NOT A HOTELが購入者向けデジタルアセット担保ローンの提供を開始

大和証券グループ本社及びクレディセゾンの合弁会社であるFintertech株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:武田誠、以下「Fintertech」)は、NOT A HOTEL株式会社(東京都渋谷区、代表取締役CEO:濵渦伸次、以下「NOT A HOTEL」)と提携し、暗号資産を担保にしたNOT A HOTEL購入者専用のローンサービス(以下「本ローン」)の提供を開始しました。*1

本ローンは、暗号資産を担保とする新しいローンサービスであり、お持ちのビットコイン、イーサリアムを売却することなく日本円の資金調達(現金調達)をすることが可能です。暗号資産を売却しないため、含み益の利益確定を伴わずに保有する暗号資産を有効活用できます。更に、返済期日までは月々の元本返済、利息支払いのいずれも不要です。

NOT A HOTELは昨年9月より物件の販売を開始していますが、Fintertechとの提携により従来では融資が難しかった不動産の共同購入に対してもローンの提供を実現しました。Fintertechとの提携を通じて、世の中のデジタル資産の有効活用を促進し、「すべての人にNOT A HOTELを」のミッションのもと、より多くの人にNOT A HOTELをご利用いただける世界をつくっていきます。
*1 提携ローンの提供はFintertechが行います。

  • 提携ローンについて

NOT A HOTELが毎月返済0円で保有可能
保有するデジタルアセット(ビットコイン、イーサリアム)を担保として、最大5億円までの日本円をお借入いただけます。毎月の返済額は0円で、1年の融資期間満了時に利息のみの支払いで契約期間の延長が可能です。

世界最低水準の貸付金利で提供*2
本ローンは、デジタルアセット担保のローンとして世界最低水準の貸付金利を設定しています。
*2 2022年6月末時点Fintertech社調べ 対象:暗号資産担保ローン15社実質年率(担保掛目30~80%)。必要借入金額の設定などの諸条件があります。詳細は本ローンのお問い合わせからご確認ください。

最短3日で融資可能
基本契約の締結から3営業日後にお借入金の受け取りが可能です。来店は不要でWebでの手続きが可能。また、お借入にあたって必要な手数料などはありません。

  • ローンのお申し込み・お問い合わせ

デジタルアセット担保ローン・サービスサイトのお申込み・お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
https://dabl.fintertech.jp/

  • NOT A HOTEL購入者向けデジタルアセット担保ローンの概要

・資金使途:NOT A HOTEL購入費用
・貸付利率:1年目 0.0%~3.0%(実質年率)、2年目以降は3.2%~6.0%(実質年率)
・貸付限度額:最大5億円まで
・担保対象:BTC(担保掛目40%)、ETH(担保掛目40%)、保証人不要
・契約期間:1年(延長あり)、期中全額返済可能
・返済方式:元利一括返済方式(返済回数1回) ※延長時は利息のみ返済
・遅延損害金:年率15.0%
・オプション:返済期日に担保暗号資産による弁済が可能
 *資金の融資に際しては所定のお手続き・審査が必要となります。


 Fintertechについて
Fintertechは、大和証券グループ及びクレディセゾンがそれぞれ創業来培ってきた金融ビジネスのノウハウを礎としながら、最先端のテクノロジーの活用や外部企業との連携により次世代金融サービスを機動的にかつ柔軟に創出することを目指しています。暗号資産を担保とする「デジタルアセット担保ローン事業」、クラウド型応援金サービスの「KASSAI事業」、「未来をわかちあう投資」を提供する貸付型クラウドファンディングサービス「Funvest(ファンベスト)」を展開しています。


 会社概要
会社名:Fintertech株式会社
本社所在地:東京都千代田区一番町5番地アトラスビル6階
代表取締役社長:武田 誠
資本金:24.1億円(資本準備金含む)
株主構成:株式会社大和証券グループ本社80%、株式会社クレディセゾン20%
貸金業者登録番号:東京都知事(1) 第31772号
日本貸金業協会会員 第006112号
会社HP:https://fintertech.jp/
電話番号:03-4566-3136
 

【指定紛争解決機関】
日本貸金業協会貸金業相談・紛争解決センター
相談・苦情受付窓口 : TEL. 0570-051-051
受付時間 平日9:00~17:00 土・日・祝日・年末年始を除く


◼️  NOT A HOTELについて
NOT A HOTELは「世界をもっと楽しく」をビジョンに、アプリ上で自宅とホテルの切り替えが可能なあたらしい住まいの形を実現するため、2020年4月に設立されました。2021年5月にはNOT A HOTELを中心としたホテルの運営・マネジメントを担う「NOT A HOTEL MANAGEMENT株式会社」を設立し、ソフトウェアとホテル運営を合わせたサービスの開発を推進しています。

◼️ 事業状況
2020年に設立したNOT A HOTELは、同年7月にシードラウンドで10億円を調達。プレシリーズAラウンドでは総額8.5億円の資金調達を追加で実施し、2021年9月よりフラッグシップ物件の那須、宮崎の物件の販売を開始。新しい拠点の開発を進めながら、暮らし全体のDX化を推進しています。

■ 会社概要
会社名:NOT A HOTEL株式会社
代表者:濵渦 伸次
設立:2020年4月1日
事業内容:NOT A HOTELの企画・販売・運営
URL:https://www.notahotel.com/

引用元:PRTIMES

関連記事

  • TAMAGO Groupがクリエイター及びそのファンによる共同研究開発を支援する「TAMAGO」を発足し、NFTインキュベーションプラットフォーム「DIGIEGGS」のホームページを公開

  • ㍿文化資本創研のデジタル・オープンイノベーション・キャンパス準備委員会が、デジタル・オープンイノベーション・キャンパスを設け、産学連携での「DAO」の実証実験の実現に向けて着手

  • ㍿J-CAMが提供する「BitLending」が、正規版サービスをリリース

  • ㍿Space Viewが、新たな事業の柱としてメタバース事業に参入する事を発表

  • ㍿プレイネクストラボがが、「LINE SMART CITY GovTechプログラム」に「Lアラート」を連携できるオプションサービスをリリース

  • ㍿GValue東北が、弘前市内で取り組まれる地域DXの具現化を図る事業へのシステム提供及び、委員会へ参画を発表

News

  • TAMAGO Groupがクリエイター及びそのファンによる共同研究開発を支援する「TAMAGO」を発足し、NFTインキュベーションプラットフォーム「DIGIEGGS」のホームページを公開

  • ㍿文化資本創研のデジタル・オープンイノベーション・キャンパス準備委員会が、デジタル・オープンイノベーション・キャンパスを設け、産学連携での「DAO」の実証実験の実現に向けて着手

  • ㍿J-CAMが提供する「BitLending」が、正規版サービスをリリース

  • ㍿Space Viewが、新たな事業の柱としてメタバース事業に参入する事を発表

  • ㍿プレイネクストラボがが、「LINE SMART CITY GovTechプログラム」に「Lアラート」を連携できるオプションサービスをリリース

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中