デジタル認知行動療法アプリ「Awarefy」を提供する株式会社Hakali が、メンタルヘルスケア領域の DX 加速に向け AWS Startup Ramp に参加

デジタル認知行動療法アプリ「Awarefy(アウェアファイ)」を提供する株式会社Hakali(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長 小川 晋一郎、以下 Hakali)は、アマゾン ウェブ サービス(AWS)による公共領域の課題解決に取り組むスタートアップを支援するためのプログラム「AWS Startup Ramp」に参加いたします。同プログラムを通じて、ミッションクリティカルな領域におけるシステム品質や生産性の更なる向上、プログラム採択企業とのコラボレーションなどを進め、より一層の速度で事業を推進して参ります。

Hakali の参加背景

Hakali は、「誰もがウェルネスを感じられる社会をつくる」をビジョンに、「心の健康を支えるデジタル・メンタル・プラットフォームを実現する」をミッションに掲げる、メンタルヘルステック・スタートアップです。

デジタル・メンタル・プラットフォーム構想の第一弾として、2020年5月に デジタル認知行動療法アプリ Awarefy をローンチしました。アプリの累計ダウンロード数は10万を超え、2021年7月にはシードラウンドとして1億円の資金調達を実施、事業は成長を続けています。

Hakali が目指す「誰もがウェルネスを感じられる社会」の実現には、ヘルスケア領域、とりわけメンタルヘルスケア領域におけるデジタル・トランスフォーメーション(DX)の加速が必要不可欠であると考えます。

そのためには、価値あるプロダクトやサービスを市場に供給することにあわせ、ユーザーの健康やプライバシーを守るための法整備、コーポレート・ガバナンスやコンプライアンスの強化を進めていくことが求められます。

Hakali は、AWS Startup Ramp をつうじて、AWS を活用することによるプロダクトやサービスの機能性および品質の向上をはかることに加え、行政、医療、スタートアップを含めたさまざまな関係者のかたがたとコラボレーションを進めていきたいと考えています。

AWS Startup Ramp とは

AWS Startup Rampは、アマゾン ウェブ サービス(AWS)を活用した革新的なソリューションで公共分野の課題解決に取り組むスタートアップを支援するプログラムです。

行政、スマートシティ、シビックテック、ヘルスケア、サステナビリティ、宇宙などの公共分野への参入・事業成長に必要な技術支援・トレーニング、コミュニティ、コネクション・Go-To-Market 支援、AWS無料利用クレジットの提供を通じて、スタートアップの事業成長を支援し、公共分野のイノベーションを加速させることを目的としています。詳細は AWS Startup Ramp(https://aws.amazon.com/jp/government-education/startups/public-sector-startup-ramp/) をご覧ください。

株式会社Hakaliについて

Hakali は、「心の健康を支えるデジタル・メンタル・プラットフォームを実現する」をミッションに、Awarefy の企画・開発・運営を行っています。

今後、Awarefy を通じてユーザーに価値を提供するべく、アプリの機能拡充にとどまらず、さまざまな事業展開を行ってまいります。

*運営するWebメディア「ニューロマインド」では、臨床心理士や医学博士といった専門家による、学術的なインタビュー記事も多数掲載しています。(テーマ例:社交不安症、不眠、PTSD、HSP、ASD、依存症など)

脳と心のメンタルウェルネス・マガジン「ニューロマインド」:https://neuromind.jp/

Awarefy とは

Awarefy(アウェアファイ)は、スマートフォンで手軽に心のセルフケアを行うためのデジタル認知行動療法アプリです。

Awarefy の各種機能は、カウンセリングを始めとする専門家による心理的支援の現場で活用されている認知行動療法(CBT)やアクセプタンス & コミットメント・セラピー(ACT)の手法をベースに開発されています。

Awarefy の具体的な機能の例

  • 日々の感情やコンディションを記録し、自分の感情や状態を見える化
  • 自分にあったストレス対処法やセルフケアを見つけられる
  • 毎週届く週間レポートを元に、自分でも知らなかった思考や感情の傾向に気づく
  • マインドフルネスインストラクターや公認心理師が執筆・監修したオーディオガイド
  • 「人生で大切にしたいこと」の発見と、それに沿った日々の行動をサポート
  • 「自分自身と良好な関係を築けているか」を測るセルフ・リレーションシップ測定機能

ストアURL

Awarefy Webサイト

本件に対するお問い合わせ先

株式会社Hakali 田中
Email:support@awarefy.app
URL:https://awarefy.app/
企業URL :https://hakali.co.jp/

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿SBI証券とSBIホールディングス㍿がシンプレクス・ホールディングス㍿と資本業務提携契約を締結し、シンプレクス・ホールディングスの普通株式のSBIホールディングスによる取得および合弁会社の設立

  • ㍿ストリートスマートがチエル㍿と教育DX分野で業務提携契約を締結

  • シソーラス㍿が長野DXセンターでの活動を通して培った経験をもとに、開発着手した地方企業の業務改革や新規事業創出を支援するための完全クラウド型デジタルプラットフォーム「goodsoil」をリリース

  • エン・ジャパン㍿が長崎県のソーシャルインパクト採用プロジェクトを実施し、県内で初の副業やリモート可のポジションを新設および「デジタルコーディネーター」を公募した結果、3名の採用が決定

  • 三菱ケミカルグループ㍿および三井化学㍿が、社会・産業の基盤である化学品物流の標準化・効率化に向けた共同検討を開始

  • Aerospike合同会社とLibrus㍿が、Aerospike® Real-time Data Platform分野でパートナー契約を締結

News

  • ㍿SBI証券とSBIホールディングス㍿がシンプレクス・ホールディングス㍿と資本業務提携契約を締結し、シンプレクス・ホールディングスの普通株式のSBIホールディングスによる取得および合弁会社の設立

  • ㍿ストリートスマートがチエル㍿と教育DX分野で業務提携契約を締結

  • シソーラス㍿が長野DXセンターでの活動を通して培った経験をもとに、開発着手した地方企業の業務改革や新規事業創出を支援するための完全クラウド型デジタルプラットフォーム「goodsoil」をリリース

  • エン・ジャパン㍿が長崎県のソーシャルインパクト採用プロジェクトを実施し、県内で初の副業やリモート可のポジションを新設および「デジタルコーディネーター」を公募した結果、3名の採用が決定

  • 三菱ケミカルグループ㍿および三井化学㍿が、社会・産業の基盤である化学品物流の標準化・効率化に向けた共同検討を開始

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中