ナイル㍿が全国の男女4407名を対象に、インターネット利用時の検索行動に関するアンケート調査を実施

マーケティングDX事業、自動車産業DX事業を営むナイル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:高橋 飛翔、以下、ナイル)は、全国の男女4407名を対象に、インターネット利用時の検索行動に関するアンケート調査を実施しました。

調査結果の概要

GoogleとYahoo!を除いた、インターネット検索の利用頻度がもっとも高いものは男女差があり、それぞれ女性は「Instagram」、男性は「YouTube」が最多でした。検索行動では、約3割の人が「予測キーワードで検索」をしており、約2割が「記事を開かず、検索結果画面で解決」していると回答しました。また、直近で検索したキーワードを覚えている人のうち、約4割が「1回の検索で答えが見つかった」と回答しました。

https://www.seohacks.net/blog/15870/

調査背景

20代から60代の男女4407名に、普段インターネットを利用して検索をする際の、検索方法や行動に関するアンケート調査を行った結果を公開します。

調査概要

  • 調査期間:2022年8月5日~8日
  • 調査方法:自社調査(インターネット調査)
  • 調査対象:全国の20代~60代男女 4407人
  • 年齢:20~29歳 29.9%、30~39歳 39.8%、40~49歳 22.6%、50~59歳 5.0%、60歳以上 2.7%

GoogleとYahoo!を除き、インターネット検索で最も利用頻度の高いもの1位は、女性「Instagram」、男性「YouTube」で男女差

全国男女4407人のうち、インターネットを利用して調べものをする時もっとも利用頻度が高いものは、男女共に1位「Google(49.8%)」2位「Yahoo!(28.6%)」と回答しました。

一方で、男女別で見ると3位以降のランキングに差が生まれ、女性は「Instagram(5.7%)」、男性は「YouTube(3.6%)」であることがわかりました。

キーワード検索方法のうち「予測キーワードで検索する」人は約3割

検索エンジン(Google、Yahoo!など)を利用して調べものをする男女221名のうち、キーワードの検索方法として最も多かったのは「キーワードを複数入力する(65.6%)」、次いで「キーワードを1つ入力する(65.2%)」と回答しました。

次いで、「キーワードを入れたあとに出る、予測キーワードで検索する」と回答した人は、約3割でした。

約2割が「記事を開かず、検索結果画面で解決する」と回答

キーワード入力後、どこを見て答えを見つけるかの問いに対して、68.8%が「検索結果に出た、上位の記事を見る」と回答。次いで「1番上に出てきた情報を見る(51.6%)」、「画像(タブ)を見る(24%)」と回答しました。

一方で、約2割が「記事は開かず、検索結果画面で解決する」と回答しており、記事を見ずに検索を完結させていることがわかりました。

検索エンジンを利用する目的、1位「知らない言葉、人物」2位「ニュース」3位「趣味に関すること」

普段インターネットを利用した調べ物をするときに、SNSではなく検索エンジンを使う目的を聞きました。最も多くの人が「知らない言葉、人物(77.4%)」を検索すると回答。2位「ニュース(50.2%)」、3位「趣味に関すること(48.4%)」でした。

続いて、「直近で検索エンジンを利用して調べたキーワードを覚えている」と回答した92名に、実際に調べた検索キーワードを聞きました。

  • プロテイン ホエイ ソイ
  • サザビー かいたいしょうき
  • きくらげ 戻し方
  • 円高 影響
  • 日焼け止め おすすめ
  • 夏休みキャンプ場の天気
  • 眼科 近所
  • バーベキュー
  • 照り焼き みりんなし
  • 東京 名古屋 新幹線 宿泊
  • 羽生結弦 引退
  • そうめん美味しい奴
  • エクセル 四角
  • 下痢 止まらない
  • コロナ陽性 いつから

※一部抜粋

約4割が「1回の検索で答えが見つかった」と回答

上記で回答いただいた92名に、直近で調べたキーワードに対する検索回数を聞いたところ、41.3%が「1回の検索で答えが見つかった」と回答しました。

次いで、31.5%が「2~3回の検索をした」と回答しており、約7割以上が3回以内で検索行動を完結していることがわかりました。

まとめ

ユーザーの検索行動に関するアンケート調査を行った結果、ユーザーが答えを探す時に見られている多くのポイントがわかりました。多くのユーザーは、「検索結果に表示された上位の記事」または「1番上に出てきた情報」を見ていると回答しました。一方で、約2割が「検索結果画面で解決する」「他の人はこちらも質問」を見ると回答しており、記事を見ずに検索を完結する人がいることがわかりました。他にも、「画像」「ニュース」「動画」「ショッピング」といったタブの中でも、特に「画像」タブが見られており、画像検索対策の必要性が高いことがわかりました。

ナイルのマーケティング相談室では、SEOやGoogleに関するアンケート調査を今後も行ってまいります。

本データの利用について

  1. データは自由にご利用いただけます。情報の出典元として、「ナイルのマーケティング相談室調べ」と明記してください。
  2. 出典元として、以下のURLへのリンクを設置してください。
    https://www.seohacks.net/blog/15870/
  3. 調査結果データについて、加工・改変は許可いたしません。
  4. 当社がふさわしくないと判断した場合には、転載許可を取り消し、掲載の中止を求めることができます。

ナイルのデジタルマーケティング事業について

  • SEO/Webコンサルティング
  • 記事制作/コンテンツマーケティング支援
  • サイト改善/GA4導入支援
  • パートナープログラム
    └Web制作会社・広告代理店とのアライアンス強化中 https://www.seohacks.net/partner-program/
  • DX支援の無料ビジネスマッチングサービス
    └「デジマDXドクター」8月9日よりサービス提供開始 https://www.seohacks.net/dgmdxdr/

約15年間で培ったSEOの知見を軸にした、順位改善と売上貢献までをセットで考える「SEOコンサルティング」

高品質で独自性のある「コンテンツ制作」、「サイト改善・分析」に強みを持った事業支援サービスを展開。

現在コンサルティング実績は大手企業を含め2,000社を超え「Googleアナリティクス4(GA4)導入」「SEO内製化」など、多角的なサポートを実施している。

運営メディア

ナイル株式会社について

2007年創業。「幸せを、後世に。」をミッションに掲げ、デジタルノウハウを強みに、マーケティングDX事業と自動車産業DX事業を展開する。

住所: 東京都品川区東五反田1丁目24-2 東五反田1丁目ビル7F
設立: 2007年1月15日
代表者: 代表取締役社長 高橋 飛翔
事業内容: マーケティングDX事業、自動車産業DX事業
URL: https://nyle.co.jp/

本件に関するお問い合わせ

デジタルマーケティング事業 広報:松中
Tel. 050-5363-0698(広報)/ 03-6409-6760(デジタルマーケティング事業部)
Mail. shuri_matsunaka@nyle.co.jp

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿Borderlessが、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」において、募集による投資申込みの受付を開始することを発表

  • ㍿情報基盤開発が、従業員の心身の健康管理に関するサービスを提供する㍿メンタルヘルステクノロジーズと業務提携契約を締結

  • NTT印刷㍿が、新たに「まるごと電子化日報業務効率化パッケージ」をサービスラインアップに追加し、提供を開始

  • ㍿カヤックが、㍿リビングハウスの一部株式を取得し、資本業務提携を締結

  • サグリ㍿が、これまで目視で行われていた農地パトロール調査を、衛星データとドローンを活用することで、農業委員会が効率的な調査を行うことを実現

  • ㍿キャリアボットが、就活生を支援してきたことで培ったノウハウを活かし、より多くの就活生を支援すべく会員制オンライン就活支援サービス「CAREERBOT PRIME」を無料で開始

News

  • ㍿Borderlessが、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」において、募集による投資申込みの受付を開始することを発表

  • ㍿情報基盤開発が、従業員の心身の健康管理に関するサービスを提供する㍿メンタルヘルステクノロジーズと業務提携契約を締結

  • NTT印刷㍿が、新たに「まるごと電子化日報業務効率化パッケージ」をサービスラインアップに追加し、提供を開始

  • ㍿カヤックが、㍿リビングハウスの一部株式を取得し、資本業務提携を締結

  • サグリ㍿が、これまで目視で行われていた農地パトロール調査を、衛星データとドローンを活用することで、農業委員会が効率的な調査を行うことを実現

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中