジェリンが、大阪オフィスを「WeWork なんばスカイオ」に開設

  • エンジニア組織の活動量を自動解析し、生産性向上をサポート エンジニア組織支援SaaS「Findy Teams」正式版をリリース

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中